自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
群山で日本家屋を探す
2015年 03月 03日 (火) 08:44 | 編集
群山の続き。

地図には主な建物が乗っているのですが、ぶらぶら歩いていると、全てが日本家屋に見えてきます。

150222pic (1)

これだって、

150222pic (2)

これは地図に載っていました。

150222pic (3)

これは塀の中は見えませんが、庭があり、壁が木であり、日本家屋っぽいですね。

150222pic (4)

この建物は、昔の官吏(今でいう市長)の官舎だったそうです。二階の部屋には押し入れや床の間があるそうです。

150222pic (5)

これだって、日本家屋でしょう。

150222pic (6)

と思えば、こんな建物も。

150222pic (7)

これは、トトロ?

150222pic (8)

お寺にやってきました。

150222pic (9)

曹洞宗の東国寺です。

150222pic (10)

ここの大雄殿は、韓国に残された唯一の日本式の寺で、装飾のない軒や外壁にある多くの窓が日本式の寺の特徵を示しているそうです。

150222pic (11)

東国寺を後にして、近代博物館の方角に戻っていきます。

150222pic (13)

昔の建物が残っていますが、その、維持管理、保存が大変そうです。

150222pic (12)

日本時代の建物は、黙っていれば、取り壊されてしまうでしょうから、保存するという積極的な意思が必要です。

150222pic (14)

この国では、日本統治時代は全否定ですので、これだけ建物が残っているのは、珍しいと言えるでしょう。

150222pic (15)

上の写真の建物は、テレビにも出たようです。

150222pic (16)

名もない建物にも歴史があるというか、

150222pic (20)

日本時代の建物に見えてくるので、不思議です。

150222pic (19)

次は、群山港のまわりの建物です。

米を搬出し土地を買いとるため、1907年に開設し1914年に建立された長崎18銀行群山支店。

150222pic (17)

2009年に文化財庁が日本第18銀行で名称を変更したのち、近代美術館としてオㅡプンしました。

150222pic (22)

次は、ミズカフェ。1930年代の貿易会社と商業施設として使用された近代建築物で、近年1階はカフェテリア、2階はブックカフェ に改造され、市民と訪問客の憩いの場として愛されています。

150222pic (18)

KBSの人気バラエティ番組「一泊二日」の撮影地のようです。

150222pic (21)

「一泊二日」は、人気芸能人が、地方に行ってロケを行いますので、ロケ地をめぐり、国内旅行に行く人たちが増えたそうです。

次は、旧朝鮮銀行の群山支店。日本統治時代の代表的な金融機関であり1922年竣工された旧朝鮮銀行を補修·復元して、近 代建築模型及び銀行の関連資料などの展示館として活用されている。

150222pic (23)

中に展示されていたのが、建築家の中村與資平について。

150222pic (24)

1907年に朝鮮に渡ってきた中村は、11月に第一銀行の臨時建築部工務長となり、朝鮮銀行本店(現韓国銀行本店)の工事監督を任されたと書いてあります。代表的な建築物は、現在の徳寿宮博物館と淑明女子専門学校だそうです。静岡県庁や静岡市役所も設計しているそうです。

ということで、今回はここまで。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
ラストスパート(^-^)/
aero-Kさん、ソウルでの生活、いよいよラストスパートですね。
達人さんの転勤から2年間、まさに”リアルタイム”ソウルの情報満載で、本当に楽しませてもらってきました。滞在最後の最後まで、今までの記事も読み返しながら、ブログにお邪魔させていただきますね。(もちろん帰国されてからも)
とは言え、締めのお仕事は多忙で大変だろうとお察しします(>_<)お体に気をつけてお過ごしください。
2015/ 03/ 03 (火) 10: 41: 02 | URL | たんぽぽ # -[ 編集 ]
Re: ラストスパート(^-^)/
たんぽぽさん、激励ありがとうございます。

今月も既に一週間が過ぎようとしていて、時間がたつのはあっという間ですね。

日本に帰ったら、このブログをどうすればよいのか、悩みますねぇ。

2015/ 03/ 06 (金) 15: 25: 04 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。