自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正東津から三陟までの道
2015年 01月 21日 (水) 08:38 | 編集
東海駅について真っ先にしたのはスマホの充電。待合室でテレビドラマを見ながらです。

東海駅は町中から離れたところにあり、駅前には何も見るところはありません。

150111bus (1)

東海は、ウラジオストク~東海~境港とフェリー航路があります。フェリーターミナルを見たくて、海と思われる方へ歩いて行ってみました。確かに海がありました。しかし、軍の施設だったため、カメラを首から下げてブラブラしているとスパイに間違えられる恐れがあるため、すぐに駅に戻りました。

150111bus (3)

駅に戻る途中に、ロシア語の表記がありました。

150111bus (2)

ロシア人がこの街には住んでいるのだと思います。

田舎には平屋の住宅がまだ多くあります。

150111bus (4)

そして、食事代が安そうです。お昼の定食が4,000ウォンです。

150111bus (5)

バス停はすぐにわかりました。三陟へ行くバスは二つあります。

91番バスは一日12本運行。

150111bus (7)

21-1番バスは一日94本?も運行します。

150111bus (8)

10分も待たずにバスが来ました。料金は乗るときに、行先を運転手に告げて精算されます。バスはフェリーターミナルの前を通って、30分ほどで三陟へ到着。バスターミナルの前に停まりました。

150111bus (9)

三陟へ着いて、まず、ソウルへの帰り方を確認します。

高速バスターミナルがあります。

150111bus (10)

東ソウルへ向かうバスがあります。

150111bus (11)

江南の高速バスターミナルへ向かう本数の方が多いです。

150111bus (12)

もう一つ、総合バスターミナルがあります。

150111bus (13)

こちらも、東ソウルへ向かうバスがあります。

150111bus (14)

ちなみにバスの料金は17,400ウォンです。

150111bus (15)

次に、三陟の主な観光地についての情報を得ます。

150111bus (16)

高速バスターミナルの隣に観光案内所があり行ってみました。

150111bus (17)

なんと、説明員は日本女性でした。

150111bus (18)

景色がきれいな海岸あるそうで、そこに行くバス、バス乗り場を教えてもらい、バスの時刻表をもらいました。そして、市内バスの乗り場を確認。

150111bus (19)

11時発の24-1番バスに乗ります。

150111bus (20)

バスの時間までちょっと時間があったので、朝食を食べていないことを思い出し、コンビニでサンドウィッチを買って食べます。

バスが来たので乗り込みます。

150111bus (21)

24-1番バスに乗るはずが、来たのは24番バス。初めて乗るので、本当にこのバスでよいのかどうか、ドキドキします。バスは、海の近くを走ったり、山道を走ったり。

150111bus (22)

行先があっているのかどうか心配なので、スマホで現在地を確認しながらです。だから、すぐ充電しなければならないのです。

どうやら、当初降りる予定のバス停は通り過ぎたようで、次に行こうとしていたバス停で降ります。結果的にそれで正解です。バス停は坂道の途中にあり、帰りはずっと下り坂となるので楽です。

150111bus (23)

このバス停を降りたところにあるのが、海神堂公園。

150111bus (24)

観光案内所では、日本人には向かないかもしれませんと言われました。

150111bus (25)

入場券を買います。

150111bus (26)

大人は3,000ウォンです。

150111bus (27)

そして、公園の中に入ります。

150111bus (28)

迎えてくれたのは、天地大将軍と、

150111bus (30)

地下女将軍。

150111bus (31)

勘の良い方は、これだけ見れば、ここがどんな公園なのかわかると思います。

果たして、どんな公園だったのか?


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。