自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西帰浦、お祭り、ヨットクルーズ
2015年 04月 19日 (日) 00:46 | 編集
ぜんぜん更新できていないにもかかわらず、ご覧いただきありがとうございます。前回の西帰浦ウォーキング大会、途中で終わっちゃったので、その続きです。

まずは、この滝から。

150327walk3 (2)

天帝淵瀑布。この時期は緑が少なくて、こんな感じです。

150327walk3 (3)

雨が降った後は水量が増し、きれいなんだそうです。

150327walk3 (4)

滝を後にして、田舎道を歩きます。

150327walk3 (5)

そして、桜並木がありました。

150327walk3 (7)

まだ咲き始めの桜並木。そして、桜並木の向こうには学校。このロケーションは、きっと日本人が植えた桜だと思います。

150327walk3.jpg

そして、みかん畑の中を歩きます。

150327walk3 (8)

山を歩き、海を歩き、街を歩き、畑を歩く、これが済州オルレの醍醐味です。

150327walk3 (9)

こんな感じで初日のコースは終わり、スタート会場へ戻ったのです。

150327walk3 (10)

その途中で、海岸線に出て、柱状節理帯が見えたのです。

150327walk3 (12)

この日は、歩き終わった後、いくつか行事がありました。まず、トクスリ村へ行き、村のお祭りを見学します。



最後は、みんな輪になって踊ります。

150327walk3 (13)

大連市の代表者と久留米市の副市長を加え、記念碑の除幕式がありました。

150327walk3 (14)

青森県も、どこかに記念碑を建ててもらえるほど、交流を深めないと。

150327walk3 (15)

これがその記念碑です。

150327walk3 (16)

それから向かったのは、ヨットハーバーです。

150327walk3 (18)

ヨットクルーズの体験なんです。キャビンには、軽食が用意され、ワインもありました。

150327walk3 (19)

大連チームも乾杯!

150327walk3 (20)

コンロでは、サザエの壺焼きの準備です。

150327walk3 (21)

いざ出港。

150327walk3 (22)

向ったのは、柱状節理帯です。

150327walk3 (23)

他にも結構ヨットがいるんです。

150327walk3 (25)

船上では釣り体験もできます。しかし、難しい様子。

150327walk3 (26)

このヨットにはカラオケも完備しており、グループで貸切にして、クルーズするのがよいでしょう。

150327walk3 (1)

ラグジュアリー感があるヨット体験でしたが、私が恩返しできるものといえば、宣伝だけですね。

150327walk3 (24)

by aero-K

スポンサーサイト
西帰浦、サーフィン、菜の花
2015年 04月 12日 (日) 00:26 | 編集
コースは、海岸線を抜け、中文観光団地の中を歩きます。新羅ホテルの前の騎馬警察隊は、記念写真を撮る人たちで人気です。

150328surf (1)

道路から海が見えますが、雲が多いのが気がかりです。

150328surf (2)

この大会は、今年で17回目です。最初は、ウォーキングのことを誰もわからず、見向きもされなかったそうです。今では、日本は久留米市、中国は大連市からも参加し、市や観光業界あげての大イベントになっています。

150328surf (3)

コースは再び海岸線へ。

150328surf (5)

サーファーもいます。

150328surf (4)

済州道らしく、ミカンやハルラボンの売店が出ています。

150328surf (6)

海岸線沿いに整備された道を歩きます。

150328surf (7)

きれいな海岸線が見えます。

150328surf (8)

よく見ると、サーファーがたくさんいます。青森のサーファーにも教えるべきですね。

150328surf (9)

コースはまた街中に向かっていきます。

150328surf (10)

済州島の春といえば、菜の花ですね。

150328surf (11)

ハイアットリージェンシーホテルが見えると、

150328surf (12)

桜並木を通って、

150328surf (13)

韓国館。馬肉料理のレストランがあるようです。

150328surf (14)

ホテルやミュージアムの間を通り、

150328surf (15)

ロッテホテルの前を通ります。

150328surf (16)

こんな立派なホテルには、これから先も泊まることはなさそうです。

150328surf (17)

そして、テディーベアミュージアムの前を通って、

150328surf (18)

中文リゾートの中にも、ウォーキングのコースがあるんです。

150328surf (19)

韓国は、ソウル市内はもとより、どこの街に行っても、ウォーキングコースの案内地図があり、標識があり、コースも足に負担がかからないように整備されているところも多く、途中にはトイレがあり、ウォーキングのインフラがよく整備されています。日本も、トレッキングやウォーキングで韓国人を呼びたいなら、このインフラの整備が必要です。

150328surf (20)

コースに入っていくと、済州ユナイテッドの選手たちがいました。5kmコースに参加したようです。

150328surf (21)

階段を下ると、そこは菜の花畑。

150328surf (22)

小川の両岸が菜の花畑です。

150328surf (23)

菜の花畑で写真を撮っている人たちも多いです。

150328surf (24)

菜の花ウォーキング大会の名前通り、きれいな菜の花です。

150328surf (25)

ここにも、騎馬警察隊がいました。

150328surf (26)

そして、ところどころで桜が咲いていました。

150328surf (27)

150328surf (29)

その後、しばらく歩いて、チェックポイントでハンコを押してもらいます。ウォーキング大会は、途中、チェックポイントがあり、必ずハンコを押してもらいます。そして、水の補給があったりします。このハンコがなければ、完歩証をもらえません。

150328surf (28)

そして向かったのは、

150328surf (30)

有料なんですが、大会にゼッケンを付けていれば無料です。

150328surf (31)

コース標識に従い、橋を渡ると、

150328surf (32)

下には渓谷がありました。

150328surf (33)

このまま橋を渡りきると、滝を見ることができない、そう思った私は、来た道を戻り、川に向かって、階段を下りていきました。


by aero-K


3月28日、西帰浦菜の花ウォークスタートです
2015年 04月 10日 (金) 01:15 | 編集
3月28日(土)、朝遅く起きたので、散歩する時間はありません。それでも、外に出て、ホテルの向かいの良い景色をパチリ。

150327start (3)

ホテルは高台にあるので、港に行くには、坂道を下ります。

150327start (1)

その途中の壁画。

150327start (2)

時間がないので、ホテルに戻って、食事をして、専用バスで大会会場へ。

150327start (4)

出発式の会場は、中文リゾートにある国際コンベンションセンターです。その駐車場には、電気バスがありました。

150328start.jpg

済州道は、いつの間に、こんなにクリーンエネルギーが整備されたのでしょうか?

150327start (6)

3月の電気自動車の展示会が開かれているので、電気自動車に力を入れているのはわかります。

150327start (7)

さらに、コンベンションデンターは、太陽光パネルに囲まれています。

150327start (8)

壁面にも太陽光パネルです。

150327start (9)

ウォーキング大会は、2日間にかけて行われます。

150327start (16)

出発式は、屋外の特設ステージで行われました。

150327start (10)

ホットドックイベントの準備中です。

150327start (11)

プロサッカーの済州ユナイテッドの監督と選手がサイン会を行っています。

150327start (12)
150327start (13)

韓国人選手の中から、将来、ヨーロッパリーグに行く選手がいるかもしれません。

150327start (17)

キティちゃんもあちこちにいます。

150327start (14)
150327start (15)

日本の総領事館も出展しています。

150327start (18)

日本酒と日本茶の試飲をしていました。最近、在外公館が地方のPRを盛んにしてくれるので、一昔前とはずいぶん変わったなと思います。

150327start (19)

ホットドックイベントの準備はできたようです。

150327start (20)


ステージの上では、済州ユナイテッドの選手がサインボールのプレゼントイベントを行っています。

150327start (21)

続いて、西帰浦市長、西帰浦観光協会会長、福岡県の久留米市副市長、ピンク軍団団長、中国の大連氏ウォーキング協会会長など、VIPが登壇し、出発式のセレモニーが始まりました。いつもは、私も、日本代表として登壇するのですが、西帰浦の大会は、久留米市が主役です。久留米市では4月にウォーキング大会があり、西帰浦の大会にも毎年、市の幹部やウォーキング愛好家など20名近く参加しており、長い交流の歴史があります。

150327start (22)

それから、VIPはホットドックの前に移動し、ホットドックに入刀して、テープカットイベントです。

150327start (23)

ホットドックはどうなったかというと、あっという間になくなりました。

150327start (24)

ステージ上では、再び、出発式のセレモニー。どらを叩いて、出発進行です。

150327start (25)

今回、私は20キロコースに参加です。

150327start (26)

それぞれ、マイペースでのウォーキング。

150327start (27)

中文リゾートのビーチが見えてきました。

150327start (28)


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。