自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界切手展示会に行ってきました
2014年 08月 11日 (月) 12:37 | 編集
8月9日土曜日、コエックスで開かれている世界切手展示会に行ってきました。入場料は無料。

140809stamp (2)

ちょっと地味な展示会ですが、だいぶ前から注目していました。

140809stamp (3)
140809stamp (4)

主催は郵便局なのかな?

140809stamp (5)

ステージでは、郵便関係のショーをしています。

140809stamp (6)

郵便制度を解説するコーナーもあります。

140809stamp (7)

この方は、韓国の郵便の先駆者ホン・ヨンシク氏です。

続いて、韓国の郵便の歴史です。

140809stamp (8)

日本統治時代は、日本のポストを使用しています。

140809stamp (9)

その韓国の郵便の歴史には、日本統治時代の歴史は記載されていません。この時代はすっぽりと抜け落ちています。

140809stamp (10)
140809stamp (11)

今度は、世界の国を切手に見立てた絵です。

140809stamp (12)

エジプトなんかとてもよく描けています。

140809stamp (13)

ここには、残念ながら日本の絵はありません、というか、探せませんでした。

こいったブースの外側には、コレクションが多数展示されています。コレクターの方には、こっちがメインです。海外からの郵便関係者も来ています。

140809stamp (14)
140809stamp (15)

世界各国の昔の郵便物が展示されています。わかりやすいところで、日本の郵便を探します。

これは、1871年だから、明治4年?の郵便です。

140809stamp (16)

次は、大正天皇の記念セット。

140809stamp (17)

これは、明治22年の京城の朝鮮総督府あての郵便です。

140809stamp (18)

次は、東京都内、霞が関にあったイタリア大使館あての封筒です。

140809stamp (19)

世界の切手コレクションの中では、私が好きだった、ロシアのフィギュアスケー選手、イリーナ・スルツカヤ選手のコレクションです。

140809stamp (20)

こちらは、現代の郵便物です。

140809stamp (21)

そして、この展示会の面白いのは、パスポートが配布され、世界の各ブースを回ると、千ウォンでそのパスポートに切手を貼り、消印を押すイベントが行われているので、夏休みの子どもたちが多数訪れてきているのです。

140809stamp.jpg

それから、郵便局では記念切手のシートを販売しています。ちょっと古い切手や世界の切手は販売ブースで販売しています。

チラホラ眺めているうちに、昔の切手少年の心がよみがえりました。小学校の頃は、切手収集がブームとなり、カタログを見ては自分の持っている切手の市場価値を確認。当時は、「見返り美人」とか「月に雁」とか高価な切手があり、デパートにも古切手を売っているお店屋さんがあったりしました。家の近くの駄菓子屋でも、なかに内が入っているのかわからない、くじ引きみたいな切手が売られていたり。お年玉を持ち、デパートに行って、ちょっと高価な切手を買ったりしていました。あの時に集めた切手は、まだ実家にあるのだろうか?

販売ブースを眺めてると、切手のほかにも紙幣、コイン、テレホンカード、郵便封筒、トレーディングカードなど、わかる人にしかわからない価値があるものがたくさん。

そして、自分もちょっと買いました。まずは、韓国の大統領切手シリーズ。

140809stamp (23)

まぁ、以前の大統領の切手シートは結構売っているのですが、価値はほとんど上がっていません。今の大統領はどうなるのでしょうか?

140809stamp_20140810121702f5f.jpg

そして、外国の切手店で見ていたら、日本の封筒に特殊消印が押されたものがありました。この特殊消印は、郵便局ごとにあるのですが、その封筒を見ていたら、その記念日のために特別に作られたものであることがわかります。

まず、ソウル線開設第1便記念の郵便。あて先は、ソウルの日本航空の私書箱となっています。今年は、日本航空のソウル線開設50周年です。

140809stamp (25)

次は、1959年のロサンゼルス線開設記念。アメリカから日本に出された郵便です。

140809stamp (26)

次は、1962年のジャカルタ線開設記念。

140809stamp (27)

これに注目したのは、貼られている切手が、国際文通週間の富嶽三十六景であったためです。この富嶽三十六景シリーズは価値が高かったのです。

そして、世界一周路線開設記念。

140809stamp (28)

自分が生まれる前に、飛行機で世界一周できたとは驚きです。

最後は、青森関連。

140809stamp (24)

なんと、青森国体記念切手。これは、実際に出された郵便ではなく、コレクターが、切手発売日に台紙に切手を貼って特殊消印を押してもらったものです。私も小学生の当時、記念切手の発売日をチェックして、記念封筒を通信販売で買って、といっても今のようにネットなんてないですから、雑誌の広告を見て、郵便為替で記念封筒を買って、郵便局に行って、切手を買って、特殊消印を押してもらって、というようなことをしていました。

青森からソウルに来ていて、そのソウルで青森国体の記念切手を見つけるとは、まして、青森国体のあった時は青森には住んでいませんでしたので、何かの縁を感じます。

ちなみに、この封筒は一通1,000ウォンか1,500ウォンですから、収集家には優しい値段です。

考えてみると、最近手紙を書いていません。手紙はこのように、時代を越えても残っているところが、今のデジタルとは違います。そういえば、以前は海外出張があれば、旅先から家に、絵葉書を出していたのですが、最近はそれもしていません。今度、子どもたちに絵葉書を出そうと思いました。

この他、紙幣も、板垣退助の紙幣や、戦争中の軍票などがあったのですが、どこのお店だったのかわからなくなり、時間切れです。

ちなみに、この展示会、12日(火)まで開催しています。

by aero-K

関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。