自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国プロ野球、えっ、そんなところに入っていいの?
2014年 07月 13日 (日) 12:18 | 編集
かなり前になってしまいましたが、5月31日(土)に蚕室の総合運動場野球場で行われた、ソウルジャパンクラブの教養文化セミナーからご紹介。

ソウルジャパンクラブでは、日本人駐在員やその家族向けに、韓国の歴史や文化などをわかりやすく解説する教養文化セミナーを年5、6回開催しています。

直近では、7月9日(水)に在大韓民国日本国大使館の相馬弘尚公使を講師にお招きし、現在のパク・クネ政権の課題から、日韓関係、北朝鮮問題まで、とてもわかりやすく解説していただきました。

5月31日(土)は、その内容がソフトなバージョン。前日の、30日(金)に「韓国プロ野球の伝え手」室井昌也氏を講師に、韓国プロ野球を題材に、韓国と日本の文化の違いについて講演していただき、31日(土)は実地で、室井さんの解説付きで韓国プロ野球を観戦、しかも、ソウルジャパンクラブ限定の特別企画ありです。

室井さんは、毎年、韓国プロ野球選手年鑑を発行されているほか、韓国のスポーツ新聞に毎週コラムを連載しています。

韓国プロ野球応援サイトストライクゾーンはコチラから
http://www.strike-zone.jp/

ということで、蚕室の野球場、チケット売り場に行列ができています。個人的に球場に行けば、この時点で、気持ちが少しなえますね。今回は、特別企画ですので、行列に並ぶ必要はないのです。

140531base (1)

球場の外では、試合開始前にいろんなイベントが行われています・

140531base (2)

それを尻目に、我々がやってきたのは、

140531base (3)

ホームチームのドゥサンベアーズのダッグアウトから、なんとグランドに入ってきました。しかも、試合開始前のとても忙しいときに。

140531base (4)

このようなことが実現できるのも、室井さんが球団に強力なコネを持っているからです。

私は、選手がどのような道具を使っているのか、気になります。グローブはミズノを使っているのか、

140531base (5)

それとも、バットはローリングスなのか?

140531base (6)

ベンチには、韓国プロ野球で公認されているバットのリストが掲示されています。日本のバットも公認されています。

140531base (9)

そして、救急セット。ピッチャーが爪を割ることがよくありますので。

140531base (7)

そしてこの方が、ドゥサンの監督、石山一秀監督です。石山監督は、日本の近鉄バッファローズでプレイされた後、韓国のサムソンに移籍し、現役引退後は近鉄のバッテリーコーチ、楽天のスカウト、2013年にドゥサンの二軍監督に就任、今年から一軍監督として指揮を執っています。

140531base (10)

石山監督には、試合前の忙しいところ、ご挨拶をいただき、快くサインにも応じていただきました。

グランドでは、ビジターのロッテジャイアンツがバッティング練習をしています。

140531base (12)

どうみても、野球選手には見えない、体格の良い選手。こちらの外国人選手もものすごいパワーでしょう。

140531base (13)

そして、今回の座席はテーブル席。

140531base (14)

ここは、チキンを食べて、ビールを飲みながら野球観戦するには最高の場所です。これも、室井さんが球団に掛け合って、まとまった数の座席を確保してくださったのです。

試合開始まではまだ時間があります。

場外では、チキンやハンバーガーの販売に余念がありません。

140531base (15)
140531base (16)

最近、韓国ではプロ野球は若い女性に人気があるそうです。確かに、試合開始前から大きなカメラをぶら下げた女子がいます。

140531base (18)

カメラのファインダーの向こうでは、

140531base (20)

選手がウォーミングアップ中。

こちらなんか、球団は違いますが、なんか、先輩と後輩のようですね。

140531base (21)

先輩「おい、最近かなり調子良いんじゃないの、ちょっとバット見せてよ。」
後輩「ハイ先輩、たまたまです。」
先輩「グリップが細めだねぇ。今日は、お手柔らかに頼みますよ。」

なんて、こんな会話が交わされているのでしょうか?

こちらの女子なんか、選手の会場入りを待っていたのでしょう、サインをゲットしたようです。

140531base (19)

バックネット裏では、スコアラーが準備しています。

140531base (17)

さて、試合開始前、先日サイクル安打を達成したドゥサンベアーズの選手の表彰式がありました。

140531base (25)

チームメイトに祝ってもらっているところをよく見ると、

140531base (27)

右から二人目、顔が黒くて分かりずらいですが、巨人・近鉄でピッチャーとして活躍された香田勲男さんです。現在はコーチをされています。

試合開始は午後6時です。チキンを買ってきて、ビールを飲みながらの観戦となります。

140531base (24)

日本の球場ではビール売りはお姉さんがほとんどですが、韓国ではほとんどお兄さんです。

140531base (23)

お菓子売りのアジュンマもいます。

140531base (22)

試合は、初回からロッテジャイアンツが打つわ打つわ、止まりません。

140531base (28)

[広告] VPS


これに対して、ドゥサンベアーズは、監督に恥をかかせられないと固くなりすぎたのか、ほとんどチャンスを作れません。

140531base (29)

なんか、元気のないドゥサンのベンチ。

140531base (30)

結局、この試合は、記録的な試合となってしまいました。

140531base (31)

写真では、先攻のロッテジャイアンツのヒット数(H)は28となっていますが、この後もう1本打って、最終的には29安打。武士の情けなのか、あと1本打てば、30安打だったのに。一試合での、最多安打記録となりました。

ところで、このときは、セウォウル号沈没事故の影響で、鳴り物入りの応援は自粛ということで、韓国プロ野球ならではの、応援団長とチアリーダーによる応援はありませんでした。それでも、球場はとても盛り上がっていましたし、静かに見ることができるので、この方が自分は好きですね。

[広告] VPS


ソウルジャパンクラブの今回の企画は、とても楽しい企画でした。せっかく、ドゥサンの帽子とユニフォームを買ったので、また球場に行こうと思います。


by aero-K

スポンサーサイト
ソウルの暑い夜は、スタジアムでナイターが一番
2013年 06月 09日 (日) 09:00 | 編集
暑い、暑い。6月になったばかりなのに、ソウルは30度を超えています。

私の部屋は、窓が1つあります。ただ、玄関のドアを開けないと、風が流れる道がありません。また、部屋が麻浦大橋に向かう道路に面しているので、窓を開けると、車の騒音がうるさいです。

前に住んでいた方からは、南向きなので冬は暖かいですよと聞いていましたが、夏のことは聞いていなかった。既にクーラーのお世話になっていますが、クーラーの効きが悪く、クーラーをかけていても、部屋の温度は27度もあります。

部屋にいても暑いだけなので、野球のナイターを見に行きました。

今日の球場は、木洞野球場。地下鉄5号線の梧木橋駅から、歩いて10分です。地下鉄を降りて、球場に向かう人の後をついていきます。

途中、フライドチキンを売っている人がたくさんいます。「人」の意味は、お店屋さんが出張販売しているのか、そこら辺のオジサンが自分で仕入れてきたものを売っているのかが、わからないからです。やけに売っている個数が少なかったりして。

球場が見えてきました。
ballpark (5)

チケット売り場に向かいます。
ballpark (7)

なんか貼り紙がありますね。
ballpark (4)

なんと、満員。Sold outです。
Ballpark.jpg

続々とスタンドに向かうファン。
ballpark (8)

せっかく来たのに。仕方がありません。今日の試合は、ホームのネクセンヒーローズ VS KIAタイガースです。試合開始時間は17時なので、子どもも来やすいのでしょう。仕方がないので、球場のまわりを歩きました。

KIAのチームバスが停まっています。
ballpark (3)

外野に行ってびっくり。この球場には外野席がありません。どうりで、満員のはずです。外野はブルペンになっていて、投球練習をしていました。
ballpark (2)

射撃場もありました。
ballpark (6)

ダフ屋らしきオジサンもいなかったのです。仕方がないので、駅に戻りました。

途中、現代デパートがあったので、寄ってみました。
ballpark (1)

地下の食料品売り場で、探していたホールトマトの缶詰を見つけたので購入。

韓国では、野球はまだまだ人気があるみたい。次回は、あらかじめチケットを買ってから、行こうと思います。


by aero-K




ソウルは夏が近し、野球の季節です
2013年 05月 25日 (土) 09:00 | 編集
5月22日は休日出勤の代休でした。お天気が良かったので、夕方からプロ野球のナイターを見に行ってきました。韓国ではテレビを見ていても、なかなかプロ野球中継がありません。地上波はドラマとバラエティー番組ばかりで、スポーツ中継はケーブルテレビで放送です。

行ったのは、蚕室総合運動場の野球場です。地下鉄2号線総合運動場駅の出口を出ると目の前です。
baseball 001

予備知識が何もないままに来ちゃいました。この球場は、LGツインズと斗山ベアーズのホーム球場なのでしょう、きっと。斗山は、東大門の「Doota」といえば、おわかりでしょう。

当日券を買う人で混雑しています。今日のカードは、ネクセンヒローズVS斗山ベアーズです。
baseball 002

野球場らしいオブジェもあります。
baseball 003

購入したチケットは、3塁側(ビジターチームのネクセン)の内野席、といってもレフトの前あたりの位置です。チケットは、なんと1万ウォン。内野席が千円、日本では信じられません。

そもそも、青森県内では、昭和の時代以降プロ野球の1軍公式戦が開催されていません。悲しいです!ですから、プロ野球を見るためには、札幌、仙台、東京などに行くしかない。今年は、久しぶりに楽天ゴールデンイーグルスの2軍戦が青森市と八戸市で開催されます。ソウルに来る前から、プロ野球の試合は見たかったのです。

球場の外には、ケンタッキーフライドチキン、バーガーキングなどがあり、みんな食べ物を確保して球場内に向かっています。私は、ドイツのビールとOBビールのロング缶を2本購入。

チケットのもぎりのお姉さんはいますが、チケットのバーコードをかざすとゲートが開きます。ここまでやるんだったら、もぎりはいらないと思いますが。
baseball 004

さあ、球場に入りましょう。
baseball 005

人工芝?天然芝?きれいな球場です。私の周りには、ネクセンのユニフォームを着たファンが多く座っています。
baseball 008
baseball 009

試合開始時間の18時30分まであとわずか。ホームチーム、斗山ベアーズのスタメン発表です。
baseball 019

両チームのオーダーです。
baseball 021

彼は、ネクセンのハンサム応援団長です。試合前の挨拶です。
baseball 024

さぁ、プレイボール。1回表ネクセンの攻撃です。いきなり、大音量の応援歌が流れます。びっくりしました。通常、日本の球場では外野席が応援団席で、トランペットや大太鼓で応援します。韓国では、私のいる内野席が応援団席のど真ん中。そして、音響機材を持ち込んで、大音量で応援歌をかける。応援団長が肉声で叫ぶ、飛ぶ、跳ねる、腕を振る。客席のファンも、叫ぶ、歌う、腕を振る。大変なところに座ってしまった。静かに野球を見れない。野球を見るというよりは、何かのライブに来ているみたい。
baseball 038

1回表の攻撃でネクセンは1点先制し、チェンジとなりました。すると、チアガールが出てきて、ヒットソングに合わせて踊る。PYSのジェントルマンだったり、4Minuteのイルミモエヨ?だったり。あきませんね。アメリカのプロスポーツみたいです。
baseball 027

なんか、写真の趣向が違う方向に行きそうで怖いです。
baseball 029

守備のときは、比較的静かです。ピッチャーが2ストライクに追い込むと、「サームジン(三振)!」と声援が上がります。

こんな感じで攻守を繰り返します。ちなみに、相手チームのスタンドは白一色。チアガールは4人います。
baseball 033

5回表裏が終わると、グランド整備が入ります。ベンチを温めている選手が出てきて、アップを始めます。日本ではあまり見ない光景です。
baseball 049

そして、試合も後半、6回からは観客が総立ちです。周りが立っているので、私も立たないと試合を見れません。申し訳程度の手拍子と、両腕ををV字に広げて、右、左と上空に突き出します。

応援にも法則があることに気が付きました。1番~3番、7番~9番バッターまでは、名前と安打、「ヒットを打て」と叫びます。読売ジャイアンツに例えれば、「長ー野、安打!」。4番~6番までは、「ホームランを打て」と叫びます。巨人に例えれば、「慎之介、ホームラン!」。3番バッターに対しては、ヒットだったり、ホームランだったり。ポイントは、下位打線には決してホームランを期待しないことです。序列を付ける韓国の文化を野球でも垣間見た気がします。

6回表、ファン総立ちの効果もあり、ネクセンは一挙に5点を取り、逆転です。

イニングの合間には、このようなキスタイムなどのイベントもあります。
baseball 054

女子が1対1でビールの早飲みをし、勝者にはビール一箱がプレゼントされました。

さて、ネクセンリードで迎えた、9回裏斗山の攻撃。斗山は1点返して、1アウトといった時点で、2本飲んだビールが我慢できなくなり、トイレに行き、戻ったら、既に試合終了。結果は8対4でネクセンの勝利。
baseball 058

ヒーローインタビューが始まっています。
baseball 072

スタンドでは、試合を盛り上げてくれた応援団長とチアリーダーの御挨拶。
baseball 066

いやはや、大変な応援だった。これが、韓国での野球観戦か。

雰囲気だけでも感じてもらいたくて、スマホで撮った動画を載せます。ファイル変換の関係で、真ん中に変なロゴがありますが、気にしないでください。
[広告] VPS


球場の外では、ファンが選手の出待ち。ユニフォーム姿の選手が次々とバスに乗ります。
baseball 075

ところで、試合終了は22時ちょうど。地下鉄2号線で帰ると、アパートに着くのが23時を過ぎてしまう。それから夕飯を作るのも大変だし、かといって、ビールは飲んだものの、食べ物はお腹に入っていないので、何か食べたい。そう思いながら、地下鉄の駅に向かっていると、ちょうどよくできています。売れ残りのキムパップを売っているおばちゃんが。寄ってみると、すでに、2パックを袋に入れて、2,000ウォン。素早いです。1パックでいいのに、2パックも。でも、明日の朝食べればいいかと、お代を払いました。その直後、おばちゃんは、「キムパップ、オーベゴォン(500ウォン)!」。ひょっとしたら、やられた?でも、たかだか200円だからいっか、と地下鉄に乗りました。

初めての韓国プロ野球、入場券が10,000ウォン、ビール2本で6,500ウォン、キムパップ2パックで2,000ウォン。全部足しても20,000ウォンに届きません。これはお得です。

お客さんも、家族、恋人、女性のグループ、私みたいなオジサン、女性一人など、様々。きっと、野球を観るというよりは、大きな声を出して、ストレスを解消して、帰宅しているのでしょう。

野球好きにはたまりませんね。

By aero-K



copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。