自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ライトアップされた姿を見に、再度、雁鴨池に行く
2015年 01月 19日 (月) 08:46 | 編集
鶏林の前には綿花の畑がありました。

150104night (1)

そこから少し歩くとあるのが、瞻星台。

150104night (2)

新羅の善徳女王(在位632~647)の在位中に作られた、東洋最古の天文観測台です。花崗岩を加工した基壇の上に、27段の石段が円筒形に積み上げられ、さらにその上に長大石を「井」の字に重ねて作られ、天文観測ができるようになっているそうです。

真南の下から13段と15段の間に、四角形の出入り口があり、そこから内部に入ることができます。この出入口は梯子を使って上ることができるようになっています。

そこから先に歩くと、広場で親子が凧揚げをしています。

150104night (3)

そこで凧が売られています。

150104night (4)

そういえば、息子と凧揚げをしたことがなかった...

ちょうどこの辺りは、世界文化遺産の区域です。

150104night (5)

次に向かったのは、大陵苑。新羅時代初期のお墓が集まっています。

150104night (6)

20基あまりある古墳の中で、中央にあるのが味鄒王陵です。

150104night (7)

新羅時代第13代味鄒王(在位262~284)のお墓です。味鄒王は、鶏林で生まれた伝説のある金閼智の6代目の孫で、王となった最初の金氏です。

150104night (8)

その奥にあるのが、天馬塚です。

150104night (9)

5~6世紀に作られた王陵と推定されます。発掘調査の過程で金冠をはじめ11,500点余りの遺物が出土し、そのうち、白樺の皮で作られた天を翔る馬の図が描かれた障泥(泥除けのための馬具)が出土したことから、天馬塚と名付けられました。

この日は小学校の体験学習なのか、子どもたちが真剣にメモを取っていました。

150104night (10)

苑内は散策路が整備されており、ちょうどよいウォーキングコースになっているようです。

150104night (11)

古墳の向こうに夕日が沈んでいきます。

150104night (12)

大陵苑の向かいにはレンタサイクルがありました。近場を移動するには、自転車を借りるのが最も良いかもしれません。

150104night (13)

この近くにあったスタバも歴史的景観に配慮した建物となっています。

150104night (14)

10月までは緑色だった芝生も、今は茶色です。

150104night (15)

古墳が5基あるのですが、すべてをフレームの中に収めるのは難しいです。

150104night (16)

鶏林の上は高台になっていて、慶州月城の跡になります。

150104night (17)

新羅時代の宮殿の跡があったところで、地形が三日月のようになっているので、「月城」または「新月城」と呼ばれたそうです。

150104night (20)

場内には、朝鮮時代に作られた石氷庫が残っています。

150104night (19)

この石氷庫は、朝鮮時代の英祖14年(1738年)に作られた氷室です。

月城から夕焼けが見えます。

150104night (18)

その反対方向である、雁鴨池の方角には、月が上ってきました。

150104night (21)

ということで、再び雁鴨池へ。

150104night (22)

池越しにライトアップされた姿が美しいと聞き、昼に続いて、再度の訪問。ちなみに、入場券は一度外に出ると無効だと言われましたので、再度買わなければなりません。

その池越しの光景。

150104night (23)

背景が夕焼け空なので、まだ薄明かりがあります。これが、漆黒の空になるとどう映るのかと思い、池の周りを3周して、それぞれ写真を撮ってみました。

これが2周目。

150104night (24)

空にはうっすらと明かりがあるようです。

150104night (25)

次は3周目。

150104night (26)

かなり暗くなりました。

150104night (27)

真っ暗と言ってもいいんじゃないでしょうかね。

150104night (28)

この池の周りには、写真同好会の方々でしょうか、大型の一眼レフカメラを構えた方々がたくさんいて、いろんな角度から撮影していました。

150104night (29)

冬の時期は日が暮れるのが早いので、短い時間でいろいろな姿を見ることができて助かります。自分の中では、夕暮れ時の色合いが好きですね。

150104night.jpg

欲を言えば、冬なのです亜Kら、雪帽子をかぶった絵を撮りたかったところです。この日は、春みたいな陽気で、汗をかきながら歩きました。

さて、今回の旅もそろそろ終わり。日曜日の夜は、KTXはほぼ満席です。ソウルを発つときに、インターネットで購入したはずのチケットが購入されていなく、とても焦りました。この日の昼に、スマホで確認しても満席。たまに、空席が出て予約してもタイミングが遅かったのかいつも途中で決済できない。そんな状況を何度も繰り返し、ようやくKTXのチケットを購入することができました。

雁鴨池から新慶州駅までは、雁鴨池前で客待ちをしているタクシーに乗っていきました。結構料金がかさみ、2万ウォン以上したでしょうか。

KTXは前後のピッチが狭く、ムグンファ号のほうがゆったりしているようです。ソウルまではずっと眠っていき、家に着いたのは24時前。こんな感じで、今年の長い年末年始の休みは終わったのです。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。