自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の国技はテコンドーです
2014年 12月 25日 (木) 13:21 | 編集
全羅北道。スキー場を後にして、昼食です。昼食会場は、スキー国家代表選手の生家。店主が自慢げに息子の話をしていました。

141217tekondo (1)

店内にはたくさんの表彰状、メダル、トロフィーが飾られていました。

141217tekondo (2)

食事のメニューは山菜定食。

141217tekondo (3)

このセットは、4人用です。テーブルの上に並べられた小皿。すべて違う料理です。そして真ん中には、しょっぱいチョングッチャン。

141217tekondo (4)

この他にも、ジョンやポッサムも出てきたのですが、テーブルの上に置く場所がないので、お皿の2段重ねです。でもね、全部を食べることはできずにかなり残しています。もったいない食べ方です。ちなみに、山菜定食は、2人以上からで、一人15,000ウォンです。

141217tekondo (5)

食後に向かったのは、今年オープンしたテコンドー院。

141217tekondo (6)

こりゃまたずいぶん立派な施設を作ったのね、てな感じで、テコンドーの博物館、国技館、宿泊施設が完備です。

141217tekondo (7)

博物館から見学です。

141217tekondo (8)

「暮らしの変化をリードする偉大な変化テコンドー」というスローガンがお出迎え。そして、テコンドーの起源は紀元前2333年。

141217tekondo (9)

えっ、そんなに古くからあるの?

141217tekondo (10)

紀元前2333年は、伝説上の古朝鮮の王檀君が即位した年とされています。そんなに古くまで遡るの?テコンドー精神だから、まぁいいか。

それから、日本統治時代は何もなかったことになっています。

141217tekondo (11)

説明によると、国内の競技団体が三つに分裂していましたが、統合したそうです。

朴正煕元大統領の揮毫「国技テコンドー」。

141217tekondo (12)

今では、全世界に普及し、オリンピック種目になっています。

141217tekondo (14)

競技服は、ナイキ製なんですね。

141217tekondo (13)

韓国の弱いところは、自国のスポーツブランドがないこと。日本の強みは、ミズノ、アシックス、デサントといった自国のブランドがあること。ですから、オリンピックやワールドカップなど大きな国際大会を通じて、市場を広げていけます。韓国は自国のブランドがないから、国技なのに外国ブランドに頼らなければならない。

博物館の後は、テコンドーの公演です。

141217tekondo (15)

これが、パフォーマンス性もあり、なかなか面白い。



それから、板割り。テコンドーなのか、空手なのか。



見ている分には楽しいです。



最後は、観客が参加して、テコンドー体操と護身術の講習会。最終的には10人くらい参加して、楽しい講習会です。

141217tekondo (16)

それから、国技館の中を見学。広い会場です。

141217tekondo (17)

外には、現大統領の揮毫の石碑があります。

141217tekondo (18)

親子で大統領の揮毫をしているなんて。

ただ、立派な施設ですが、いかんせんソウルからは遠すぎる。観光施設としてはちょっとどうかな、という感じでした。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。