自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジア大会男子サッカー準々決勝 日韓戦を見てきました
2014年 09月 29日 (月) 09:07 | 編集
昨日、9月28日は、アジア大会サッカーの準々決勝がありました。カードは、日本VS韓国。

見に行きたい、でも、仕事がたまっている。でも見に行きたい。そこで、土曜日、イベント終了後の夜に事務所に出て、ある程度仕事の整理をし、目途を付けて、昨日の日曜日、スタジアムに向かいました。

チケットは、インターネットで調べたら、たまたま、指定席の1階の最前列が空いていたので、即購入しました。

試合開始は17時。家を出るのが遅くなり、スタジアムに着いたのが16時半過ぎ。そこからが大変でした。

日韓戦の会場は文鶴競技場。その隣には、水泳会場と野球会場があります。この日は、男子サッカーは準々決勝の日韓戦、それから、野球は決勝の韓国VS台湾戦があったので、競技場の周辺は人でごった返し。

チケットはインターネットで買ったものの発券しなければなりません。しかし、チケット売り場には残っているチケットを買い求める人たちの長蛇の列。そして、ダフ屋の姿。この列に並ぶなら、到底試合開始には間に合いません。事前購入者のために受取り専用の窓口があればいいものの、その区分をしないでいるので、当日買う人たちに混ざって並ばなければなりません。これでは、何のために事前に買ったのか意味がない。事前にチケット買ったのに、当日早く会場に行き並ばなければならないなんて。この時点で、まず、イラッとしました。

列に並びたくないので、近くにいるスタッフに聞きました。そしたら、近くに無人発券機があるので、そこに行けばよいと教えてくれました。無人発券機は野球場のそばにありました。予約番号を入力すれば発券される仕組みです。前に10人以上は並んでいますが、チケット売り場よりましです。しかし、前の人の様子を見ると、予約番号を入力しても機械が反応しない状態が続いています。おかしいです。やっと自分の番になりました。この時点で、試合開始時刻を過ぎています。

全般的に画面の処理スピードが遅く、予約番号を入力しても、番号がないという答えが出ます。なんでだ?野球のチケットしか発券しないのか?それじゃぁ、なんでサッカー場の近くには無人発券機はないのか?試合はもう始まっている。しかし、チケットは入手できていない。せっかく高いチケットを買ったのに。もう、かなりイラッとしています。

再び、チケット売り場に行ったら、「満員」という張り紙がしているにも関わらず、まだ、何人も並んでいます。そんな人たちを押し分け、窓口でSMSを見せ、ようやくチケットを入手できました。

それから、会場に入り、金属探知機で持ち物を検査して、席に着いた時は既に前半20分を経過していました。幸いにも、まスコアは動いていませんでした。

チケットは、ちょうど指定席の一番前の席が空いていたのです。3万ウォンしました。普通のKリーグの試合は、指定席でも2万ウォンなので、高いです。

隣におばさんが一人座っていました。チケットを見せてくれと言います。私は、チケットを見せ、ここは指定席だと答えました。おばさん、席がどこかわからなくてと。おばさんのチケットを見せてもらいました。なんと、三等席、1万ウォンのチケットでした。それは、ダメでしょ。いくら座席が空いているからと言って、3万ウォン払った人と、1万ウォン払った人が同じエリアなのは。

おばさん、電話をし始めて、まず、だんなさんが来ました。それから、また、何度も電話しています。前に座っているの、座席を取ってるの、と。そして、友達夫婦もやってきました。それは、完全にダメでしょ。

そもそも、この大会。会場のゾーンコントロールが全くできていません。会場に入ってもチケットをチェックする人はいません。それでは、高い金を払って、チケットを買う意味がありません。Kリーグの試合でも、野球の試合でも、ゲートのところに係員がいて、出入りするときは必ずチケットを提示します。今回は、この係員がいないので、どこのエリアにも行けます。それは、本来はダメなことです。

そういうは私も、先日、柔道会場では、ちゃっかりプレス席に座って見ていました。

それにしても、まっとうにお金を払っている人と、そうでいない人が同じエリアにいてはダメでしょう。2018年の冬季オリンピックまでには、世界の常識通りになるのか、とても心配です。

そんな、こんなで、試合を見る前から、かなりイラッとした状態で臨みました。

さて、席につきます。まず、この競技場は、サッカー専用ではなく、陸上競技場なので、グランドが遠い。

140928football (2)

そして、一番前の列は、目の前に手すりがあり、かなり邪魔です。

140928football (1)

手すりの枠が、窓枠のようで、窓の向こうを見ているような感じです。そして、タッチラインのところにはスポンサーの看板があるので、タッチライン上の攻防は見えません。

この日の試合は、日韓戦だからよいものの、アジア大会準々決勝の指定席が3万ウォンとは、この会場の割には高いです。

試合は、0対0のまま後半を迎えます。

グランドに出てきた日本チーム。

140928football (4)

後半のスタート。

140928football (7)

日本の応援団。

140928football (5)

韓国のレッドデビル。

140928football (6)

試合は韓国優勢で進みます。韓国チームの押し込む時間が長いです。

140928football (8)

「テーハンミングッ」の大歓声の中、日本は押し込まれます。



この日の観客は、4万人超。

140928football (9)

意外と、関係者席は空席が目立ちます。

140928football (3)

後半終了の直前、PKを取られ、韓国に先制されます。



そのまま、1対0で韓国の勝利。まぁ、韓国はオーバーエイジ枠もフルに使い、全力で勝ちに来ていましたから。

試合終了後、韓国選手は場内を一周。

140928football (10)

普段は終了後、即席を立つ観客も、日韓戦は別なのか、勝利の余韻に浸っています。

140928football (11)

さて、試合が終わり、観客は一斉に地下鉄駅に向かいます。

140928football (12)

いったいどのくらい時間がかかるのだろうか?

140928football (13)

地下鉄に乗ってしまうと、意外と順調。21時前には家に着きました。

日韓戦は、韓国人にとっても特別のもののようです。集客力もかなりあります。これから、主な競技は全て、定期的に日韓戦を行うようになれば、アジアのスポーツ界もかなり盛り上がると思います。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。