自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昌徳宮にある教科書では習わない歴史 楽善斎(ナクソンジェ)
2012年 05月 13日 (日) 08:30 | 編集
今日も昌徳宮の話題を。
IMG_1359.jpg

ツアーの場合、だいたいこの辺りまで歩いてきて、昌徳宮の説明は終わり。
IMG_1349.jpg

宮廷内の他の建物は華美な作りですが、
IMG_1339.jpg

この辺りは佇まいが違い、
IMG_1348.jpg
IMG_1347.jpg

質素な作りです。
IMG_1342.jpg
IMG_1346.jpg

ここは、楽善斎(ナクソンジェ)。
IMG_1345.jpg
IMG_1344_20120504113800.jpg

そして、ここで説明されるのが、李方子(イ・バンジャ)さんの話。戦前の皇族である梨本宮から、朝鮮王朝最後の皇太子に嫁ぎ、戦後、夫とともに渡韓したのは1963年。その後、夫の亡き後も、楽善斎で過ごし、韓国の障害者福祉に尽力した。

こういう歴史は、教科書では勉強しないので、私たちはわかりません。歴史の大きな流れに身を任せることしかできないなかで、晩年は日韓の懸け橋として生涯を終えた李方子さん、心の中はどのような思いだったのでしょう。

この青い空は、ずっとその歴史を見てきたのでしょうね。
IMG_1356.jpg

By aero-K

スポンサーサイト
昌徳宮で見たちょっと気になるもの
2012年 05月 09日 (水) 08:30 | 編集
またまた、昌徳宮。といっても、昌徳宮そのものではなく、そこで見たちょっと気になるもの。

カートがいっぱい置いてあったのです。普段あまり見かけませんし、カート移動のサービスがあるという記憶はありません。
IMG_1300_20120503085448.jpg

近づいてみたら、車体に「G20 SEOUL SUMMIT 2010」のステッカーが。
IMG_1301.jpg

このときは2010年11月、ちょうどソウルに各国首脳が集まったサミットのまっただ中にソウルに行っていたのです。ちなみに、この時日本の首相は?鳩山さん?菅さん?あまりにころころ変わって覚えていません。正解は、菅さんでした。

世界文化遺産 昌徳宮は、サミットでソウルを訪れた各国首脳や、政府関係者の観光コースの一つだったのです。残念ながら、ここで各国首脳にお会いすることはありませんでしたが。


話変わって、ここは昌徳宮内のトイレです。たまたま撮ったのが女子トイレだったのであり、狙って女子トイレを撮ったのではありません。念のため。
IMG_1350.jpg

周囲の景観に合うように、茶色をベースにした落ち着いた外観となっています。世界遺産は、基本的には保護が前提ですので、当然周辺の開発行為も規制されます。きっと、コンクリートむき出しのトイレは景観に合わないと判断したのでしょう。

青森県は、今、北海道、岩手県、秋田県と連携して、三内丸山遺跡に代表される4道県の15の縄文遺跡の世界文化遺産登録を目指しています。ということは、世界遺産に登録されたあかつきには、三内丸山遺跡にも竪穴式のトイレができるのかな。

ちなみに、縄文ファンのHPはこちら。ぜひご覧ください。

こちらは、表示がないとトイレなのかわかりません。
IMG_1351.jpg

パッと見でわかる表示。最初に考えた人は偉いですね。
IMG_1352.jpg


そして最後は、こちら。ベレー帽の二人組。
IMG_1363.jpg

背中には「경찰특공대」の文字が。そうです、「警察特攻隊」。きっと、何かあるとすごい勢いで飛んでくるのでしょう。さすがに正面からは撮れなかった。

By aero-K

昌徳宮のオレンジのベストのお姉様
2012年 05月 08日 (火) 08:30 | 編集
昨日に続き、昌徳宮でいきます。

私が行ったとき昌徳宮で目に付いたのが、子どもたちの多さ。たぶん、小学生が校外学習や修学旅行で多数訪れているのでしょう。自国の歴史を学ぶことは大事ですね。
IMG_1297.jpg

ソウルの中心部にある世界文化遺産なので、子どもたちも来やすいのでしょう。
IMG_1326.jpg

子どもたちに説明しているのは、先生ではなく、オレンジ色のベストを着たお姉様。
IMG_1324.jpg

昌徳宮専門の有料ガイドのようです。遊びたがる子どもたちに大声で語りながら、興味を引きつけている。ベストには、HPのURLが印刷されていて、広告も上手。
IMG_1331_20120503082735.jpg

ただ見るだけとは違って、説明があると、頭に残りますよね。でも、子どもはやっぱり元気。子どもたちを集めるのは難しそうです。
IMG_1328_20120503082736.jpg

私は、個人旅行で昌徳宮に行くときは、他の日本人ツアー客にコバンザメのように張り付いて、何食わぬ顔でガイドさんの説明を聞いています。最近は、中国語のガイドさんが多くなった気がします。
IMG_1302_20120503083428.jpg

それにしても、この空の色のきれいなこと。東京にはこの空はないでしょう。
IMG_1287.jpg


By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。