自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄海から漢江に向かう運河 アラベッキルを歩く
2014年 12月 08日 (月) 15:56 | 編集
昨日はガッツリと歩きたかったのですが、山は寒そうなので、陸地のコースがないか探していたところ、先日見学に行った金浦から仁川までの運河「アラベッキル」がよさそうだったので、歩いてみました。

漢江から仁川の黄海へと抜けるもので、全長は18キロ。運河に架かる橋は14本。漢江側の金浦と黄海側の仁川に旅客ターミナルがあります。

先日は仁川の旅客ターミナルを見学したのですが、海と川の潮位が異なるため水門があり、旅客船や貨物船が運航できるといった割には、物寂しさがあり、どうみても無駄な公共事業にしか見えなく、とても気になっていた施設です。

金浦の旅客ターミナルは、公共交通機関では行きづらそうだったので、次のポイントである空港鉄道の「桂陽」駅からスタートです。ここですと、孔徳駅からは30分かからないで行けます。

まず、駅に到着後血圧チェック。上が128、まあまあです。

141207arabekkir (1)

桂陽駅を後にします。

141207arabekkir (2)

運河は近そうです。

141207arabekkir (3)

標識も出ているからわかりやすい。

141207arabekkir (4)

バイクステーション。そういえば、桂陽駅の前にレンタサイクルがありました。

141207arabekkir (5)

運河に沿ってサイクリングロードも整備されています。

141207arabekkir (6)

高架橋の下を通り抜けると、すぐ運河です。

141207arabekkir (7)

水面が見えてきました。

141207arabekkir (8)

橋の下はチャリダーのための休憩所となっています。

141207arabekkir (9)

ガラス張りの塔は展望台になっているようなので、上ってみました。しかし、エレベーターに乗って、3階、4階のボタンを押しても、一向に点灯しません。やむなく、2階まで。すると、2階から上はこうなっていました。

141207arabekkir (13)

これじゃぁ無理だ。このガラスの塔は4つあるのです。

141207arabekkir (10)

そのそれぞれがこんな状況になっているのか?

2階は橋に直結しているのです。でも、この橋を歩いて渡る人は想定できませんし、歩行者がjこのエレベーターを使うとも思えないので、結局は、チャリダーしか使わないと思います。無駄な施設のにおいがプンプンしてきます。

橋から見た運河です。

141207arabekkir (11)

金浦空港へ向かって飛行機も飛んでいます。

141207arabekkir (12)

気を取り直して、ウォーキングのスタート。ここから黄海まではどのくらいの距離なのかはよくわかりませんが、地図を見ると全体の3分の2以上はあるので、恐らく12㎞くらいだと思います。

141207arabekkir (15)

ここでは水泳と釣りは禁止のようです。

141207arabekkir (14)

チャリダーは結構いますが、ウォーカーはほとんどいません。対岸の方にはウォーカーの姿も見えます。

141207arabekkir (16)

コースはがけのしたとなっていて、日陰です。したがって、寒かったです。対岸に見えてきたのは滝です。

141207arabekkir (17)

この滝、空港鉄道に乗っていると、水が流れ落ちるのが見えます。さすがに、冬は水を流していないようです。しかし、せっかく作った滝なのに、冬に使わないのはもったいない。日本では、凍った滝もイベントやお祭りに使っています。ここでも、水を流して、できる滝の太さで、今年の運を占うとかのイベントを始めちゃえばよいのではないでしょうか。

階段があり、滝の上に上ることができるようです。

141207arabekkir (18)

確かに上っている人がいます。

141207arabekkir (20)

その階段の先にあるのは、

141207arabekkir (19)

休憩所と展望台のようです。

141207arabekkir (21)

それにしても、この展望台は、空中に浮かんでいるような感覚なのでしょうか。

141207arabekkir (22)

ここからではわかりませんが、床が透明ガラスなのでしょうか?

さて、ウォーキングを続けます。特にアップダウンがあるわけでもなく、ただただ、まっすぐな道を歩くのは、飽きます。

141207arabekkir (23)

ところどころに、これは何?という感じの施設があります。この風車は何のためにあるのでしょうか?

141207arabekkir (24)

川をのぞいたら、ものすごい数の幼魚の群れ。

141207FISH.jpg

それから、トイレがありました。

141207arabekkir (28)

この先700mのところにもトイレがあるそうですが、ここまで、6.2㎞の区間にはトイレはない!完全に自転車仕様になっていますね。自転車だと6.2kmはあっという間ですが、歩くと1時間半はかかります。その間、トイレに行きたくなってもない!確かになかった!!

141207arabekkir (26)

それから、いろんな工法の橋が架かっていますので、橋フェチにはたまりません。

141207arabekkir (25)
141207arabekkir (27)

専門家による工法の説明を聞きながら見て回ると、とても面白いと思います。

そして、こんな看板がありました。

141207arabekkir (29)

この先から、釜山までのサイクリングロードなのですが、途中は省略するとして、

141207arabekkir (30)

最後の区間が、324㎞を23時間で、全体でも釜山までは633kmを43時間で、二日あれば行っちゃうんだ。時速に換算すれば15㎞くらいなので、体力さえあれば...

ということで、後半に続きます。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。