自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
荷物に泣いた今回の出張
2015年 08月 09日 (日) 12:59 | 編集
7月19日に始まった、ソウル、台北への出張は7月23日に帰国しました。

帰国は8時45分台湾松山空港発のJAL便。ホテルを7時に出発しました。

150723plane (2)

今回の出張は荷物に泣かされました。青森空港出発時にスーツケースは35㎏ありました。日本酒を一升瓶が2本、四合瓶が3本ありましたので。私物はほとんどありません。

青森空港では、35㎏の荷物は預けることができない(係員が持てないため)と言われ、空港で段ボール箱をもらい荷物を分散しました。あまり重すぎるとダメなんだ。

ソウルから台北に向かう時は27㎏と7㎏オーバー。エバー航空は4㎏をおまけしてくれて、3㎏分のオーバーチャージを支払い。

そして、松山空港。24㎏まで減っていましたが、JALはしっかり4㎏分のオーバーチャージです。ミッション団なので、グループ全体では20㎏×人数分の重量に収まっているのでしょうが、チェックインは個人個人で行っているので、言い訳することもできず、オーバーチャージ分を支払いです。また、これを支払う時も、ここから先にあるからそこで支払って来いと言われるだけで、探していかなければないし、

150723plane (3)

手続きを代行する中華航空では時間はかかるし、今回、元が余っていましたが、このオーバーチャージでほとんどなくなりました。

150723plane (4)

1,871元。オーバーチャージは経費で落ちないので、自腹です。痛い!

さて、ホテル出発は7時。朝食は6時半から。ホテル料金は1泊朝食付き。ですが、ゆっくり食事をする時間はありませんし、ご飯の食べて、また部屋に戻って歯を磨いてというのも面倒くさいし。ということで、出発日のホテルの朝食は捨てました。もったいない。

機内食があるのはわかっていましたが、最後に空港の中で、もう一品台湾らしいご飯を食べました。

ということで、ワンタンスープです。

150723plane (5)

結構身が詰まったワンタンがたくさん入っていました。

150723plane (6)

機内食は、さすがはJAL。和洋中のバランスが取れています。

150723plane (7)

まずは、中華風に魯肉飯。

150723plane (8)

次は、和風に湯葉とおそば。

150723plane (9)

洋は、デザートがティラミスでした。

機内食が美味しかったので、オーバーチャージの怒りが少しは収まり、帰国の途に就いたのでした。


by aero-K


スポンサーサイト
今回の機内食と、機内から見えた白神山地
2013年 10月 14日 (月) 10:00 | 編集
飛行機に乗る楽しみの一つが機内食。今回、青森・仁川間でいただいた機内食はこれです。

まず、行きの10月10日(木)、大韓航空767便の機内食はコチラ。
131010 (4)

サンドウィッチとサラダ。190人乗り位のちょっと大きめの飛行機だと、温かい料理を詰めないため、サンドウィッチになります。このサンドウィッチがどうだというわけではありませんが、ちょっとがっかり。

次に、帰りの10月12日(土)、大韓航空768便の機内食はコチラ。ちなみに飛行機はちょっと小さめで140人位のタイプ。
131010 (3)

メインは、鳥肉を朝鮮人参とナツメで煮込んでいます。全然辛くはありません。飲み物はビールをいただきました。

10月は、大きめの飛行機と、小さめの飛行機がどっちも飛んでいますので、機内食にも当たり外れがあります。

さて、10月10日は、天気がよかったので、機内から地上がよく見えました。

青森空港到着30分前くらいは、秋田の上空にいます。下に見えるのは男鹿半島です。
131010 (5)

そこを通り過ぎると、八郎潟の干拓地が見えてきます。田んぼがきれいに整備されています。
131010 (6)

そして見えてくるのが、秋田県と青森県にまたがる白神山地。まだ紅葉は全くしていません。
131010.jpg

ここを通り過ぎてしばらく経つと、着陸態勢に入り、電子機器の使用はできなくなります。

帰りの10月12日には、日本海を飛ぶ飛行機が韓半島上空に侵入するところをパチリ。これは、どのへんなんでしょうかね。
131010 (2)

帰国の時は、前の晩遅くまで荷物の準備をしていますので、飛行機の中ではぐっすり眠ろうと思うのですが、いつも、窓の外の景色を見たり、機内エンターテイメントを見たり、新聞を見たりして、結局寝ることができないのです。


by aero-K


大韓航空の機内食
2012年 04月 02日 (月) 08:30 | 編集
家族4人でグアムに行ったことがあります。もちろん、青森空港発、仁川空港乗り継ぎの大韓航空便で。
当時の仕事は、青森・ソウル線の利用促進。身銭を切って、搭乗率を上げていました。

成田空港出発に比べれば、旅行代金は正直高い。でも、なんといっても便利なのは、車で家を出て、出発時間の1時間半くらい前に空港に着いて、チェックインすればよいこと。搭乗もすぐに始まります。そして、荷物は青森空港で預ければ、あとはグアムに到着した時にピックアップするだけ。仁川空港では手ぶらでよいのです。途中で荷物がなくなるなんて、トラブルは滅多にないので、心配ご無用。

往復で4回大韓航空便に乗り、機内食を4回食べました。今回はその機内食の違いを考察します。

青森空港を出発。
KE001.jpg

青森~仁川はいつもの機内食。
KE004.jpg
今日のメニューはお魚ですね。
KE005.jpg

子ども用にチャイルドミールがあるのです。パックツアーの場合は、あらかじめ旅行会社に頼んでおくとよいのです。子どもが好きなジュースや、ポッキー、プリン。辛い物がダメな子ども大丈夫。お子さんと一緒の方は、ぜひチャイルドミールをオススメします。
IMG_1261.jpg

KE002.jpg
おかずは、チキンのパスタでした。この鶏の胸肉に後から苦しめられることに...
KE003.jpg

仁川~グアム間は、大きな飛行機です。
KE006.jpg
ほぼ満席でした。
KE007.jpg

機内食は、青森~仁川に比べて、サラダが豪華です。そして、パンがありました。お肉は、こちらも鶏肉です。
KE008.jpg
ドリンクサービスは、CAがお盆にオレンジジュースとコーラを乗せて回ってきて、好きな方を取る方式。
「メクチュ ジュセヨ」とビールをお願いしましたが、忘れられてしまったみたい。結局、ビールは来ませんでした。

チャイルドミールには、フルーツ、マフィンもありました。
KE009.jpg
おかずはチキンナゲット。
KE010.jpg

帰りのグアム~仁川は、グアム出発が朝3時くらいだったかな。0時にホテルを出て、グアムの空港で延々待ちました。深夜なので営業している免税店も1カ所しかなく、そもそも、グアムの空港は小さい。ソファで搭乗時間を待ちました。深夜便なので機内食は軽めでした。私が食べたのはオムレツ。いわゆる”洋食”が出てくると、なんかうれしいですね。せっかくのリゾートなので、キムチ味とは離れたい。かみさんは、お粥を食べていました。
KE011.jpg
KE012.jpg

チャイルドミールは、ソウル~グアム便と同じ内容だったかな。

そして、仁川~青森の機内食はチムタクでした。またも鶏肉。
KE013.jpg
KE014.jpg

チャイルドミールは出発のときと同じチキンのパスタ。さすがに、こうもチキンが続くと、子どももあきてしまって、全部食べません。なので、残り物を大人が食べるのですが、この胸肉がのどにつかえてなかなか下がっていかず、全部食べるのが苦しかったです。魚料理だったら、魚によって味が違うので、何回か続いてもなんてことはないのですが。

大韓航空を使って仁川空港で同日乗り継ぎできるエリアは、東南アジアが中心で、まだ少ないですが、仁川空港発のアメリカ本土便やヨーロッパ便との接続ができるようになると、今以上に便利になります。

また、これから羽田空港の国際線が増えてくると、「仁川ハブ」と「羽田ハブ」の戦いは、もっと激しくなるでしょう。

By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。