自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清涼里発の夜行列車で朝日を見に行く
2015年 01月 21日 (水) 08:30 | 編集
1月10日、清涼里発23時25分のムグンファ号で東に向かいます。23時25分発は最終列車です。

150110station (3)

清涼里の駅は数年前に比べてとてもきれいになりました。清涼里駅のすぐ近くには、青少年立入禁止のピンクなゾーンがあるので、数年前は、駅でブラブラしていると、客引きのアジュンマが声をかけてきたものです。今では、ロッテデパートと一体となって、現代的な建物に様変わりです。

夜だというのに、駅は多くの人で混んでいます。みんな山に行く恰好をしています。もっとも、韓国では、よそ行きの服装=山の格好のという点もありますので、皆が山に行くのかどうかはわかりません。

150110station (2)

行先は、東側、江原道江陵市の正東津。

150110station.jpg

年末には、仁川の正西津に行って夕日を見ましたが、知り合いのグループが正東津に日の出を見に行くと聞いて、こっちにも行きたくなりました。ただし、そのグループが行く日には、用事があって行けなかったので、別の日に行ったのです。ソウル駅発の寝台列車があるようですが、自分は、経費節減のため、清涼里駅発のムグンファ号です。

インターネット上ではしばらく前から満席のムグンファ号、直前になるとキャンセルが出るのでしょう、予約可能となることがあります。それを何度もチェックしながら、空席が出たタイミングで即予約、代金を支払います。

ということで、この日のムグンファ号も満席でした。立ち席の人もいるくらい。前方の座席にアジュンマの集団がいます。そこから一人だけ席が離れたアジュンマがいたようです。若い男性と席を替わってもらったらしく、若い男性が席を移ってきました。お礼にといってその男性に持ってきたものは、直径40㎝もあろうかという大きなピザの残った半分。一人でどうやって食べるというんだ?その男性、ずっとその紙皿を持っていましたが、なんかの拍子で、案の定、床にひっくり返してしまいました。あーぁ。

ムグンファ号は出発して1時間くらいで原州駅に到着。そこで、数名が降ります。アジュンマはまだまだ元気、大声で話をしています。2時ごろになって、眠られないアジョシが「うるさい!」とどなり、少しは静かになります。

途中、大白山の大白駅で半分ぐらいが降り、4時半ごろ、正東津駅に到着です。

ホームに降りるや否や、歌いだすアジュンマたち。元気です。

150110sun (1)

当然ながら、駅のまわりはまだ真っ暗。

150110sun (2)

この駅、写真でみるといい感じの駅ですが、暗くてまだわかりません。

150110sun (3)

正東駅発の海岸線を走る海列車があります。その始発は7時10分。

150110sun (4)

それまで時間を待つ人たちもいますし、添乗員に連れられて移動する人たちもいます。自分は、この海列車に乗るかどうか迷います。乗ると日の出を見れないかもしれないし。とりあえず、駅のまわりを探索です。

150110sun (5)

ソウルへのバスも出ているようです。

150110sun (6)

24時間営業のコーヒーショップもあります。

150110sun (7)

そのほか、食堂も開いており、食事をしている人たちもいます。

150110sun (8)

歩いていると、アジュンマが声をかけてきます。部屋があるというんです。モーテルの部屋です。2万ウォンで言いというんです。カラオケをしていかないかというアジュンマもいます。きれいなアガシもいるそうです。みんな朝早くから客引きで大変です。ちょっと危険な香りに惹かれますが、無視して歩きます。そして、海に行ってみます。駅から徒歩5分です。

150110sun (9)

真っ暗な海には、何人か人もいます、写真を撮っています。

150110sun (10)

海上には漁火が見えます。しかし、ピントが合いません。

150110sun (11)

海で日の出まで待つのはきついので、いったん駅に戻ります。運よく空いている席があったので座り、今後の行動計画を立てます。とりあえず、日の出を見て、そのすぐあとのムグンファ号で隣の市に行ってみよう。ということで、駅のベンチで1時間半くらい仮眠を取ります。

6時半ごろ、次の列車が到着したようで、続々と客が降りてきます。自分もそろそろ行動開始です。

150110sun (12)

駅前のコンビニで休む人たち。

150110sun (13)

出発準備をする海列車。

150110sun (14)

24時間営業の刺身屋。

150110sun (15)

駅のまわりをブラブラする人たち。

150110sun (16)

旅行会社の窓口でツアーに申し込む人たち。

150110sun (17)

さすがにこの時間になると客引きのアジュンマはいません。

150110sun (18)

海への入口では既に屋台が営業しています。

150110sun (19)

駐車場は車であふれています。

150110sun (20)

海辺でも屋台が出ています。

150110sun (21)

食事もできます。小ぶりのホヤです。

150110sun (22)

刺身も食べられます。

150110sun (23)

ホタテだってあります。

150110sun.jpg

夜明けが近くなってきました。

150110sun (25)

雲が多いのが気がかりです。

150110sun (26)

空の一部に光が差してきました。

150110sun (27)

ただ、どっちの方角に太陽が昇るのかはよくわかっていません。

150110sun (28)

7時10分、海列車が出発します。

150110sun (29)

日の出を見る人たちは続々と集まっています。

150110sun (30)

砂にかいた文字が踏み消されているのが、ちょっとさびしい。

150110sun (31)

海といっても、冬の日本海ですから、波は荒いのです。あんなところに立っていて波をかぶらないのだろうか。

150110sun (32)

だって、波が荒いのですよ。

150110sun (33)

出発した海列車が戻ってきて、三陟に向かっていきます。そうだ、この後、自分も三陟に行ってみよう。

150110sun (34)

多分、太陽はもう昇っているんです。でも、雲が多くて、その瞬間が見えなかったんです。

150110sun (35)

雲が切れないです。待っていれば見えるようになるのか?列車の時間も近づいています。

150110sun (36)

8時を過ぎました。時間的にもうギリギリです。ムグンファ号の出発時間は8時15分です。あきらめて駅に向かいます。

150110sun (37)

駅に着いて、トイレに行き、ホームに出ると、その日の日の出の時間は7時40分。

150110sun (38)

そして、お日様の方を見たら、既に昇っていました。

150110sun (39)

雲の合間から見える瞬間を見たかったんですけどね。

この辺りは海岸線がきれいなので、昼でも景色がよさそうですが、ムグンファ号の切符は既に買っているので。

150110sun (40)

この駅は、この日の出を見るためだけに、きている人がたくさんいるんです。1月1日は、もうたくさんの人が集まってきて大変だそうです。車も大渋滞。1月11日の日の出でさえ、結構な人出なんですから。

150110sun (41)

正東津駅の先の駅は、駅名が見えなくなっています。今は、ここから先には汽車が走っていないということでしょうか。

150110sun (42)

私はムグンファ号に乗り込みます。

150110sun (43)


向ったのは、東海駅。東海駅までは約30分、2,600ウォンです。

そして、東海駅到着。

150110sun (44)


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。