自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただ今、ソウルランタン祭り準備中です。
2015年 11月 03日 (火) 02:05 | 編集
6日に清渓川で始まる「ソウルランタン祭り」。去年から、「ランタン祭り」ではなく、別の名前になりました。

さて、昨日、11月2日は、それに参加する青森ねぶたと五所川原立佞武多の準備です。

朝、7時過ぎにホテルを出発し、紅葉が進む北漢山の麓を通って、ヤンジュ市の倉庫に向かいました。

倉庫で待っていたねぶた。

151102setup (1)

15トントラックが2台到着し、積み込みです。手配したトラックに積めるかどうか、第1関門です。これまで、何度も、トラックがちょっと小さかったり、高さが足りなかったりしました。

今回は、

151102setup.jpg

まず、五所川原立佞武多がぴったりのサイズで積み込み、

151102setup (2)

青森ねぶたは余裕をもって積込み終了。まずは、第一関門クリアです。

ねぶたがなくなり、ガランとした倉庫。祭り終了後、無事にまた倉庫へ帰って来れるのか?

151102setup (3)

トラックは、午後に清渓川へ到着するように出発。

次の関門は、清渓川に大型トラックが乗り入れることができるか、クレーンを使えるか、など、まだまだあります。

ヤンジュ市からソウルへ移動し、昼食を食べて、13時に清渓川。予定通り大型トラックが2台着いています。まず、積み荷をトラックから降ろします。

151102setup (4)

いよいよ、組立作業開始。まずは、五所川原立佞武多用の土台から運びます。

151102setup (5)

しかし、ここでお祭りの組織委員会が、ベースの向きを納得しません。あれこれ移動しています。

151102setup (6)

この設置場所が決まらないと何もできないので、計画変更。納得いくように決めていただいて、青森ねぶたから作業です。

まず、台座を設置します。

151102setup (7)

次に、ねぶたの人形と後ろの屏風を一気に運びます。

151102setup (8)

このねぶたの下にある2本の角材が大きな役割を担っています。それというのも、

151102setup (9)

角材を4本用意し、ロープを通して一気に吊り上げます。直径3.5㎝の角材が果たして重さに耐えられるのか、とても心配でしたが、何とか持っているようです。

151102setup (10)

ハラハラドキドキしましたが、角材が持ちこたえてくれました。無事に着座しました。

151102setup (11)

次の、立佞武多の組立は、去年と今年の日韓交流おまつりと、今回で3回目です。組立には、製作者の齊藤忠大が東京青山での仕事を終えて駆けつけてくれました。ちなみに、青森ねぶたの組立も齊藤さんです。齊藤さんなくしては、今回のミッションは完結できません。

まず、飾り台から行きます。

151102setup (12)

そして、倒れないように、四隅にワイヤーを張り固定します。

151102setup (13)

そして、人形部分。

151102setup (14)

最後に顔の部分になります。

151102setup (15)

現代的な超高層ビルを背景に浮かび上がる又鬼の顔。

151102setup (16)

胴体部分とドッキングします。

151102setup (18)

組み立てられた立佞武多。清渓川の上流を向いているため、真正面から見ようとすると、川の中の置石から見る必要があります。

151102setup (20)

その隣には、新作の青森ねぶた「不動明王」。

151102setup (19)

全体としてしては、こんな感じに見えます。

151102setup (21)

ちなみに、この場所はどこかといいますと、清渓川の広通橋の近くです。この近くに、去年はあった伊予製麺がなくなっていて、ビックリしました。

ちなみに、今回のお祭りで、五所川原立佞武多は退役、人形部分は破棄されることが決まっています。私には、もったいなく感じますが、これもお祭りの宿命です。

不動明王のドヤ顔。

151102setup (22)


by aero-K


スポンサーサイト
再びのソウルです
2015年 11月 02日 (月) 01:09 | 編集
前回のシリーズの報告が中途半端な形で終わってしまいました。

11月1日、ソウルへやってきました。

仁川空港到着後、まず驚いたのは、とんでもない数の入国待ちの行列。

151101lantan (3)

ここまで並んでいるのは初めてです。日中韓首脳会談の効果なのでしょうか?

入国審査に50分。その後どうなったかというと、

151101lantan (4)

電光掲示板にターンテーブルの表示はもうありません。どこにカバンがあるのか、探しました。

さて、今回は1週間の滞在でちょっと長くなるため、奮発して、西大門にあるレジデンスと呼ばれるホテルへ泊まっています。

151101lantan.jpg

部屋には、キッチンと洗濯機があります。向かいのビルは警察庁で、静かな環境です。ホテルへ到着後は、まず、両替をしに明洞へ行きました。

空港の両替所のレートは8.7。一方、明洞の中国大使館の前の両替所は9.43。こんなに違います。韓国旅行を検討している方には要注意です。空港での両替は最小限に!

明洞は今日も混雑しています。冬恒例のデパートのイルミネーションもすでに始まっています。

151101lantan (1)

それにしても、バナナフライ。食べる人いるのかな?

151101lantan (14)

ロッテデパートの前では、これまた恒例の電飾の並木道。

151101lantan (15)

冬到来も間近です。

ソウル市庁前では、何かのイベントが行われていました。

151101lantan (13)

寒空の中、びっしり埋まっています。

151101lantan (12)

それもそのはず。話をしているのは、あの人。

151101lantan (16)

韓国を代表するMC。SBSのヒーリング・キャンプにも出演している、あの人です。

寒空の中にも関わらず、清渓川にも熱い人たちがいました。

151101lantan (10)

川の中に足場があり、灯ろうを設置する準備を進めています。そう、今回ソウルへ来たのは、11月6日に開幕するソウルランタン祭りの準備のためです。今回は、青森ねぶたと五所川原立佞武多の2台を設置します。その作業を今日から始めます。

現場では着々と準備が進んでいるようです。

151101lantan (11)

こんなに早くから準備しているとは知りませんでした。

151101lantan (2)

待っていろよ、清渓川。

さて、1日の夕食。日曜日なので休んでいる店が多い中、食べたかったスンデを探しに、ホテルの近くを散策。

1軒見つけました。

151101lantan (7)

スンデスープ(特)にしてみました。8,000ウォンです。

151101lantan (8)

付け合せのキムチ。

151101lantan (9)

そして、沸騰したまま出てくるスープ。

151101lantan (5)

スンデとお肉がたくさん入っていて、食べ応えがあります。

151101lantan (6)

生のニンニクも一緒に食べ、疲れた体には効果てきめんです。

さて、今日は、これからヤンジュ市にある倉庫に向かい、ねぶたを搬出し、清渓川で設置作業です。


by aero-K


日韓交流おまつり2015 in ソウル グルメ編
2015年 09月 29日 (火) 12:45 | 編集
今日は、日韓交流おまつり会場内でのグルメ編です。

日本といえば、食品サンプル。

150920gurume (1)

販売していました。

150920gurume (2)

その場で作ってもいました。

150920gurume (3)

食品サンプル体験は面白そうです。

150920gurume (4)

長蛇の列ができていたのは、ソウル市鐘路の日本居酒屋「あいわ」さんです。

150920gurume (13)

作るのが間に合っていないようです。

150920gurume (14)

今回のお祭りには、ご当地グルメも参加していました。

150920gurume (11)

うどんは売り切れでした。

いなり寿司を買うことができました。

150920gurume (12)

いなり寿司は、その場で作っていました。

150920gurume (10)

それから、カレー屋さんも出展していました。

150920gurume (8)

香ばしいカレーのにおいがしていました。

150920gurume (9)

お昼ご飯は、スタッフ弁当ではなく、豊川いなりと、「あいわ」さんのエビフライです。

150920gurume (6)

カリッと揚げられたエビフライは身も大きく、

150920gurume (7)

豊川いなりもおいしかったです。

150920gurume (5)

日韓交流おまつり、文化に、国際交流に、グルメ、年々楽しさが増しています。来年は、どんなおまつりでしょか?


by aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。