自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鞍山からソウル市内を臨む
2015年 02月 04日 (水) 14:55 | 編集
2月1日の日曜日、路地裏探偵団から離れた私は久々の山です。遅く起きた午前中はダラダラしちゃったので、午後から行けるところは限られます。天気が良かったので、是非郊外に行こうと思ったのですが、昼食を済ませたら既に15時。こんな時間から行けるところは近場ではここしかありません。

ということで、西大門駅で地下鉄を降り、北に向かいます。途中、在来市場があります。

150201an (2)

市場の中を抜けていきます。キムチを買っておけばよかった。

150201an (3)

独立門の横に見える小さな山が目的地です。

150201an (4)

コースの案内板がいろんなところにあるので、迷いません。

150201an (5)

刑務所記念館を通り過ぎて、

150201an (6)

はい、スタート。

150201an (7)

遊歩道が整備されているので、勾配を感じることもなく楽です。

150201an (8)

遊歩道から見える向う側が、ソウル城郭です。

150201an (9)

山の麓にアパート(マンション)がありと、ソウルの特徴を表しています。住居から近いので、裏庭感覚で山に行けます。しかも高さは低く、歩きやすい山が多い、それがソウルのトレッキングの特徴です。もちろん急こう配の山もあります。

ソウル城郭の麓の方には、信仰の対象になっている奇岩があります。

150201an (10)

後ろを振り返ると、ソウルタワーがくっきり見えます。

150201an (11)

分岐路の矢印は、済州オルレを意識したように見えます。

150201an (12)

ここからはちょっと坂道。
150201an (13)

といっても、頂上までは700mですから。展望台に人が見えます。

150201an (14)

ゴロゴロとした岩の道を歩くことも、整備された階段を歩くこともできます。そして、展望台へ。

150201an (15)

小さい山とはいえ、侮ることなかれ。ここからは、ソウル市内の眺望が開けています。

150201an (16)

こっちは、明洞の向こうに、東大門がある方角。

150201an (17)

景福宮も見えます。

150201an (19)

都心の再開発事業も見えます。

150201an (20)

漢江の向こうに見えるのは、汝矣島地区と63タワーです。

150201an(18).jpg

江南駅の周辺のビル群が見えます。

150201an (22)

ソウルタワーの左には、蚕室のロッテワールドタワーが見えます。南山の左に見える小さな丘陵は、春には桜やケナリが咲き、とてもきれいです。

150201an (21)

ソウルの東側、漢江の手前に、小さな山が連なっています。龍馬山から嵯峨山です。

150201an (23)

そして、ソウル城郭の北に見えるのは、言わずと知れた北漢山。帰国前に、一度は登りたいですね。

150201an.jpg

こんな風に、鞍山は、ソウル城郭の外側から、ソウル中心部の全景をほぼ見ることができます。加えて、気軽に登れるから、多くの人たちが訪れるのだと思います。頂上までのルートはいくつかあるので、あきることもありません。

帰りは山の北側の道を通ります。太陽が当たらないので、ところどころ凍っており、滑ります。

150201an (24)

17時近くだというのに、これから上り始める親子もいます。

150201an (25)

西大門区役所方面の麓には仏像、がありました。

150201an (26)

この岩も信仰の対象です。

150201an (27)

そして、延世大学のキャンパスを突っ切って、

150201an (28)

新村に出ます。新村ロータリーから、延世大学までの通りは、週末は歩行者天国になっています。

150201an (29)

だけど、車道を歩く若者はほとんどいません。

150201an (1)

鞍山はこんなに近くにあるから、語学堂の先生は、夏場は毎日歩いているとおっしゃっていました。

残りの週末は少ないけど、春も近いので、山に行こう。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。