自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜山にある青森に行ってきました
2014年 10月 02日 (木) 12:24 | 編集
釜山のBEXCOの近く、センタムホテルの3階に「青森」という名前の日本食のレストランがあります。韓国のブログでも結構取り上げられていて、雰囲気もよさそうだったので、前々から行ってみたかったのですが、今回、ようやく行くことができました。社長さんに会って、なんで青森なのか、青森とどのような関係があるのか、いろいろと聞いてみたい。

そこで、9月15日、この日に訪問した会社が、この「青森」と取引をしているとのことだったので、昼食を予約してもらいました。

140915aomori (1)

140915aomori (2)

本当は、「青森」のバナーの隣は、青森のお酒のフェアならもっと良いのですが、それはこれからということで。

140915aomori (3)

お店に入ると、ワインセラーのように日本酒が並んでおり、そこには、なんと、青森でも幻の酒、田酒がありました。しかも、めったに見かけることのないグレード。

140915aomori (4)

店内には個室も多く、商談なんかにも使えそうです。このセンタムホテルは、航空会社の乗務員が宿泊しているそうで、その業界の方も見えられるそうです。

残念ながら、社長さんは、ご家族に不幸があったとかで、急きょ出かけており、お話をお聞きすることはできませんでしたが、お昼のコース料理を食べました。これに、田酒があればベストですが、なにぶんお昼ですので、そこは我慢。

まずは、お通し。

140915aomori (5)

かぼちゃのスープは韓国風。冷やしトマトのサラダと茶碗蒸しは日本風。どちらも、味は良し。

そして、お刺身が続きます。

140915aomori (6)

マグロに、タイに、ヒラメに、スズキに。

140915aomori (7)

白身魚が中心です。微妙な味の違いは、日本人にも難しいです。刺身のつまが大根なのが、うれしいです。

そして、お寿司が続きます。

140915aomori (8)

小さめのシャリがお上品。一つ一つ丁寧に仕事をしています。韓国でコハダを食べられるなんて。

お寿司にはお味噌汁が付きます。

140915aomori (9)

味噌汁の出汁も日本と同じ味です。

そして、焼き物はサーモンです。

140915aomori (10)

韓国人はサーモンが好きですからね。

締めはうどんです。

140915aomori (11)

なんと、サクッと揚がった天ぷらが付きます。ちなみに、この盛り合わせは4人分です。

140915aomori (12)

このコース料理、ボリュームもたっぷりですし、お味も日本で食べるのと変わりません。板前さんは韓国人のようですが、日本できっちり修行をされたのでしょう。

デザートはコーヒーかアイスを選べます。アイスにしました。

140915aomori (13)

甘さ控えめの抹茶が美味しいです。

なぜ、釜山に「青森」なのかは、結局わかりませんでしたが、味といい、量といい、十分に満足いくものでした。一人当たり3万5千ウォン。4人で12万ウォンの出費はちょっと痛かったですが...


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。