自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬のソウルといえば、やっぱりイルミネーションでしょう
2015年 11月 29日 (日) 17:46 | 編集
久しぶりの更新となりますが、11月は、ソウルランタンフェスティバルの準備と撤収のため、11月1日~8日、11月22日~25日の2度ソウルへ行ってきました。

ランタンフェスティバルの会期が11月6日~22日だったので、オープニングと最終日に会場に行ってきましたが、11月のソウルにしては珍しく、どちらも雨降りだったため、会場で青森を十分にPRすることができませんでしたし、ランタンの写真を撮ることもできませんでした。

11月6日(金)、清渓広場には大勢の人ごみ。ランタンフェスティバルの開幕式です。ソウル市長や駐韓アメリカ大使などのVIPがズラリ。清渓川に下りる階段はすべて封鎖され、進むことができません。

151106lantan (2)

別の出口で、「スタッフだ」と言って、何とか入れてもらって、ねぶたの前へ。

151106lantan.jpg

今年2年目の五所川原立佞武多「又鬼(マタギ)」。

151106lantan (3)

そして、今年の新作、青森ねぶた「不動明王」。

151106lantan (5)

この時は気が付きませんでしたが、この不動明王、向かって左側の炎の電気が点いていません。この次の日、原因を究明するのが大変でした。

今年は、お祭りの組織委員会が、金・土・日だけ、アルバイトを雇ってねぶた衣装をきせるとのことでした。そのため、組織委員会にはねぶた衣装を4セット貸し出しましたが...

151106lantan (1)

日本人留学生が寒空の中、ねぶた衣装を身にまとっていましたが、これはねぶた衣装ではありません。ただの浴衣ですね。この着方は。でも、着付けの指導もできなかったので、やむをえません。せめて、日本らしさをちょっとでも感じてもらえれば。

通常、このランタンフェスティバルでは、ねぶたの前に祭衣装で立っているだけで、写真をバシャバシャ撮られます。ですから、私も、祭りの半天を着て、しかも、日中に床屋に行って、散髪と白髪染めもして、準備万端です。

151106lantan (6)

ですが、この日は最初は小雨だったもの、その後本格的に降り始めて、開幕1時間半で、バイトさんは撤収。仕方がないから、私も撤収しました。

151106lantan (4)

くそーっ、雨が降っていなければ...

さて、冬のソウルといえば、イルミネーション。明洞地区も、

ロッテデパート。

151106light (3)

こちらは、ロッテヤングプラザ。

151106light (2)

そして、新世界デパート。

151106light (1)

新世界デパートは、イルミネーションショーの始まりです。見ていて飽きません。



by aero-K

スポンサーサイト
旧正月の年休の明洞は
2015年 02月 22日 (日) 09:09 | 編集
今日(2月21日土曜日)のソウルは、朝から小雨交じり。KBSのお天気お姉さんが、午後から全国的に雨になりますと言っていたので、電車に乗ってのお出かけはやめて、家で勉強することにしました。韓国人を対象にアンケート調査を行って、その結果を分析し発表しなければならないので、そろそろその準備をしなければなりません。

さて、2月20日、ソウルに戻ってから、両替をしに、明洞に向かいました。日本のワイドショーでは、連日、春節が始まり中国人が銀座へ大挙し、お買い物をしていると報じられていましたので、ソウルではどうなのか気にもなっていました。

旧正月の連休だけあって、アパートの一階のキムパプ天国とパリバゲットもお休みです。

150220solnal.jpg

清渓川は、いつもより若干人通りが少ない感じ。川辺に座ったりして、気持ちはもう春ですね。

150220solnal (1)

武橋洞の飲食街も、お休みが多いです。

150220solnal (2)

ロッテデパート、いつの間にか、イルミネーションは終わっています。旧正月までやっていなかったんだ。

150220solnal (3)

それもそのはず、デパートは既に春です。

150220solnal (4)

春節をあてにした広告です。

150220solnal (5)

中国大使館の前の通りは、明らかに、普段より人が多いです。

150220solnal (7)

丸亀製麺なんかは、恐らく、中国人の家族連れで満員です。

150220solnal (6)

中国大使館前の両替所のにもたむろっています。両替所には日本人が多いです。中国人は銀聯カードを使うのでしょう。

150220solnal (8)

ちなみに、両替レートは9.26。1万ウォンが、92,600ウォンとなります。仁川空港の両替所が8.6くらいでしたから、市内の方が有利です。おそらく、市中の銀行は、これよりちょっと良いと思います。だけど、営業時間が決まっているので、両替所が便利ですね。

不思議と、両替所の隣にある中華料理屋は閉店です。中国人がたくさん来るのに閉店しているとは、中国人は韓国では中華料理店には行かないのでしょうか?

明洞の本通りは、人がいっぱい。

150220solnal (9)

中国人は多いですが、そのほかにも、韓国人、他の国の人々も多いです。屋台はどこも繁盛しています。人ごみの中、大きい串を持って歩くので、危ない、危ない。

リヤカーでマッコリを売っているおじちゃんがいました。明洞の中でリヤカーを引いています。

150220solnal (16)

そして、両替したウォンを口座に入れるためにきた銀行。その銀行には、

150220solnal (10)

大量のゴミです。

150220solnal (11)

分別はしていないだろうし、銀行にもごみ処理費用がかさむだろうし、銀行に実入りはあるのだろうか?そして、そのゴミを漁る人もいます。

150220solnal (12)

観光客が増える≒ゴミが増えるですから、下手すりゃゴミ処理費用ばかりがかさんで大変なことになります。

明洞にはいろんな屋台が出ていますが、私が注目したのはいちご大福。

150220solnal (13)

人が集まっているのですが、飛ぶようには売れていません。

150220solnal (14)

作っている過程の方に関心があるようです。

150220solnal (15)

ブルドックとバットマンも人気です。

150220solnal (17)
150220solnal (18)

明洞の中は営業している飲食店も多いですが、行列ができています。

150220solnal (19)

いつの頃からか、中央郵便局の前では労働組合の座り込みが続いています。

150220solnal (20)

何か食べたいので、南大門まで来ました。ガランとしています。

150220solnal (21)

遅くまで開いている通りにやってきて、

150220solnal (22)

何を食べるか迷った挙句、スンデクッとしました。

150220solnal (23)

薄い味付け。

150220solnal (24)

お肉はいっぱい入っています。

150220solnal (25)

ご飯には塩辛を乗せて、

150220solnal (26)

スンデクッ6,000ウォン。お得だと思います

この食堂、24時間営業だったのです。

150220solnal (27)

冬のソウルはイルミネーションがきれいです
2014年 12月 04日 (木) 15:24 | 編集
昨日は、仕事帰りに、カメラ片手にイルミネーションをパチリ。

まず、明洞のロッテデパートとロッテヤングプラザの間の道をウェスティン朝鮮ホテル方面へ。

141203light (1)

そのウェスティン朝鮮ホテル。

141203light (2)

それから、プラザホテルの横を通って、ソウル市庁の方面へ。

141203light (3)

ソウル広場には大きなクリスマスツリーができていました。

141203light (5)

みんなここで写真を撮っています。

141203light (4)

それから、清渓川にある東亜日報ビルの1階のスタジオでは、ニュース番組の生放送中?でした。

141203light (6)
141203light (7)

光化門の交差点にあるゴディバと

141203light (8)

ハリーズコーヒーの

141203light (9)

電飾がきれいです。

それから、アメリカ大使館の隣にある大韓民国歴史博物館のライトアップもきれいです。

141203light (10)

だけど、シャッターを押す手がかじかんでいました。


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。