自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
慶州の街並みに日本時代の面影を探す
2014年 10月 17日 (金) 16:01 | 編集
さて、やってきたのは、慶州市内にある慶州文化館です。

141004kyonjumu (1)

向かって左側の木は、1926年にスウェーデンの皇太子が訪問した時の記念植樹です。

141004kyonjumu (8)

ここには、1798年当時の慶州城のジオラマが展示されていて、朝鮮時代の街並みはどのようであったかを知ることができます。

141004kyonjumu (2)

また、手書きの絵も展示されています。「私が書いているんです」と、作家さんがいました。

141004kyonjumu (5)

集慶殿は、朝鮮王朝の太祖、李成桂のご真影を祀ったところなんだそうです。

141004kyonjumu (3)

ジオラマでは忠実に再現されています。

141004kyonjumu (4)

また、別のコーナーには、1900年代初頭の写真が展示されています。当時の町の様子がよくわかります。そこには、初代朝鮮総督である寺内正毅が揮毫した額が置いてありました。

141004kyonjumu (6)

この資料館の裏には、樹齢500年のイチョウの木がそびえ立っています。

141004kyonjumu (7)

そして、慶州文化院のある交差点のこの店。

141004kyonjumu (9)

今は、食堂ですが、日本統治時代は、ここには土産物屋があったそうです。というのは、当時、慶州には日本から旅行者が多く来たそうです。中には、修学旅行もあったようです。その土産物屋は、その後絵葉書を売り始め、たいして繁盛したそうです。

私たちは、日本統治時代は本町(ほんまち)通りと呼ばれたエリアを歩きます。

141004kyonjumu (10)

車道の両側に、当時に写真が掲示されており、一つ一つ見て歩くと、かなり興味深い内容です。

これが、先ほどまでいた慶州文化院。その昔は、朝鮮総督府の博物館だったのです。それで、初代総督の額が残っていたのでしょう。

141004kyonjumu (11)

今はない南門です。

141004kyonjumu (12)

観光タクシーなんかもあったようです。

141004kyonjumu (14)

日本人街だったとはいえ、当時の名残はありません。まれに、当時の日本家屋を改築した建物があります。

141004kyonjumu (13)

こちらもそのようです。

141004kyonjumu (15)

左のお店なんか、今年の夏に公開された映画のロケ地だったようです。

141004kyonjumu (16)

当時の市場の活気が伝わってくるようです。

141004kyonjumu (17)

銭湯もあったようです。

141004kyonjumu (18)

そして、劇場も。

141004kyonjumu (19)

スウェーデン皇太子が訪問された時の写真も残っています。

141004kyonjumu (21)

そして、これが土産物屋の様子です。

141004kyonjumu (20)

写真を一つ一つ見て歩くと時間がかかります。本町通りの終わりに来ました。

141004kyonjumu (22)

そこを振り返ると、古墳が見えます。

141004kyonjumu (25)

こちらの古墳の異様な形にはびっくり。

141004kyonjumu (23)

古墳から木が生えているのです。

141004kyonjumu (24)

私が古墳の写真を撮っているときに、先生方はカフェにいました。

141004kyonjumu (26)

本町通りにあります。以前、先生がこの辺りを歩いていて、偶然に見つけたそうです。

141004kyonjumu (27)

このカフェは、昔の日本家屋を改築して作っています。中庭に出ればわかります。

141004kyonjumu (28)

美術館兼カフェになっています。

141004kyonjumu (31)

韓国人女性の館長さんは、東京芸術大学を卒業。ご主人もアーティストです。

141004kyonjumu (32)

日本で暮らしていた期間も長く、日本語もペラペラ。日本人旅行者にとっては、ちょっと喉が渇いた時に、気軽に寄れるカフェがあるのは便利です。

141004kyonjumu (30)

日本通なだけあって、日本の本や、小物も飾っています。

141004kyonjumu (29)

館長さんは、日中は、カルチャースクールも開いているそうです。美味しいカフェラテをいただきました。

141004kyonjumu (33)

館長さんからいろいろとお話を聞いているところ、ご主人とお子様が戻られましたので、お暇しました。

そして、次は、そこから徒歩3分の中国伝統茶店です。

141004kyonjumu (35)

ここのお店には、お坊さんがよく来られるそうです。

141004kyonjumu (36)

店主が中国各地から集めた伝統茶がずらりと並んでいます。

141004kyonjumu (34)

店主のお任せで、いくつかのお茶をいただきます。

141004kyonjumu (37)

旅の終わりは、まったりとお茶を飲んで過ごします。

141004kyonjumu.jpg

時刻は17時を過ぎ、1人は高速バスで釜山に向かいます。そして、先生と私は、KTXに乗る為に新慶州駅に向かいます。

そして、先生は18時台、私は19時台のKTXでソウルへ向かいました。

今回の慶州旅行、普通の旅行ではあまり行かないところに行く内容でした。そして、訪れたところで、見て、説明を聞いて、感じて、今度また来たいと思う旅でした。

確かに、慶州は、新羅、朝鮮王朝、日本時代、現代と、4つの階層から成り立っており、それぞれに特色があるのだと思います。まだまだ知らないところがあります。近いうちにまた来ようと思って、ソウルへ戻ってきました。

慶州シリーズは、ひとまずこれで終了です。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。