自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞衣島 島の最後は、釣り人観察
2014年 09月 04日 (木) 15:27 | 編集
島の最後は、ちょっとショッキングな写真から。

140831sima4 (1)

いくら風光明媚でも、こういうところを見るとガッカリします。

その、ごみ置き場の横の道を通って、島をあと半周します。

140831sima4 (2)

風通りのよさそうな海岸があり、寝そべっている人がたくさんいました。

140831sima4 (3)

木々の間から見える島がきれいです。

140831sima4.jpg

最後の登り坂を上っているところです。

140831sima4 (4)

その上には東屋があります。

140831sima4 (5)

そこを過ぎれば、橋が見えてきました。

140831sima4 (6)

約1時間で島を一周し、橋を渡って戻ります。橋の下では、釣りをしている人が多くいます。

140831sima4 (7)

橋のたもとには食堂が数軒あります。何か食べたいところですが、帰りの電車の時間が決まっているので、早め、早めの行動で、まず、船に乗って本土に戻ることを優先して考えます。

140831sima4 (8)
140831sima4 (9)

こちら側の防波堤でも釣りをしている人がたくさんいます。何を釣っているのでしょうか?

140831sima4 (10)

時間が許されるなら、島に民泊して、1日釣り三昧というのも良いかもしれません。さて、バスが来ました。バスに乗って船着き場まで行きます。

140831sima4 (11)

ここでも、バスに我先にと群がるオバサマ方に負けてしまいます。

140831sima4 (12)

船着き場までは15分くらいで着きました。帰りの船を待つ車の列です。

140831sima4 (13)

この辺りも、干潮で海の底が見えています。

140831sima4 (14)

船を待つ人たちもたくさんいます。

140831sima4 (15)

食堂で飲んでいる人たちもたくさんいます。

140831sima4 (16)

老人と船?

140831sima4 (17)

こちらは、漁を終えて帰ってきたところでしょうか・

140831sima4 (18)

船に乗り込み、出発。舞衣島が離れていきます。

140831sima4 (19)

カモメたちも名残惜しくて追いかけてきているのか?

140831sima4 (20)

カモメの向こうに飛行機が見えます。

140831sima4 (21)

船が着いたら、あとは、駅に向かって歩くだけ。バスもありますが、時間がわからないので、こういう時は、自分の足が一番確か。歩みの遅い韓国人をしり目に、駅まで黙々と歩きます。途中、やっぱり釣り人が多いのです。

140831sima4 (22)

列車の時間まで余裕があるはずだから、防波堤に寄り道です。

140831sima4 (23)

目の前でオジサンが釣り上げました。15㎝くらいのハゼのようです、釣り針を飲み込んでしまっているようで、なかなか取れません。

140831sima4 (24)

駅に向かう途中で気になった広告。

140831sima4 (25)

こんなに量が多くて、11,000ウォン!行ってみたい。

時間に余裕をもって、駅に着いたはず。ホームで列車が待っています。

しかし、自販機でジュースを買っているうちに、列車は行っちゃいました。時刻表の違うところを見ていたようです。

次の列車まであと40分。車庫から列車が出ていきますし、

140831sima4 (26)

次々と、仁川空港へ飛行機が降りてきます。

140831sima4 (27)

こんな感じで、空港鉄道に乗って出かけた、仁川の島めぐりも終わりとなります。


by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。