自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全州の韓屋マウルは平日なのに観光客で一杯
2014年 12月 21日 (日) 17:25 | 編集
先週は、偶然、全羅道に行く機会が何度かありました。

まず、全羅北道全州市。韓屋マウルに行きました。

141217cheonju (1)

屋根にうっすらと雪が残っている韓屋があります。

141217cheonju (3)

雪が降った日の朝だともっときれいだと思います。

141217cheonju (2)

伝統的家屋を保存するエリアですので、改修している韓屋も多々あります。

141217cheonju.jpg

手作りの地図がいい雰囲気を醸し出しています。

141217cheonju (4)

迷路のような韓屋の路地裏には、民宿もあります。

141217cheonju (5)

「今日、部屋あります」と看板が出ています。

141217cheonju (6)

まず行ったのが、全州伝統韓紙院です。

141217cheonju (7)

昔ながらの方法で、紙を作っているそうです。

141217cheonju (8)

外には、原料や製品が置かれています。

141217cheonju (10)

それから、髪で作った服なども飾られています。

141217cheonju (9)

建物の中では紙をすいています。

141217cheonju (11)

作っているのは白い紙と黄色い紙。
141217cheonju (12)

こちらは白い紙。

141217cheonju (13)

こちらは黄色い紙。

141217cheonju (14)

紙をすいて、一枚一枚乗せていきます。

141217cheonju (16)

これで一枚一枚分かれているのか不思議です。

141217cheonju (15)

そして、アイロンみたいな台の上で乾かします。

141217cheonju (18)

そうすると、ちょっと厚みのある韓紙のできあがりです。

141217cheonju (17)

こんな感じ。

141217cheonju (19)

全州では韓紙を作る職人が多かったそうです。なぜ、全州だったのか?韓紙は高価なもので、全州には裕福な貴族たちが多かったのだそうです。

次に向かったのは、朝鮮王朝の太祖 李成桂の肖像画がかけられた慶基殿に向かいました。

下馬碑と言われ、ここで馬から下りなければなりません。

141217cheonju (33)

柱の根元が白くなっています。それは、この正殿は雲の上にあるということを意味しているそうです。

141217cheonju (20)

また、真ん中の道は歩くことができません。

141217cheonju (21)

そして懸っているのが太祖の肖像画です。

141217cheonju (22)

これは複製ですが、当時の男子の平均身長は130㎝位。李成桂は180㎝以上あったそうですから、巨人ですね。ひげが薄かったことがコンプレックスだったそうです。

141217cheonju (23)

慶基殿から聖堂が見えます。

141217cheonju (24)

1914年に建てられたもので、ロマネスク様式とビザンチン様式を重ね持つ、韓国で最も美しい建物と言われているそうです。建築したのは、明洞聖堂を建築したのと同じ人だそうです。

141217cheonju (25)

聖堂の中は、ステンドグラスの礼拝堂となっています。

141217cheonju (26)

それにしても月曜日の昼だというのに、韓屋マウルは若者たちでにぎわっています。韓屋マウルは、韓国の伝統文化を体験できる場所なのですが、若者たちにとっては、韓国の伝統文化は、もはや外国文化と同様に、ここで初めて知る文化になっているそうです。ですから、外国の文化を知るのと同じような感覚で、韓屋村にも来るのだそうです。ひときわ並んでいるお店があります。

141217cheonju (27)

行列はどんどん長くなります。

141217cheonju (28)

その先にあったのは、焼きチーズ。

141217cheonju (29)

全羅北道イムシル郡はチーズの里として知られています。そこで作ったチーズの販売店です。焼いたチーズにはブルベリーのようなソースをかけて食べています。ちょっとこの人数では、並ぶ気がしません。

そしてこちらも行列。

141217cheonju (30)

こちらはタコの串焼きです。

141217cheonju (31)

すごい炎です。美味しくなるのでしょうか?

141217cheonju (32)

韓屋マウル。伝統家屋とはいえ、古めかしくなく、オシャレなんですよ。そんなところも、若者が集まる理由なのかもしれません。


by aero-K


スポンサーサイト
今日が私のデビュー戦です~食欲の秋
2014年 09月 24日 (水) 15:23 | 編集
連日熱戦が繰り広げられる仁川アジア大会。ここのところ、ずっと釜山の食シリーズで、仁川アジア大会には触れていませんが、開会式を見に行きましたし、柔道も見てきました。ブログ更新のスピードが追いつきません。

そして、今回のアジア大会、日本選手団は若手中心に編成したと聞いていますが、今日は私のデビュー戦なのです。

というのは、先日、韓国観光公社在韓日本人ネットワークがブログ記者団を募集していました。韓国観光公社が主催する視察ツアーがあることは、以前から聞いていましたが、どうすれば参加できるのかわからなかったところ、今回募集があったのです。

ただ、週末の仕事が多いため、十分な活動ができるのか、思いは逡巡しましたが、応募したら、なんと、「韓国観光公社在韓日本人ネットワーク第2期ブログ記者団」に選ばれたのです。

ブログ記者団は何をするかというと、まず、毎月お題を与えられて記事をブログに書きます。また、月に1度はモニターツアーがあり、その体験をブログに書きます。活動期間は12月末まで。

んー、残念。もっと早くブログ記者団に出合いたかった。ということで、12月末までの活動に参加することになりました。

記者団は、AチームとBチームのいずれかに所属します。残念ながらKチームはありません。

早速、9月のモニターツアーが月末にあるのですが、9月27日は、日韓カラオケ大会の予選。私は出場者ではなく、運営要員ですが、日韓の政治がぎくしゃくしている中、今回の大会にエントリーした韓国人と日本人は、なんと合計170組以上!予選会だけでも10時間近くかかると想定しており、9月のモニターツアーは不参加です。

そして、9月のお題は、「○○の秋」。芸術、スポーツ、食欲、読書。冒頭のアジア大会からすれば、スポーツなのでしょうけど、実際にスポーツはしていないし、まるで絵心はないし、韓国語の本を読めるほど韓国語はできませんし。やっぱり、食欲でしょう。

そもそも、昨年の秋、特に11月は、急きょ、福島原発の風評被害払しょくのための観光PRイベントが、毎週末に、ソウル、水原、大田、仁川で開催され、全部仕事に行ったため、韓国での紅葉を見ることもなく、冬を迎えた記憶があります。

そんな秋の中でも記憶に残っているのが、全州のマッコリタウンです。

140923CHEONJU (2)

まぁ、去年も紹介しましたけど、マッコリを頼むと、次から次へと料理が出てきます。

140923CHEONJU (3)

マッコリも上澄みの部分なので、悪酔いすることはないそうです。

140923CHEONJU (4)

この写真は、試合終盤のもの。食べては、持ってきて、食べては、持ってきて、しまいには、テーブルの上に乗らなくなります。食べるのにも、体力が要ります。まさに、店と食いしん坊のフードバトルです。

140923CHEONJU (6)

これから美味しくなるのは、秋の味覚のサンマ。韓国でもサンマの旬は秋なのだろうか?今度、確かめてみます。

140923CHEONJU (5)

そして、冬にかけて美味しくなっていくカキ。

140923CHEONJU (7)

いやー、写真を見ているだけで、よだれが出てきそうです。

それでもって、このときの試合はどうだったかというと、1回戦で手作りチーズピザという強敵を辛くも退けたものの、2回戦のマッコリタウンはあえなくKO負け。かなり残してしまいました。

今年の秋は、是非、再戦していただき、今度は、こちらがKO勝ちにしてやろうと思います。

ちなみに、10月23日~26日は、全州ビビンバ祭りが開催されます。
http://www.bibimbapfest.com/f_14j.htm(ホームページ 日本語)

なんといっても、全州は、ビビンバの発祥の地。昼はビビンバ、夜はマッコリ。全州は、韓国の食の鉄板ですね。

てな感じで、私のブログ記者団デビュー戦はこの辺で終わることにして、合格点はもらえるものでしょうか?文章を書くのは苦ではありませんが、写真の知識も技術もないのでねぇ。

ブログ記者団用バナー

韓国観光公社在韓日本人ネットワーク
フェイスブック:https://www.facebook.com/japannetwork
アメブロ:http://ameblo.jp/ktojapannetwork/

by aero-K


全州の2日目は、韓屋村の踏査だった
2013年 11月 04日 (月) 10:00 | 編集
楽天ゴールデンイーグルス、日本一おめでとうございます。私のマンションは、NHKのBS1が入るので、夕べはライブで試合を見ていました。巨人ファンの私には、どっちを応援すればよいか微妙でしたが、楽天が勝って良かった。今年は、楽天の2軍公式戦が青森でも開催されましたし、おそらく、シーズンオフには選手が青森にも優勝報告にくるので、まだまだ盛り上がりは続くでしょう。

さて、全州。宿泊したホテルのすぐ裏が、韓屋村でした。

131025jonju1.jpg

高台から見渡すと、瓦屋根の韓屋が数多くあることがわかります。

131025jonju2.jpg

全州は、世界で4つのスローシティーのうちの1つだそうです。

131025jonju3.jpg

約2時間かけて、ゆっくりと歩いてまわります。

131025jonju4.jpg

コックさんがたくさんいたので覗いてみました。

131025jonju5.jpg

イベントの準備中のようです。

131025jonju6.jpg

韓定食が並べられており、その中にビビンバの展示もありました。国内各地で、ビビンバに違いがあるようです。

131025jonju8.jpg

こちらは、ご当地全州のビビンバです。

131025jonju7.jpg

ちょうど全州ビビンバ祭りの期間中で、通りでは、料理の展示の準備中です。

131025jonju9.jpg

色鮮やかな料理が展示されています。イミテーションではなくて、本物の料理をロウで固めたものだそうです。

131025jonju10.jpg

ところどころにあるオブジェも料理と関係のあるものです。

131025jonju11.jpg

ビビンバ祭りでは、巨大な鍋でビビンバを作り、大勢の人で分けて食べるんだそうです。

131025jonju12.jpg

まだ朝早いので、観光客はまばらですが、昼にかけて増えてくるそうです。

131025jonju13.jpg

韓屋の間を歩いていきます。

131025jonju14.jpg

ここのお宅は、以前、金大中氏が大統領時代に訪れたお宅だそうです。

131025jonju18.jpg

ハンアリがたくさん並んでいて、韓国らしい光景。

131025jonju15.jpg

この家をずっと見守ってきた、立派な木です。

131025jonju16.jpg

風通りがよさそうなお宅です。

131025jonju17.jpg

韓屋を利用した、おしゃれなカフェもあったりします。

131025jonju20.jpg

ここの韓屋村は、仲の良い友人同士が、気持ちの赴くままに、ブラブラ歩くには、最適の地だと思いました。

131025jonju19.jpg


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。