自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国生活最後の遠征かもしれない大邱の旅行記
2015年 03月 11日 (水) 20:05 | 編集
3月8日(日)、ソウル駅9時出発のKTXに乗った、韓国で一人暮らしをするオヤジ3名。

降りたのは、この駅です。

150308taegu (1)

東大邱駅。大邱にはこの2年間で来ていなかったかもしれない。以前に行ったことがあるし、カルビチムも食べたことがあるので、もういいやと思っていたかもしれません。

久しぶりに降り立った東大邱駅は、工事をしており、なんか雰囲気が以前と違います。観光案内所で地図を入手し、タクシー乗り場に向かう3人組。

150308taegu (2)

コレイルが荷物を運んでくれるサービスをしているなんて、知りませんでした。

タクシーに乗り行き先を告げるも、運転手はわからず、その隣に警察署があることを話すと、すぐにわかりました。

その警察署、

150308taegu (3)

1925年当時の写真です。なかなかモダンな建物です。

そして、目的地は、

150308taegu (4)

大邱近代歴史館。建物は、1932年に設立された朝鮮殖産銀行大邱支店だったところです。この歴史館には、日本が朝鮮半島に進出し始めたころからの大邱の姿を見ることができます。

150308taegu (14)

秀逸なのは、当時の街並みを再現したビデオ。これを見るだけで、当時の大邱がだいたいわかります。



ここでは、大邱で近代の建築物を保存し、街の再生に取り組んでいる、金珠也先生が合流し、解説してくれます。金先生は京都大学に留学していたそうで、日本語はペラペラ。

まず、大邱は城壁都市でした。

150308taegu (5)

日本は、ショーケースの下にある昔の大邱を壊し、ショーケースの白線が新しく作った道路です。街を作り直したそうです。

それは、韓国人の目から見れば、

150308taegu (6)

「解体」ということになるでしょう。

1900年代初期の大邱の姿を現す写真が数点あります。

150308taegu (7)

これは、城壁の西門です。

150308taegu (8)

西門の外にあった西門市場。西門市場は1920年に今の場所に動きましたが、この写真はそれ以前の西門市場の姿です。当時で10万人集まってきたそうです。

150308taegu (9)

大邱市の全景です。西洋的な建物が結構あります。

150308taegu (10)

商店街のようです。

150308taegu (11)

1931年11月に建設された公会堂です。

150308taegu (13)

それから、大邱はりんごの産地なんですね。

150308apple (2)

段ボールの表紙なんかが残っています。

150308apple (4)
150308apple (3)

さらに、大邱はサムソンの源流なんだそうです。

150308apple (1)

イ・ビョンチョル(1910~1987)は、大邱の西門市場の近くに、1938年3月1日、株式会社三星商会を創立し、大邱の地りんごや、浦項の干し魚などを満州や中国へ輸出していたと書かれています。

歴史館の見学を終えて、昼食を食べに、外を歩きます。ビルとビルの間に、今にも崩れそうな韓屋が残っています。数年前まではもっとあったそうです。

150308taegu (15)

近代の歴史を感じる通りが整備されています。

150308taegu (16)

大邱では、徐(ソ)さん一族が、お金持ちの家系なんだそうです。

150308taegu (17)

この通りには、徐一族ゆかりの建物が多くあるということです。その道を歩きます。

150308taegu (18)

なるほど、ところどころに韓屋が残っています。

150308taegu (19)

中庭は見えません。

1500308apple.jpg

奥は行き止まりで、こんなオブジェがあります。

150308taegu (20)

かと思うと、その隣は病院です。

150308taegu (21)

この通りは、ジン コルモクと呼ばれています。元々は、長いという意味の「キン」。これが、大邱ではなまって「ジン」となります。

150308taegu (22)

さて、昼食場所に着きました。その名も、「ジン コルモク 食堂」、そのまんま。

150308taegu (23)

物価高により、値上がりしたのがわかります。

150308taegu (24)

そして、この奥を入っていきます。

150308taegu (25)

経験上、このようなロケーションで、美味しくないことはあり得ないので、期待が大です。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。