自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釜山の9食目は、サムギョプサルに戻っちゃいました
2014年 10月 01日 (水) 15:44 | 編集
今日から10月。ソウルの朝晩は、めっきり涼しくなりました。現在続いている釜山シリーズは、もうちょっとだけ続きます。

さて、9月14日、日曜日の夜、西面駅周辺です。初日の夜にこの辺りを散策して気づいたのですが、焼き肉の値段がやたらに安いのです。

140914sam (2)

1,500ウォンと言ったら200円しませんからね。でも、こんなに量が多いはずはありません。

140914sam (3)

どっちにしても、大した金額にはならないので、入ってみました。

日本人であることがわかったのか、日本語で書かれたメニューのところに案内されました。

140914sam (4)

なんか、日本語が微妙にわかりにくいのですが、まずは、1,900ウォンのサムギョプサル2人分と、前肢肉を2人分。

これが、1,900ウォンのサムギョプサルです。

140914sam (5)

1人分は何グラムなのか聞きましたら、100グラムだそうです。これじゃあという間に食べれそうです。

鉄板の上でキムチを焼くので、辛さが和らぎます。

140914sam (6)

肉を乗せます。

140914sam (7)

鉄板に傾斜がついてあるので、脂分がキムチを通って流れ落ちます。

140914sam (8)

すると、肉はカラッと焼け、キムチはまろやかになり、一石二鳥です。

140914sam (9)

薄い肉なので、ペロリと平らげますが、意外とこの薄い肉が美味しい。カリッと焼いて、食べやすいのです。

次に、前肢肉。

140914sam (10)

こちらは、肉も厚みがあるし、脂分も多いので、食べ応えがあります。

隣のテーブルを見ると、お兄ちゃんたちが、普通のサムギョプサルを焼いています。2,000ウォンの肉です。それを食べたかったのですが、メニューに2,000ウォンの肉はない。やむを得ず、生き生き三枚肉を2人分です。

140914sam (11)

多分、この「生き生き」とは、冷凍ではないよということを、言いたいのでしょう。

小さく切って、こんがりと焼いていきます。

140914sam (12)

カリッとして美味しいです。3種類のお肉を食べましたので、一人当たり300グラム食べたことになります。もうその程度で十分です。焼酎も、二人で2~3本は飲んでいますし。きれいに食べましたね。

140914sam (13)

締めは冷麺です。二人で半分こします。

140914sam (14)

冷たい冷麺が、サッパリとして美味しいです。

二人で飲んで、食べて、4万ウォンちょっと。安いし、美味しいし、文句ありません。これが釜山の実力なのでしょうか。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。