自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界遺産南漢山城でおじさんに優しくされる
2014年 08月 20日 (水) 17:37 | 編集
南漢山城の南門から、北に向かいます。

140815san2 (1)

城壁沿いに道が続いています。

140815san2 (2)
140815san2 (3)
140815san2 (6)

雲が晴れたら、日差しが強くなり、暑くなってきました。

140815san2 (7)

ダラダラと汗をかきながら、ベンチで休憩していると、隣に座ったおじさんが腕立て伏せを始めました。続いて、スクワット。私は汗が止まりません。

おじさんが、私に、玉ねぎジュースとブドウをくれました。暑いときは、冷たいものを首筋に当てて、冷やすといいそうです。おじさんは、保冷バックに凍らせた水や、冷やした果物をもってきています。キンパップは食べればダメなんだそうです。まず、暑い夏にはキンパップが悪くなる可能性があるし、暑くて食欲もなくなる可能性がある。こういうときは、冷たい果物がよいそうです。そう言いながら、おじさんは、ヤクルトを飲み、ゆで卵を食べています。そのほか、休憩中に30分くらい話していましたが、悔しい、話が早くて、細かいところはほとんどわかりません。

おじさんは、途中まで一緒に行こうかと誘ってくれましたが、ついていく自信がないので、そこでお別れしました。そして、私は、写真撮影へ。

140815san2 (8)
140815san2 (9)

ここが一番高いところです。昔の写真が残っています。

140815san2 (10)

三角点がありました。

140815san2 (11)

標高は495mです。素人の私には、このくらいがちょうどよい大きさです。

140815san2 (12)

林の合間から、城壁が見えます。ただし、城壁に沿って一周するとかなり時間がかかると思われるので、途中で城から出ることにしました。

140815san2 (13)

ソウル市内を臨みますが、空気が悪くて、よく見えません。

140815san2 (5)

この山の上の空気はきれいなのですが、街中の空気が悪いのです。

140815san2 (15)

ラーメンを売っています。さっきのおじさんによると、ラーメンも山で食べてはいけません。

140815san2 (14)

そして、西門。

140815san2 (16)

ここからも外に出られますが、ちょっと歩き足りないので、もうちょっと北に進みます。また、出口がありました。

140815san2 (17)

連珠峰甕城とあります。

140815san2 (19)

城から突き出ている物見のようです。

140815san2 (18)

てっぺんからは、ソウル市内を一望できます。

140815san2 (20)

そして、ここで、場外に出ました。

140815san2 (21)

標識は一応ありますが、

140815san2 (22)

肝心の分かれ道に標識がなかったりして、適当に道を選んで歩きますが、途中、迷って、山の中に入りました。大きなロスなく、また道に出ました。

湧水を補充します。

140815san2 (23)

栗の木です。

140815san2 (24)

これ以外にも、途中途中で、木の実なのか、山菜なのか、きのこなのか、拾いものをしている人が結構います。

林を抜け、道路に出ました。

140815san2 (25)

ここが登山道入り口だとは、なかなかわからないでしょう。

140815san2 (26)

道路に出たら人の後をついていきます。

140815san2 (27)

振り返ると、連珠峰甕城が見えます。

140815san2 (28)

下界では食堂が軒を連ねています。マッコリを飲んでいるようです。

140815san2 (29)

それ以外には、アウトドアショップがあります。

140815san2 (30)

そこから先も、人の後をついていきます。しばらく歩くと、地下鉄駅の表示があります。

140815san2 (31)
140815san2 (32)

地下鉄5号線の終着駅、馬川駅

140815san2 (33)

このコース、南漢山城までの上り区間は単調で飽きましたが、下り区間はあっという間でした。


by aero-K
関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/ 09/ 06 (土) 16: 37: 11 | | # [ 編集 ]
Re: ソウル登山
ありがとうございます。
ソウル近郊は、高くはなく、気軽に行ける山が多くてよいですね。
今年もあと何回行けるかわかりませんが、いろんな山に行きたいと思います。

2014/ 09/ 07 (日) 09: 52: 00 | URL | ソウルの達人への道 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。