自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仁寺洞の穴倉のようなお店で、マッコリ
2014年 05月 25日 (日) 02:52 | 編集
金曜日、青森から30名の若者が、ソウルへやってきました。

韓定食で軽く食事をし、マッコリ・焼酎を飲み、お楽しみ抽選会で大盛り上がり。どっかで、見たことがある光景です。

「ソウルの達人を書かれている方ですよね。」、「えっ、何で知ってんの?」、「あれ見て、弘大に行きたくなりました。」。
なんか、うれしくなりますね。

さぁ、2次会。弘大(ホンデ)にでも連れて行くか、ホルモン焼きでも食べに行こうかと思ったら、みんな一緒に仁寺洞に行くとのこと。道に迷いながら、仁寺洞の路地を入っていくと、その店はありました。

140523izakaya (6)

これは、なかなか見つけることはできません。

140523izakaya (5)

私も始めてきました。

140523izakaya (11)

金曜夜のゴールデンタイムに、いきなり20名超が入れるほどの、店の広さ。

140523izakaya (8)

店内は、落書きだらけでびっくり。

140523izakaya (9)

忙しくて、テーブルを片づけることもできない。

140523izakaya (1)

ちょっと、待てよ。なんだあの金だらいは。あまりのインパクトに、ピントが合っていない。

140523izakaya (2)

酸味が強いマッコリは、いくら飲んでも酔いそうにありません。

140523izakaya (3)

酒のつまみには、ホッケの塩焼き。これには、白いご飯が欲しくなります。

140523izakaya (4)

どんぐりの寒天は、ヘルシーです。

140523izakaya (7)

豚肉の炒め物は、ニンニクのギリッと効いていて、食欲をそそります。

140523izakaya (10)

そして、何をいくつ注文したかは、アジュモニが覚えていないので、自己申告制。

食べて、飲んで、最後にお会計は、1人1万ウォンポッキリ。信じられないコストパフォーマンスです。これが韓国。

若者を引率して、清渓川を経由して、武橋洞方面へ。いったん解散したのですが、飲み足りない若者4人が、「飲みに行きたいのですがどこかいいところありますか?」。そう言われて、黙っているわけにはいきません。計6人を引き連れて、3次会へ。

とはいうものの、鐘路の屋台まで戻るのは億劫だし、12時を過ぎて、焼肉なんか食べられないし。武橋洞のコルベンイ(ツブ貝みたいな貝)の店へ。

「私、辛い料理大丈夫です。」なんてのたまうので、そのコルベンイの和え物を肴に、ビールを飲みます。一口、二口目まではよかったのですが、時間がたつと、口の中が火事。「これ以上は無理です。」。なんだか、勝ったような気分。そういう、オジサンもやせ我慢しているのです。次の日のお尻が心配です。

さて、ビールで辛さを洗い流し、若者はまだまだ飲みたいような感じでしたが、オジサン翌日の朝も早いのです。

近くのホテル組を帰し、残りは梨泰院1人と南大門2人の女子3人。

そこからが大変。まず、タクシーを拾えません。停まっているタクシーには「予約済み」と言われます。市庁前のプレジデントホテルまで歩いて行って、ホテルに帰ってきた人が乗ってきたタクシーに狙いを絞ります。1台来たので、乗客が降りたら直ちに、梨泰院女子を押し込みます。すると、同じタクシーを狙っていたアジョシが助手席に乗り込みます。アジョシは東大門に行きたい。相乗りでどうかと。このピンチに、運転手が「ダメだ」とアジョシを下ろします。そして、その運転手、「深夜料金なので3万ウォン」。それに対して、「女子なので、2万ウォン」と、意味不明の切り返し。2万ウォンで話がついたので、車を出させます。それにしても、深夜は、ボッタクリタクシーがいるんだ。要注意です。

その後は、全くタクシーが来ない。仕方がないから、南大門女子2人には南大門まで歩かせます。仁寺洞から南大門まで歩くなんて、多分、足が痛くなったと思います。ホテルへ送り届け、そして自分の番。

南大門の交差点でしばらく待ち、ようやくやってきたタクシーに乗って帰宅。メーターは5千ウォンで済むのに、「近くてごめんなさい」と1万ウォンを支払います。

ようやく家に帰ってきて、時間は朝3時。

次の日は、帰国する方の空港へのお見送りがあるので、朝5時半に自宅を出発。

若者にディープなソウルを経験してもらったのはよかったのですが、オジサン、体が持ちません。


by aero-K


スポンサーサイト
安くて、美味しい 鐘路ピンデトック
2013年 06月 30日 (日) 14:00 | 編集
久しぶりに来ました、鐘路ピンデトック。鐘路の普信閣の隣のお店です。
JDB (6)

JDB (1)
土曜日の夜9時半、店内では、家族連れ、友達同士、それぞれ、飲んだくれています。

ここに来た目的は、おいしい、ドンドンチュを飲むこと。
JDB (2)
中に、シャーベット状の氷が入っていて、冷えています。

この氷が解ける頃が、美味しくなるのです。
JDB (3)

つまみは、海鮮チヂミ。イカやカキ、ニラが入っています。カラッと焼き上げられていて美味しい。
JDB (4)

写真を撮る前に、箸が伸びてしまうので、すでに原形をとどめていません。食い散らかしています。
JDB (5)

それから、カキの塩辛。辛くはないけど、しょっぱいので、白いご飯を欲しくなります。
JDB (8)

そして、もやしとあさりのスープ。あさりからいいだしが出ていて、とてもおいしい。
JDB (7)

それから、もう一つ、キムチチゲも食べました。

美味しく食べて、美味しく飲んで、ドンドンチュもおかわりして、最後会計でビックリ。全部で42,000ウォン。
4人だったので、1人千円ちょっとですね。すごいコストパフォーマンス。お店が混む理由がわかります。




종로 빈대떡

서울시 종로구 관철동 256 TEL:02-725-7797



By aero-K

突然マッコリが飲みたくなる
2012年 02月 03日 (金) 08:30 | 編集
最近、日本でもマッコリがたくさん売られています。
チャン・グンソクは「ソウルマッコリ」のCMをしていたり、焼酎のイメージが
強いJINROもマッコリを出したり、青森でも、近くのカブセンター(地元の
スーパーです)で、済州島のオレンジマッコリが売られていたり。

けれども、私は、それらを買って飲みません。やはり、現地で飲むべきかというか、
そもそも、自宅ではお酒をほとんど飲みません。

その代わり、韓国に行くと、専らマッコリです。なんたって、ビールより安いので。

飲みに行くと、コンビニで売っているのと同じマッコリを出す店が多いですが、
ちょっと違ったマッコリにも会ったことがあります。

IMG_1151.jpg
ヤカンにマッコリを入れて飲むのは、基本中の基本だそうです。

114_20120131235840.jpg
仁寺洞の民俗酒場で飲んだときは、抹茶が入っていました。抹茶入りのマッコリは
いくら飲んでも酔わないそうです。といっても、アルコールは入っていますので、やはり
酔います。

IMG_3300.jpg
鍾路の居酒屋では、こんな大きな器に入っています。

どのくらい大きいかというと、
IMG_3302.jpg
こんな飲み方をする人もいるので、顔より大きい器であることがおわかりでしょう。

IMG_3299.jpg
マッコリを飲んでいると、辛いプテチゲを無性に食べたくなります。

あ~、また韓国へ行きたいな~

By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。