自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江原道 華川(ファチョン)のヤマメ祭りでニジマスを釣る
2015年 01月 26日 (月) 23:38 | 編集
最近、地方行脚のレポートばかりです。

今回は、25日の日曜日、江原道の華川(ファチョン)のヤマメ祭りのレポートです。

山村の町、華川に行くにはバスを利用することになりますが、江原道は年間を通じで道内の行事やイベントに合わせて、ソウルから外国人専用のシャトルバスを運営しています。

HPで会員登録し、申し込みました。人気が高いので、週末は予約終了、予約終了で、ようやく予約ができたのが25日の分です。申し込みをしても、すぐに乗れるとは限りません。申込数が多いと抽選になります。しばらくしてから、搭乗券がメールで送られてきました。これで確実に乗れます。利用料は1万ウォン。予約申し込みの時にカード決済したのですが、うまくいかなかったメッセージが出たので、ちょっと心配でした。

当日は8時に東和免税店前を出発です。7時50分までには乗車手続を終えるようにとの指示です。

150125fish (1)

7時45分にはバスの乗り込み、最後部の座席を確保しました。出発時間を過ぎても出発しません。ちなみに、決済がうまくされなかったのか、車内で5千ウォンを支払いました。

150125fish (2)

説明によると、2台目のバスが何かの手違いで来なかったようです。ほぼ満席のバスは8時20分に出発しました。途中、トイレ休憩があり、華川に着いたのは11時ちょっと前でした。

150125fish (3)

到着後、入場券売り場に案内されました。入場券は8千ウォン。5千ウォンの商品券が付いてくるそうです。

150125fish (4)

1万ウォン払ったら、お釣りに5千ウォンが入っていました。間違ったのか。外国人は特別料金なのか。

川を中心としたイベント会場です。一通り見てから釣りをするか、釣りをしてから見学するか。

150125fish (5)

向うに見える人ごみは、すべてヤマメ釣りをしている人です。

150125fish (6)

ただし、外国人の場合は、専用の釣り場があります。

150125fish (7)

ゆったりとしていますし、見ていると、魚を放流しているので、すぐに釣れると思いました。

150125fish (8)

なので、ちゃちゃっと釣って、それから見学しようと思いました。

釣ると言っても、釣竿はどうすればよいのか?ろくに説明を聞いていませんでしたが、入場券売り場の隣で、釣竿を販売していました。5千ウォンなので、もらった商品券を使います。

150125fish (9)

この中から好きなものを選びます。

150125fish (10)

全部同じように見えますが、ルアーの色が微妙に違うのです。それが、この後、あんなに響いてくるなんて。このハエたたきみたいな棒に糸と赤いルアーが付いています。

150125fish (11)

さぁ、釣り開始。

150125fish (12)

氷に穴が開いていて、糸を垂らします。偶然、日本人の知り合いのグループもいて、「どうですか、釣れましたか?」なんて、軽口をたたきながら。

周りでは、結構釣れています。

150125fish (13)

ニジマスよりも、ヤマメのほうがいいなぁ、なんて思いながら。

150125fish (14)

しかし、延々、竿を上げては下ろし、上げては下ろしを繰り返し、ルアーに動きを与えながら、誘います。何度か、ルアーを追いかけている様子が見えましたし、口に入れるのですが、針にかかりません。誘い方が悪いのかと、小刻みに誘ったり、大きく誘ったり。挙句の果てにルアーが石の間に挟まって、指導員に取ってもらったり、散々です。そうしているうちに、隣の女の子や、おじさんは、来たばかりで次々に釣り上げていきます。一体、何が悪いのか?

そんなことで2時間が過ぎ、もう釣れないのかと諦めていたところ、竿に重さを感じました。「よし、来たッ」。といっても、竿はちっちゃいので、糸を手繰り寄せます。かかっていました、針が尻尾に。食ったわけではないんだ。それでも、この際だからなんでもいいです。とりあえず一匹ゲットです。これが、13時過ぎ。

150125fish (15)

しかし、そのあとは、また、何の反応もありません。そうしているうちに、知り合いの知り合いが来て、「こっちは今放流したばかりで入れ食い状態です。僕はもう3匹釣ったのでこの竿を使ってみてください。」と案内していただきました。

確かに、ルアーの色が違います。私のルアーはピンク。釣れている人のルアーは、ゴールドかブルーです。これで、すぐに釣れるだろうと思いました。確かに、隣の穴では次々と釣り上げています。私の方は、サッパリ。

それからは、手当たり次第に穴を変えてみました。そして、14時過ぎ。魚が群がってきています。ルアーをゆらゆらと下ろしてやると、食いついてきます。魚と魚がぶつかっています。活性が高まってきたようです。しばらくすると、あたりがありました。糸を手繰ると、今度はしっかりと口にかかっていました。

150125fish (16)

そして、その直後、ルアーを落としこむと、すぐに反応がありました。突然だったので、ちょっとまごついて、糸を手繰り寄せ見えた顔が、大きい。しかし、その瞬間、口の針が外れてしまいました。昔からよく言います「逃がした魚は大きい」と。

それでも、その次にもあたりがあり、今度はうまく引き上げました。

150125fish (17)

一人3匹までという制限なので、これで終わりです。3匹を並べてみました。

150125fish (18)

入場券とともに袋をもらったので、3匹とも持ち帰ることとしました。

150125fish (19)

時刻は15時ちょっと前。バスの出発時間は16時。15時40分からバスに乗れるという案内です。早く行かないと、席がなくなるかもしれないので、周りを見学する時間は正味1時間ありません。急がないと。

150125fish (20)

改めて周りを見てみますと、いろんな国から来ているようです。バスも国ごとに、たくさんありましたからね。

150125fish (21)

釣り用具屋もあります。後でわかったのですが、ルアー釣り場が別にあったんです。

150125fish (22)

それにしても、一体何人きているのでしょうか。駐車場問題が深刻でしょう。

150125fish (23)

釣り上げた魚はその場で食べることができます。5千ウォンで、チリソース焼きかオイスターソース焼き。これにも商品券が使えます。

150125fish (24)

こちらは、アルミホイルの包み焼き。一匹3千ウォンです。

150125fish (25)

こちらの行列は、釣った魚を刺身に捌いてくれるところ。一匹2千ウォンです。

150125fish (28)

そのほか、巨大そり乗り場も人気でした。

150125fish (26)

それから、冬季スポーツの基本中の基本。スケートです。私も小学校の頃は、学校の隣の田んぼに水を張って、スケートリンクになっていました。

あと、寒中水泳ならぬ、寒中ヤマメつかみ取りもあるのですが、時間帯が合わずに見ることができませんでした。時間があれば、華川の街中にも行きたかったのですが、なにせ、魚が釣れるまで、延々4時間もかかったもので。

それにしても、このお祭りは韓国の冬の祭りとして定着しているようです。外国人への優遇といい、かなり予算がかかっているはずです。なんといっても、コツさえつかめば簡単に釣れるはずのマスが、なかなか釣れないところも面白いですね。

なんでも、もともと、鳥取県の(旧)関金町に視察に来て、このお祭りを始めたそうです。私が県庁で仕事をしていた時、十和田市をお祭りに招待しますと連絡が来て以降、気になっていたお祭りに来ることができました。心残りは、このお祭りには灯ろうもあるはずなのですが、それを確認できなかったこと。灯ろうといえば、日本では青森県ですからね。

帰りのバスは、ほぼ定刻通り16時過ぎに出発。江原道内の高速道路は、行楽を終え、ソウルへ帰る車で大渋滞。ノロノロ運転で、でも不思議と、トイレタイムのための休憩所を過ぎると、スイスイ。光化門の東和免税店前に到着したのは20時40分でした。

今回は完全防寒で行ったのですが、釣りをしている最中は気にはなりませんでしたが、帰って来たら急に風邪が悪化したのは言うまでもありません。

ということで、新年から続いた地方行脚は、いったんここで小休止。まだまだ行きたい地方はあるのですが、なにせ、3月末までは土日の数も限られていますので...気持ち的には一か月くらい休みを取って、国内隅々まで回りたいのですけど。あーぁ、なんでそうしてこなかったのだろう。後悔先に立たず。


by aero-K

スポンサーサイト
三陟の市場でイカ刺しを買い、ソウルへ帰る
2015年 01月 25日 (日) 20:13 | 編集
荘湖から歩くこと30分。次の集落の龍化に着きました。

150111fish (4)

きれいな砂浜です。

150111fish (1)

海水浴場でしょう。

150111fish (3)

そして、海辺にある建物で、スマホを充電。

150111fish (2)

この施設は何かと言うと、レールバイクの基地でした。レールバイクとは、以前あった鉄道の線路を使って、足こぎの車を走らせます。

150111fish (5)

団体用の大型バスは結構な頻度で走っていきます。

150111fish (7)

バスは15時半に通過予定。

150111fish (6)

来ました。

150111fish (8)

バスは、中央市場の前を通りますので、降りました。

150111fish (10)

市場のまわりを見てみます。港町なので、魚を中心に見ます。

150111fish (11)

これは、なんという魚だろう?

150111fish (12)

どれもこれも、新鮮でおいしそう。

150111fish (13)

アンコウもおいしそうです。

150111fish (14)

イカもおいしそう。

150111fish (15)

サバはちょっと小ぶり。

150111fish (16)

カレイは、煮ても焼いてもおいしそうだ。

150111fish (17)

このエビは刺身で食べれば美味しいだろうな。

150111fish (18)

色々迷いましたが、イカ刺しを1万ウォンで買いました。

150111fish (19)

そして、バスに乗る前にご飯を食べます。バスターミナルのすぐ近くにある食堂です。

150111fish (20)

その名前は「東海」。

150111fish (21)

メニューを見ると、結構、安い。

150111fish (22)

迷った時のカルビタンです。ちなみに、5,000ウォン。

150111fish (23)

器が、いつもソウルで食べるカルビタンと違います。

150111fish (24)

腹も膨れたことですし、帰りは眠っていきましょう。バスは、17時50分出発です。

150111fish (25)

東海に寄って、客が乗り込んできて、ソウルへ向かいます。

高速道路は渋滞によるノロノロ運転。トイレタイムで寄ったサービスエリアは大混雑。これは、女子トイレの長蛇の列です。

150111fish (26)

サービスエリアを過ぎると、道路は順調に車が流れ、22時頃に東ソウルバスターミナルに到着しました。

これで、今回の江原道旅行は終わりました。



by aero-K


海岸線を歩き、韓国のナポリ 荘湖に向かう
2015年 01月 24日 (土) 23:28 | 編集
男根、男根と続けちゃいましたけど、今でも村人たちは、毎年陰暦の1月15日と、10月の最初の午日(十二支の第7日)に男根を削って祠堂にかけて祭祀を行うそうです。

観光案内所で言われましたけど、海神堂公園は、日本人は引くけれど、外国人は喜んで見るそうです。感覚の違いなのでしょう。

さて、海岸線を歩いていきます。

150111sea3 (1)

冬でも、青い海に白い波はきれいです。

150111sea3 (2)

そして向ったのは、「韓国のナポリ」と呼ばれる荘湖地区。

150111sea3 (3)

遊歩道のような道があったので行ってみました。鉄条網があり、自由に海岸線に行けないのが、国境の街、江原道ならではです。

150111sea3 (4)

ただし、この道の先にあったのは...工事現場です。橋を作っているようです。こうやって、美しい景観が一つ失われていくんだ。

150111sea3 (5)

元の道に戻り、集落の中を進んでいくと、漁港がありました。

150111sea3 (6)

漁港の中では、網にかかった魚を外す作業をしています。

150111sea3 (7)

そんなに大きな港ではありません。

150111sea3 (11)

でも湾内は深そうです。

150111sea3 (9)

それにしてもこの魚、たくさん獲れているようです。

150111sea3 (10)

でも、私、正直に言いますと、この魚は何なのかわかりません。

150111sea3 (8)

釣りをしているオジサンがいました。

150111sea3 (12)

防波堤の先には行けません。監視カメラがありますので、見られています。

150111sea3 (13)

漁港に近いだけに、イカを干しています。

150111sea3 (15)

その先には駐車場があり、

150111sea3 (16)

なぜか、ロッククライミングの練習場。しかも、日陰になっており、なんか暗いイメージです。

150111sea3 (17)

そこは、日本海の荒波が押し寄せる海です。

150111sea3 (19)

だけど、その先は、立入禁止。

150111sea3 (18)

そこで、今来た道を戻り、橋の先に行ってみます。

150111sea3 (14)

この集落ではクジラ漁をするのか?

150111sea3 (20)

押し寄せる波が白い。

150111sea3 (21)

私、ナポリには行ってことがありませんので、どの辺が「韓国のナポリ」と呼ばれるのか、その由来はわかりません。黙って入れば、三陸海岸にも見えますし。

150111sea3.jpg

ということで、引き返します。

150111sea3 (22)

生干しイカを焼けば美味しんだよな。

150111sea3 (23)

せっかくだから、刺身でも食べればよいのだけど、なんだかお店が活気なくて。

150111sea3 (24)

きれいな砂浜がありました。

150111sea3 (25)

そして、海辺には民宿があります。

150111sea3 (26)

夏は、民宿に泊まって、海で泳いで、刺身を食べて。それでよいのでしょうけど、シーズンオフはどうしているのか心配です。

150111sea3 (27)

三陟の街には戻るにはバスに乗る必要があります。でも、バスの本数は少ないので、次の集落まで、山道を歩きました。


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。