自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウル駅3階のフードコートでスンドゥブチゲを食べた
2013年 09月 07日 (土) 09:00 | 編集
昨日は、釜山発20時のKTXに乗って、ソウル駅到着が23時頃。夕食を食べないで乗ったので、お腹が空いて、ソウル駅3階のフードコートに行ってみましたが、既に閉店。ケンタッキー、バーガーキング、ロッテリア、マクドナルドは開いてましたが、敬遠し、コンビニでキンパップとカップ麺とビールを買って済ませました。こっちの方が不健康だ。

さて、昨日は既に閉まっていたソウル駅3階のフードコート。ここ、私は結構好きなんです。
130901-1.jpg

メニューを見て、食べたいものを探します。
130901-2.jpg

この電光掲示板は韓国語と英語表記です。
130901-3.jpg

選んだら食券を買います。
130901-4.jpg

そしてできるのを待ちます。料理によってカウンターが違います。食券にカウンターの番号が書いているので、そのカウンターの近くで待ちます。
130901-5.jpg

できあがると、電光掲示板に番号が出ますので、取りに行きます。
130901-6.jpg

さぁ、ヘームルスンドゥブチゲです。ぐつぐつ煮立ったままで、渡されますので、湯気がすごいんです。
130901-7.jpg

だから、少し落ち着くまでは、食べれません。
130901-8.jpg

ヘームルですので、海鮮です。
130901-9.jpg

カニ、イカ、アサリが入っています。
130901-10.jpg

それから、スンドゥブなので、豆腐。
130901-11.jpg

辛さに慣れたんでしょうかね、あまり辛さを感じません。フードコートなので、キムチが少ないのは仕方ありませんが、味は十分美味しいです。これで、7,000ウォン。東京駅で、この値段でこの味を食べられるかと考えれば、すごく割安なことがわかると思います。

さて、このフードコートには、目立ちませんが、日本語メニューがおいてあります。

1番カウンターは、ビビンバ。
menu1.jpg

2番カウンターは、チゲ。時には、変な日本語あります。2-6のダイナミックシチュー、動態チゲって何?
menu2.jpg

3番カウンターは、どんぶり。
menu3.jpg

4番カウンターは、オムライス、カレーライス。
menu4.jpg

5番カウンターは、カルビタン。
menu5.jpg

6番カウンターは、ジャジャンミョンとチャンポン。
menu6.jpg

7番カウンターは、カルグクス。
menu7.jpg

8番カウンターは、ラーメン。
menu8.jpg

9番カウンターは、うどん。
menu9.jpg

10番カウンターは、冷麺。
menu10.jpg

11番カウンターは、とんかつとお粥。
menu11.jpg

12番カウンターは、キムパップとおでん。
menu12.jpg

13番カウンターは、定食です。
menu13.jpg

こんな感じですね。

ソウル駅にありますので、鉄道で旅行に出かけるとき、または、ロッテアウトレット、ロッテマートに買い物に来た時などに、便利です。どうぞお試しを。


by aero-K


スポンサーサイト
ぷらっと入ったお店のスンドゥブ(純豆腐)チゲ
2012年 05月 31日 (木) 08:30 | 編集
ソウルでよく行く食べ物横丁「武橋洞(ムギョンドン)」。晩飯食べたいしなぁ、お一人様だしなぁ。

ということでぷらっと入って、頼んだスンドゥブ(純豆腐)チゲ。
021_20120523211514.jpg

おかずもしっかりあって、満足です。
020_20120523211513.jpg

お味の方は、スンドゥブに外れはない、と思います。
022_20120523211512.jpg

中の具も、魚だったり、肉だったりしますので、毎日食べても飽きないと思いますね。

向かいのサラリーマン二人組が、やかんに入ったマッコリを飲んでいました。挑戦したかったけど、お一人様だしなぁ。

By aero-K

仁川空港の地下でも食べれるだよん、スンドゥブチゲ
2012年 05月 23日 (水) 08:30 | 編集
何度もお伝えしているとおり、仁川空港の地下にはフードコートがあり、そこでは名残惜しむかのように韓国料理を食べることができます。

場所は、仁川空港地下1F「FOOD ON AIR」(フード・オン・エア)

青森空港出発は、午前中ということもあり、フードコートの全てのメニューが食べられる訳ではありませんでした。

食べたのは、スンドゥブチゲ(豆腐鍋)。

韓国にはまった食べ物で、おひとり様御用達の食べ物です。


(以下、携帯カメラのため画像の悪さはご容赦ください)

DVC00807.jpg 

午前8時という時間と、地下1Fというマニアックな場所のため、一般のお客さんは少なく、空港関係者が朝食をとっていました。

DVC00802.jpg 

出てきました。

DVC00803.jpg 

真っ赤な鍋。おかずも4品ほどついてきました。半熟玉子入り。

DVC00804.jpg 

海鮮だったっけかな?アサリ、イカがごろごろ入っていました。

豆腐は、おぼろ豆腐よりも若干固めの一般的なものに近かった気がします。
また、色目ほど、辛くありません(もちろん辛いけど)。

DVC00806.jpg 

お行儀が悪いですが、ご飯にかけてもぐもぐいただきます。これが韓国流。

朝からかなり満足です。
盛り方も綺麗で上品ですし、味もまあまあ。

ただし、ソウル市内でふらっと入った専門店で食べたスンドゥブチゲのほうが美味しかったです。当たり前ですが。


青森便だと、このあと機内食が出るので、食べる量はほどほどにしましょうね。


by トド松っつぁん



copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。