自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仁寺洞の古宮で、石焼ビビンバ
2015年 10月 08日 (木) 12:34 | 編集
9月20日(日)、日韓交流おまつりCOEX会場当日、この日の昼食は会場内の出店で済ませたことは、既に報告しました。この日は、いろいろとあり、夕食は、ホテルでカップラーメン1個。

翌21日(月)は、初めての韓国ソウル。ソウルの歴史・文化をしっかりと学ぶため、景福宮の無料ガイドツアーの申し込みをしていたのですが、前日、遅い時間まで頑張っていたので、この日の朝はゆったり目、景福宮の無料ガイドツアーはキャンセルし、まっすぐ仁寺洞に向かいました。

その理由は、仁寺洞で昼食となっていたから。10時にホテルを出発し、鐘路3街から仁寺洞へちょっと歩き、そして、仁寺洞サムジキルに行きました。

150921lunch (7)

そこのインフォメーションを通りすぎ、

150921lunch (8)

階段を下ります。

150921lunch (9)

その途中の壁には無数の落書き。

150921lunch (1)

その突き当りにあるのが古宮(コグン)。

150921lunch (6)

古宮は、全州ビビンバの専門店。以前、明洞の古宮で全州ビビンバを食べたことがありますが、彩も味も良く、間違いはありません。

まずは、キムチを食べて、ビビンバを待ちます。

150921lunch (2)

もやしのスープも食べます。

150921lunch (3)

そして、今回は石焼ビビンバ。

150921lunch (4)

予算の関係上、韓牛を付けることはできませんでしたが、とても鮮やかな彩です。それを、一気にかき混ぜます。そうすると、

150921lunch (5)

こうなります。味は折り紙つきなので、コチュジャンを足して食べると、その辛味で汗をかきます。

やっぱり、韓国へ来たなら、一食は定番のビビンバを食べる必要がありますね。


by aero-K



スポンサーサイト
今まで食べた中で一番味のないビビンバ
2014年 05月 26日 (月) 15:00 | 編集
旅の中で食事が占める割合はどのくらいでしょうか?

人によって違うと思いますますが、私の場合はかなりを占めます。

日本から、「○○訪問団」といった行政や民間の関係者がお見えになることがよくあります。

中には、韓国が初めての人もいたりします。

私は、よくも悪くも、こういう方の韓国への印象はとても大事だと思います。

特に、満足度が足りなかった場合、「○○で頼まれて行ってきたのだけれど、全然ダメだった」なんて言われたら、「○○訪問団」自体がマイナスになってしまいます。

ですが、この「○○訪問団」、人数が20人程度になると、食事場所は本当に苦労します。

まず、分刻みのスケジュールを立てていますので、時間をかけることができない。

現地でお金を支払うのは面倒なので、お金は日本の旅行会社にまとめて支払いたい。

しかも、どこも予算が潤沢にはないので、できるだけ経費を安くすませたい。


さて、この前、水原に行った時の話。

まず、水原と言えば、「水原カルビ」が有名。ですが、昼食からカルビはちょっと重たいし、服ににおいも染みつくのでNG。焼肉はダメだとしても、カルビタンやカルビクッパのような手軽に食べられるメニューもあるのね。

まぁ、無難なところで石焼ビビンバということになったのでしょう。

連れていかれたのは、何年か前の視察の際に来たことがあるお店。

140522mesi (2)

その時の味の記憶はありません。ということは、特に感動もしなかったのでしょう。

140522mesi (3)

団体旅行で来るお店の味は、まぁ、予想通りですね。

140522mesi (4)

全体的に量は少なめ、上に乗っかっている野菜にはひと手間かけていない。

140522mesi (1)

コチュジャンを入れると、コチュジャンの味しかしませんわ。この石焼ビビンバというのが曲者で、だいたい、材料も調味料も同じなのに、美味しいお店とそうでないお店がはっきりします。

今回は、後者だったのですね。味がない。それでも、私は、以前、県知事に冷たい石焼ビビンバを出したことがありますから、それに比べればまだましな方か。

韓国料理の基本中の基本である石焼ビビンバでのがっかり感は、挽回するのがとても難しいです。もう、韓国料理のレベルは大したことがないと思っちゃいますから、それを覆すには、かなりのインパクトが必要です。

そもそも、店の選定に至るには、日本の旅行会社→韓国の旅行会社→ガイドさん→レストランという経路をたどるので、よほどしっかり指示しないと、ガイドさんはいつものレストランに予約するでしょう。そのレストランが美味しければいいけど、美味しくなければね。

本当に美味しいものを食べたければ、自分でお店を探すなりして、指示しなければだめですね。だいたいにして、「どっかいいところ」に対する答えがいいところであったためしがない。それとも、美味しいものはあきらめるか、のどちらかです。


by aero-K

これが本場全州のビビンバです
2013年 11月 07日 (木) 09:00 | 編集
10月下旬に行った全州。ビビンバで有名です。夜、車で連れられて行ったので、墓所はよくわかりませんが、「古宮談」というお店で、ビビンバを食べました。

この門をくぐると年をとりませんと言われ。

전주비빔밥 (2)

メニューは結構いい値段がします。
비빔밥(3)

料理はとても上品です。

전주비빔밥 (4)

おかずが数種類あります。

전주비빔밥 (7)

これは、干しタラの料理です。見た目ほど辛くはありません。

전주비빔밥 (8)

小さめのチヂミもお上品。

전주비빔밥 (5)

これは何だったかなぁ。いもかなにかのスープです。

전주비빔밥 (6)

そしてメインのビビンバ。白いご飯ではありません。既に味がついています。それに、海苔、豆もやし、ゼンマイ、卵、こんにゃくなどが入っています。

전주비빔밥 (9)

そこに、さらに、ユッケが乗っかります。ユッケビビンバの出来上がりです。

전주비빔밥 (1)

日本では、ユッケは食べることができません。貴重です。生の牛肉はモチモチしていて美味しいです。

ビビンバは、庶民的な味もいいですが、高級店のお味もいいですね。

このお店は、「古宮談」といいますが、明洞には「古宮」という全州ビビンバの名店があります。同じ模様のお皿を使ってたりするところをみると、関係があるのでしょうか?


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。