自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハングルの日の今日は、DMZウォーキングです
2014年 10月 09日 (木) 22:36 | 編集
今日、10月9日はハングルの日で休日。ハングル関連のイベントがあった中、私は、朝8時に出発し、パジュ市の臨津閣へ。

141009dmz (1)

北に近いこの地は、軍の警備も厳しいのです。

141009dmz.jpg

公園が整備されていて、

141009dmz (3)

朝早いため人はいませんが、昼には、みんなここで凧揚げをしていました。

141009dmz (4)

朝9時ですが、団体バスはもう満車状態。

141009dmz (5)

そのほとんどは中国人です。

141009dmz (6)

朝鮮半島の南北分断の象徴、自由の橋。

141009dmz (8)

その上で、「イー、アール、サン」の掛け声でジャンプし、写真を撮ってはしゃいでいる中国人。

141009dmz (9)

中国にも南北分断の責任はあるでしょうに、あまりにも能天気というか、なんというか。

平和の鐘まで上り、何があるかというと、

141009dmz (2)

DMZウォーキング大会の開会式です。

141009dmz (10)

開会式は10時スタート。韓国ウォーキング連盟の皆さんには仲良くしていただいており、時折、ウォーキング大会に呼ばれます。参加登録すれば記念品としてもらえる赤いアシックスのTシャツ。9月以降で、もう3着です。

開会式では、一応、来賓として紹介していただいているんです。今日も、わざわざこの日のために日本から飛行機で来てくれましたと紹介していただきました。ソウルから車で行ったんですけどね。

そして、ウォーキングのコースは20キロ以上でなければ、歩いた実感がわかないのですが、今日は、5キロコースと10キロコースしかないので、10キロコースに参加です。

一斉にスタートしますので混雑します。

141009dmz (11)

スタートしてすぐに臨津閣駅を通り過ぎます。トイレスポットとして利用できます。

141009dmz (12)

ピョンヤンまで209キロという表示に国境の街である実感がわきます。

141009dmz (13)

今日のコースの特色は、普段は入れないDMZの中に入って出てくることです。韓半島を南北に分ける非武装地帯(demilitarized zone)。DMZは1953年の停戦協定に基づき、西海岸の臨津江河口から東海岸の江原道・高城に至る休戦ラインを設定し、休戦ラインを中心に南北にそれぞれ2キロメートルを指定し、軍隊の駐屯や武器の配置を禁止した区域をいいます。DMZは50年余りの間、立入統制区域であったため、自然生態がよく保存されているそうです。

板門店に向かう道を進みます。

141009dmz (14)
141009dmz (15)

ここがゲートになっています。

141009dmz (16)

臨津江(イムジンガン)にかかる橋を渡ると、遠くに、北朝鮮の開城まで行く鉄道の鉄橋が見えます。自由の橋から見えたものです。

141009dmz (17)

その先に、また厳重に警備されているゲートがありました。

141009dmz (18)

平壌まで続く道。平壌までは208キロです。

141009dmz (19)

第3トンネルもここから近いようです。

141009dmz (20)

そして、この標識のちょっと先でUターンしなければなりません。

141009dmz (21)

もちろん、ところどころに軍人が立っていて、目を光らせています。写真を撮っていると、撮影はダメと言ってきます。でも、カメラやスマホを取り上げることまではしません。

DMZはほんのちょっとしか歩けないので、文句を言っている参加者もいます。しかし、なかなか入れないところへ行けるだけでいいじゃないですか。南北はまだ戦争中であることを忘れてしまうくらいの、いい天気、のどかな田園の光景が広がっていました。

141009dmz (22)

遠くに水鳥の姿が見えますので、確かに、手つかずの自然が残っているのでしょう。

141009dmz (31)

反対方向には、出発地点の臨津閣も見えます。

141009dmz (24)

そして、鉄橋も見えます。

141009dmz (23)

収穫の時期を迎えた田んぼの黄金色がとてもきれいです。

さて、DMZを出て、5キロコースはこのままスタート地点へ戻り、10キロコースは田園地帯に向かいます。

141009dmz (25)

途中、なし、カキ、ナツメ、コーヒーをごちそうになり、小休止。

きれいな田んぼが広がっていました。

141009dmz (26)

稲刈りをしています。この片田舎にもヤンマーのコンバインがあります。さすがですね。

141009dmz (27)

こうやって、田んぼを歩いていると、日本なのか、韓国なのかわかりません。

141009dmz (28)

サツマイモの収穫もしていました。

141009dmz (29)

最後は、抽選会を行って終了です。

141009dmz (30)

最後の賞品、20万ウォン相当の商品券は、なんと、オープニングで挨拶をした会長さんに当たっちゃいました。会長さんは、そこで機転を利かし、今日誕生日の方に賞品を寄付。なんと、今日誕生日の女性がいたんですね。その女性、ちょっと前にアジョシから、絶対当たるようにと念じられていました。神がかり的です。

大会が終わって、食事の用意がありますと、ベンチへ。

地元のお母さん方が用意した、コンナムルクッパとキムチです。

141009dmz (32)

コンナムルクッパ、干しえびのダシが効いていて、めちゃくちゃ美味しかった。

こんな感じで、今日のウォーキング大会は終わりました。ただ、10キロちょっと歩いただけでは、月曜から水曜まで三日連続で食べた肉、飲んだ酒のカロリーは落ちません。だから、もっともっと歩かなければなりません。来週は順天市の大会、再来週はソウルでの2DAYS、11月は慶州市での大会にも呼ばれています。

ちなみに、今日の大会には台湾とシンガポールの女性も参加しました。私たちが参加することで、国際大会としての実績が残るわけですから、主催者にとっても悪くはないはずです。パジュ市のウォーキング連盟の会長さんによると、この大会は今回が初めての開催で、7月から準備をしてきて、DMZに入ることで、市や国との調整が大変だったと話していました。事前登録は700名、当日登録を含めれば800名は超えたのではとのことでした。

青空の下、いい天気、いい気分、いい友人で、とても楽しい大会でした。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。