自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国のアイドル歌番組の公開生放送に潜入
2014年 09月 09日 (火) 15:01 | 編集
チュソクの前の出来事です。

いつもお世話になっている、韓国観光公社では、フェイスブックで、駐韓日本人ネットワークというものを組織し、いろいろな情報を提供しています。私も、つい最近知りました。

そして、今回は、9月3日の夕方に放送されるMBCのアイドル歌番組公開生放送に、日本人を先着10名招待するそうです。以前から、K-POPは一度見てみたかったので、早速応募しました。先着10名ですから、期待はしていなかったのですが、ばっちり当選し、見に行ってきたのです。

場所は、高陽市、KINTEXの隣の放送支援センター、スタジオです。18時放送開始の番組で、16時30分に集合です。

この日は、ソウルは大雨。バスは、道路が渋滞すると思い、地下鉄で向かいました。3号線の注葉駅で降り、徒歩で向かいます。高陽市は雨は小降りです。

途中、楽しそうなショッピングセンター?アミューズメントパーク?がありました。

140903mbc (1)

そして、ここから見えるのが、目的地のスタジオ。

140903mbc (2)

ただ、ここは公園の中、スタジオは道路の向こう。どこが公園の出口かわかりません。集合時間は刻一刻と迫ります。出口を探して歩いていると、どんどんスタジオから離れていきます。やっとのことで、スタジオに着きましたが、もう、汗だく。

140903mbc (3)

この日は、外国人デーだったようです。1階は、開場を待つ外国人で一杯。

140903mbc (4)

半分以上は中国人で、アジア系、欧米系もいます。

140903mbc (5)

16時30分過ぎ。受付で名前を告げて、中に入ります。中といっても、スタジオの中ではなく、外で待ちます。

140903mbc (6)

ここから、延々と待ちます。なぜ、待たなければならないのか?

韓国では、生放送の歌番組であっても、録画出演というものがあるそうです。これは、どういうことかというと、生放送でも事前に収録したビデオを放送するのです。ということは、生放送開始前に、事前収録しているのです。待っている時に、編集室で、編集作業を行っている姿が見えましたが、そういうことだったんです。

そして、事前収録の時も、観客が中に入るでしょうから、順番待ちです。

放送開始の10分前にスタジオに入ります。

140903mbc (7)

オールスタンディング。子どももいましたが、全く見えないので、床に座り込んでしまいました。

18時、放送開始。クレーンカメラが頭上を動き回ります。アイドルがステージの上に立ちます。

週末の歌番組を何度か見ていたので、グループ名も曲名もわかりませんが、聞いたことがある曲がかかります。ノリノリです。

あれ?曲がかかっているのに、アイドルグループがステージを下りて、次のグループが上がってきました。

この時点で、口パクだということがわかり、ちょっとしらけます。そもそも、テレビ放送では、事前に収録したビデオが流れています。同じ時間帯のステージ上は放送されません。ですから、別に、ステージの上では歌わなくても良いのですが、わざわざ歌って、いや、踊ってくれるのは、ファンのためでしょうか。

そう、登場したアイドルのすべてが、口パクです。「これは、実際に歌っているかな?」と思っても、曲の途中で、ステージからいなくなってしまいます。口パクも、上手な人もいれば、下手な人もいます。明らかに口が動いていない人もいます。これを1時間半見ても面白いのだろうか?どのタイミングで盛り上がればいいのかわからないまま、終盤を迎えました。

出てきたバンドは、ギターも、ベースも、ドラムも、歌もすべてがエアー。

新生KARAの登場です。会場が一気にわきます。ただ、一人のダンスが明らかに力が入っていない。

そして、最後はSISTARの登場。え、本当にSISTARなの?それもそのはず、4人組のSISTAR、ステージにいるのは3人だけ。しかもメインボーカルが不在なので、歌が聞こえてきますが、ステージ上で歌っている人はいないという状況。なんだこれ?

でも、目の前、わずか5メートルくらいのところで、KARAもSISTARも踊っているので、いいんです。生で見れたのですから。写真撮影は禁止なので、観客も最初は守っていましたが、終盤になると、スマホで隠し撮りする人も増えてきました。そして、カカオトークに書き込み。係員に制止された人もいました。

エンディングは、全員がステージへ。KARAは後ろの方にいるので見えません。そして、今日のチャンピオンはSISTAR。この番組、最後は本日のチャンピオンがもう一度歌っている途中で、放送が終わります。

テレビの前の皆さんは、4人で歌ったSISTARが、エンディングでは一人いなくなっているのに気づくはずです。

mbc ending

放送が終わると、すぐに撤収。

140903mbc (8)

スタジオを後にしました。

140903mbc (9)

このスタジオは、地下に駐車場がありますので、会場の外で、アイドルの出待ちをしている人はいません。

韓国のショービジネスの一端を垣間見ることができで、とても楽しかったです。最初は、オジサンが行っているのかとても心配でしたが、どう考えてもアイドルを見そうにないオジサン、オバサンもたくさんいて、中国人は旅行コースの中に、スタジオ見学が含まれているのでしょうか?

これからも、韓国観光公社のサイトからは目を離せません。早速、仁川のK-POPコンサートも申込をしたところです。仁川アジア大会の競技を観戦し、仁川の市内観光をするという日帰りツアーも募集していますが、残念ながら、その日は日程の都合が付かなくて、断念。また次の機会を期待します。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。