自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
路地裏探偵団は、市場を渡り歩く
2015年 02月 02日 (月) 14:00 | 編集
土曜日の路地裏探偵団の続き。

乙支路4街駅の横をとおり、路地に入ったら、そこは中部市場。

干した魚が探偵団を出迎えます。

150131market (2)

干したエビも。

150131market (3)

ついでに、煮干しも。

150131market (4)

さらには、干したエイまで。

150131market (5)

以前、干したスケソウダラを買って行って、煮てもらったら、固くて固くて、切るのが大変だったと言われました。

150131market (6)

昆布やワカメもありますが、ここで買っても、一日持ち歩かなければならないので。

150131market (7)

市場の本通りへ出ます。

150131market (1)

冷麺があります。

150131market (8)

そして、一軒目は通り過ごせましたが、

150131market (9)

二軒目は、足が止まってしまいました。

150131market (10)

明太子、これだけ入って1万ウォン!味見をしたら、そんなにしょっぱくない。これは買いです。あわせて、手長ダコやイカのキムチも試食させてもらいましたが、それは今後に来た時に買います。

そんでもって、明太子、どれだけ多いかというと、

150131market (33)

次の日、ご飯を炊いて食べました。塩分とりすぎ!

150131market (32)

路地裏探偵団に戻ります。

市場には、お粥があったり、ホットックがあったり、いろいろつまみ食いしながら歩きたいところですが、探偵団は先に進みます。

中部市場を過ぎ、業務用のプチプチや、

150131market (12)

ビニール製品の市場の横を過ぎ、

150131market (11)

清渓川に出ました。向こうには東大門。

150131market (13)

そして、目の前には、広蔵市場。

150131market (14)

こちらの入り口は、服屋さんがたくさんあります。

150131market (15)

一応、午前の部は広蔵市場で解散なのですが、ちょうどお昼なので、中に入っていきます。

150131market (16)

旧正月が近いせいか、韓服が売られています。

150131market (17)

いろんなタイプがありますね。

150131market (18)

でも、最近は着る人が少ないそうです。

150131market (20)

私だって、生まれてこの方、お正月に家族そろって着物を着るなんて、いまだかつてありません。

150131market (19)

韓服屋さんの通りを抜けると、食べ物の屋台がドカンとあります。どこもかしこも人だらけ。

150131market (21)

何を食べようか?寒いので、タラ鍋もうまそうです。

150131market (31)

でもね、広蔵市場といえば、やはりピンデトック。

150131market (29)

屋台でも食べられますが、サポーターのS君が寒いというので、お店へ。

150131market (22)

幸いにも並んでいる人は数人しかいません。

我々は大団体の8人。先客に席を移動してもらって、席が用意でき、入店。もちろん、ピンデトックにマッコリを注文。

150131market (23)

残すといけないので、ピンデトックは少な目。

150131market (24)

もっと食べてもよいのですが、並んでいる人の行列ができているし、ほかに、麻薬キムパップも食べたいだろうしで、店を出ます。

150131market (25)

一応、午前の部はここで終了。夕方の部は16時に鍾路のYMCA集合です。時間は3時間ちょっとあります。参加者のうち、二人はホテルで休憩、一人は東大門市場へお買い物。残ったのは、私と、サポーターのS君、K君。何をすると言っても、することはないし、外にいれば寒いし、こうなったら、飲むしかないか、ということで、スンデのお店へ。

150131market (26)

結果、このお店の中も寒かったのですが、私はご飯を食べたかったのでスンデクッパにし、あとはいろいろスンデの小を頼み、ビール、焼酎、韓国の清酒で小宴会の始まり。

150131market (28)

午前中は口が重かったK君も、お酒が入れば、口が滑らかになります。就職探しの大変さや、日本に留学した時の話をし、S君のほうは、仕事を変わりたかったり、弘前にいた頃の話をします。

150131market (27)

昼から飲んでいるとすぐに酔うので、酔う前にこのお店を出て、鍾路へ向かいます。途中、美味しそうなカニを見ながら。

150131market (30)

そして、コーヒーショップで酒のにおいを消して、16時からの路地裏探検に臨んだのです。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。