自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
済州JESPI 韓国料理ではない洋食
2014年 07月 29日 (火) 12:18 | 編集
済州の地ビールの店JESPIについては、前も紹介したことがありますが、今月の済州訪問でも、行ってきたのです。JESPIは済州道庁の近い新済州というエリアにあります。

一方、青森県からのご一行の宿泊するホテルはKALホテルで旧済州というエリアにあります。両地区の間はタクシーで20分くらいかかります。

KALホテルからJESPIに向かう時、タクシー3台に分乗。でも、運転手は誰もJESPIの場所を知りません。ホテルのエントランスからタクシーは動きません。ちょうど私も、JESPIの電話番号を持っていません、ブログにかかれている電話番号は違うものでした。ホテルのドアマンが場所を教えたのか、電話番号を教えたのか、何とか3台とも発車。

なぜか一番後に出発したはずの車が先に着き、後続を待ちます。記憶をたどって、なんとかたどり着きました。

今回はビールではなく、食事を紹介。

まずは、ガーリックパスタ。

140714chikin (2)

この大量のニンニクがゴロゴロ。うまそうでしょ。

次は、ソーセージとポティトゥ。

140714chikin (3)

ソーセージを食べたかったんですけどね、あっという間になくなって食べていないのです。

そして、お約束の鳥の丸焼き。

140714chikin (4)

こうやって見ると、ちょっとかわいそうに見えます。

140714chikin (5)

それを、手で豪快にちぎっていきます。

140714chikin (6)

まず、両足をもいで、

140714chikin (7)

胴体を砕いて、

140714chikin (8)

食べやすい大きさ位にちぎっていきます。そして、こうなります。

140714chikin (1)

この料理で、地ビールが進まないわけがない。2次会なんですが、ビールがどんどん進むんですよね。

ということで、カロリー過多にはなりますが、済州では、まず、済州の郷土料理を食べて、2軒目は地ビールがおススメです。


by aero-K


関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。