自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍾路2街の路地裏に、焼き魚の美味しそうなにおいが
2014年 11月 07日 (金) 12:14 | 編集
ソウル市鍾路2街の路地裏です。

141105sanma (1)

スンデ、ソルロンタン、クルポッサムなどのお店が軒を連ねています。

141105sanma (2)

行列のできているお店もあります。

141105sanma (3)

一人では入れないので、その周りを歩いていましたら、

141105sanma (4)

焼き魚のいい匂いが漂っていました。

141105sanma (5)

食べるつもりはなかったのですが、おじさんがサンマは2匹だというので入ってみました。

141105sanma (6)

テーブル席と小上りがあります。

141105sanma (7)

一人なんですが、小上がりに座っていいよと言われました。

141105sanma (8)

メニューは、基本的には焼き魚。

141105sanma (9)

イシモチ(インドネシア産)、サバ(ノルウェー産)、サワラ(国内産)、サンマ(台湾産)。

もちろんお酒もあります。

141105sanma (10)

最初からサンマのつもりでいましたので、サンマを注文します。それにしても、台湾産サンマとはどの海域で獲っているのでしょうか?台湾近海にはサンマはいないと思うので、日本近海の公海でサンマを漁獲し、台湾で水揚げしているのかな?

パンチャンが数種類あるので、野菜を豊富に取れます。

141105sanma (11)

それから、生白菜に味噌を付けて食べます。

141105sanma (12)

こちらも、一人暮らしにはうれしいですね。

そして、ご飯は釜で炊いたご飯。

141105sanma (13)

お茶碗にご飯をよそいます。

141105sanma (14)

そうすると、釜の底におこげが残ります。

141105sanma (15)

そこにお茶を注ぎます。

141105sanma (16)

そうすると、おこげのおかゆが出来上がるのですが、そこで失敗。隣のテーブルを見ると、釜が熱いうちにお茶を注いで蓋をして蒸らしています。私は、その作業をしなかった。まぁ、それでもいいんです。

そして、テンジェンチゲもつきます。お味噌が、豆豆しており、美味しいんです。

141105sanma (17)

そして、サンマです。サンマは外で炭火で焼いています。一度焼いたものを、再度さらっと火を通し温めて持ってきてくれます。

141105sanma (18)

恐らく、冷凍サンマですが、塩サンマではないので、わさび醤油を少しつけて食べます。一人で食べるには十分ですね。東京あたりでは、サンマの焼魚定食はいくらくらいするのでしょうか?私はサンマも大好きなので、小骨も全てきれいに食べました。

141105sanma2.jpg

隣のテーブルを見ていると、二人でイシモチとサワラとか、いくつかの魚を食べているので、そのほうがいろいろと楽しめますね。でも、一人でも気軽に入れて、お店の人は親切で、週1で行ってもいいと思いました。まず、次回はサバにしようと思います。

なんといっても、これだけボリュームいっぱいで、7,000ウォンですから。

この辺、クルポッサム(カキ+ゆで豚)のお店も行列ができていますので、開拓のし甲斐がありそうです。

141105sanma (19)

ごちそうさまでした。

141105sanma.jpg

by aero-K



関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。