自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梨泰院のシゴルパプサン 全羅南道の家庭料理です
2014年 10月 07日 (火) 18:27 | 編集
梨泰院です。地下鉄6号線の梨泰院駅と漢江鎮駅の中間より、漢江鎮駅寄りにあります。ハミルトンホテルから、漢江鎮方面へ進み、IPブティックホテルを通り越して、日本の居酒屋さんの界隈を通り越してちょっと行くと、大通りからお店が見えます。

140904sigol (2)

2階もあるようです。1階は、テーブルが5卓。ちょっと狭いです。

140904sigol (6)

店内は土の壁に、昔、農作業で使ったような道具がぎっしり。

140904sigol (7)

ここは、本当にソウルなんですか?という感じです。

電球の傘は韓紙。雰囲気があります。

140904sigol (9)

そして、お母さん方が忙しそうに働いています。

140904sigol (8)

メニューを渡されます。なんたって、しゃもじですから。

140904sigol (1)

基本は、一番上のシゴルパプサン(田舎御膳)。一人8,000ウォンです。追加メニューから、ケランチム(卵料理)とクルビ(イシモチ)とパジョン。おばちゃんは、イカや豚肉の炒め物も美味しいよと言っていました。

その裏が、飲み物のメニューとなります。

140904sigol (5)

5人で行ったので、シゴルパプサンを5人前。ご飯とテンジャンチゲは一人に一つずつ。そして、小皿が5人分で28皿。野菜料理を中心に、豚肉や、豆腐や、ウズラの卵や、カキの塩辛や、チャプチェや、ジョンなどもあります。

140904sigol.jpg

一品ずつ写真を撮ろうかとも思いましたが、それだけで30分はかかるので、あきらめました。

140904sigol (3)

まさにお母さんの味といった感じです。韓国で、焼肉にあきた時にはちょうど良いと思います。物足りなさがあれば、追加の一品を頼めばよいのです。

140904paJPN.jpg

このパジョンも、薄い皮の上に、イカやエビがどっさり乗っていて、なかなかのものです。私たちは、真っ先にこのパジョンを食べてしまい。お皿を返したのです。そうしないと、テーブルの上に料理が乗っからないため。

そしたら、お母さん、パジョンをもう一枚持ってきました。違うよ、と言うと、お母さん、「注文したでしょ。」。「全部ちゃべちゃったよ。」。「あぁ、そう。」。忙しくて、わからなくなったのでしょう。黙って、もう一枚もらっておけばよかったかな。

飲み物は、ビールを数本、ドンドンチュを2甕です。

140904sigol (4)

このお店は、365日、24時間営業。隣のお客さんを見たら、回転が速いのです。お酒を飲んでいるというよりは、食事をする場所。1時間もしないうちに、次々と回転していきます。しかも、梨泰院らしく、5つのテーブルのうち、韓国人は1卓だけ。それ以外は、全部外国人という瞬間がありました。

座敷席に金髪の西洋人カップルが座り、くつろぎながら、シゴルパプサンとケランチムをしっかり注文している。不思議な感じです。

5人で食べて、飲んで、10万ウォンちょっとですから、気軽にいろんな味を楽しめると思います。

次は、ぜひ、イカ炒めと、豚肉炒めを食べてみたいです。

by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。