自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梨大 なんときれいな・・・
2014年 07月 28日 (月) 11:31 | 編集
いつもは学校帰り、暗くなってから通るので、その美しさには気が付きませんでした。この間、昼に通ったら、なんときれいな。
別に、特定の人がきれいだなんて言っていません。場所です。場所。

140724ide (2)

ここは、わかる人にはわかるでしょう。梨花女子大学です。景色がきれいなので、写真を撮っている人がたくさんいます。

地下鉄2号線梨大駅の方面から坂を下り、キャンパスに入ると、鮮やかな緑色、濃い緑、薄い緑、黄緑が目に飛び込んできます。

140724ide (4)

この日は雨の日でしたから曇り空なんですが、晴天だともっときれいだと思います。

ただ、ここは女子大。中年のアジョシがカメラを持ってウロウロしていては、いかにも怪しい。なので、控えめに、スマホで撮影です。

140724ide (1)

都心のど真ん中に緑が残っていることに感心します。

140724ide (3)

こんなきれいなキャンパスで勉強できるなんて、さぞ、勉強に身が入るだろうと思いつつ、冬になると、延世と梨大のスタジャンを着た二人が歩いていたりして、つくづく環境がいいなと思うのであります。

それに比べて、わが母校ときたら、学生寮で飲酒して全員退寮になるとか。飲みすぎて周りに迷惑をかけるバカな学生もバカだが、大学も大学だ。ふつう、未成年とは言え、大学生は酒を飲むでしょ。私だって、だ学生の時は救急車に2度乗りましたよ。いぇいぇ、看病する方で。こっぴどく叱られましたけどね。

韓国では、お店では学生は身分証の提示を求められるので、未成年はお酒を飲めません。一方、大学の寮ではお酒を飲むことができるのかどうか?学内のコンビニではお酒を売っているのか?今度調べてみようと思います。


by aero-K


スポンサーサイト
春の陽気に誘われて、新村から明洞まで散歩
2014年 03月 23日 (日) 09:00 | 編集

いまだにバスの運行経路がよくわからなく、昨日も事務所に行くためにバスに乗ったが、途中から想定外の道を行き、新村に向かっている。仕方がないので新村でバスを下り、天気がとてもよかったので、明洞まで歩いてみた。

梨大を過ぎると、道の両側にウエディングドレスの店が並んでいる。

140322haru (1)

ウエディング通りだ。

140322haru (2)

ガラスがピカピカなので、鏡のように反射して、ドレスがよく見えない。

次は、地下鉄2号線のアヒョン駅周辺。

140322haru (3)

小さな市場があった。キョロキョロ辺りを見回しながら歩いていると、地面の段差に躓いて、転びそうになる。この辺りには、夜にバスに乗っていると、怪しい光を放ついかにもやばそうな飲み屋が数軒並んでいるが、さすがに昼はカーテンを閉めている。

アヒョンから忠正路に向かう道路の高架橋が、今解体中である。

140322haru (4)

高架橋を撤去した後は、バス専用車線になるようだ。

140322haru (5)

恐らく、交差点の信号待ちを避けるため、自動車専用の高架橋を作ったのだろうけれど、撤去後の渋滞の心配はないのだろうか。

140322haru (6)

その近くには、こんな看板があった。

140322haru (7)

家具団地と書いてある。確かに、家具屋が数軒連なっている。

140322haru (8)

韓国では、先ほどのウェディング通り、家具団地、ペット通りなど、同業者が集まっている商店街が多い。

140322haru (9)

光化門にある教保文庫に向かいたかったが、道を一本間違えたのか、このまま直進するとソウル広場に出てしまう。忠正路で、1年前、アパートを探しに来たときに見た物件があった。

140322haru (13)

築1年、事務所へ歩いて通える好条件であったが、予算の折り合いが付かなかった。

そこを通り過ぎると踏切があった。列車がやってきた。

140322haru (10)

どこ行きの列車か。

140322haru (11)

ソウル発浦項(ポハン)行きのセマウル号だ。だが、回送列車なのか、乗客が見えない。

140322haru (12)

セマウル号はすぐに通り過ぎて行った。

店屋の店頭に花が飾られている、春だ。

140322haru (14)

ソウル市立美術館から徳寿宮にかけては、春の陽気に誘われて、すごい人出だ。

140322haru.jpg

こんな日は、オリビア・ニュートン・ジョンを聴きたくなる。徳寿宮の横を通って、光化門の教保ビルに向かった。そして、韓国語の教科書を買い、明洞へ向かう。

清渓広場は、春に彩られていた。

140322haru (16)

韓国でも、パンジーは基本のようだ。

140322haru (15)

これは梅だろうか。

140322haru (17)
140322haru (18)

花を見ると、春の到来を感じる。

140322haru (19)

清渓川にも人通りが多い。

140322haru (22)

春になったから清渓川にどっと繰り出しているわけではなく、やはり、ソウル市民が遊びに行く場所が少ないのだろう。

そして、もう一つ、春に動き出すもの。

140322haru (20)

この辺りに警察官が多数待機しているということは、

140322haru (21)

ソウル広場で労働組合が集会を開いていた。冬の間はスケートリンクだったところには、大勢の組合員が座っている。ソウルの週末によくある光景だ。

日中はコートを着ていない人も多い。今の季節が一番過ごしやすいのかもしれない。


by aero-K

貴方も韓流ドラマのヒロインに!
2012年 01月 15日 (日) 15:00 | 編集
press-fam-tour 424
ソウル市新村にある「カフェ ドラマ」です。ここは、韓国MBCの全面協力
により、人気ドラマで実際に使用された本物の衣装を着て、メイクアップして、
プロのカメラマンに写真を撮ってもらえるという、韓流ファンには垂涎の人気
スポットです。

「cafe Drama」のHPはこちらから
ソウルナビの紹介記事はこちらから

press-fam-tour 412
地下にあり、階段を下っていくと、入口がピンク一色。

press-fam-tour 423
人気は「宮」の衣装だそうです。このほかにも、「朱蒙」、「チャングムの誓い」、
「ファンジニ」、そしてイ・ソジンさん関連の「チェオクの剣」、「イサン」。

press-fam-tour 422
先客は純白のウエディングドレスを着て写真を撮り合いっこ。歳の離れた姉妹か、親子の
ような感じ。

press-fam-tour 421
今度はお店のスタッフが撮影しています。

メニューは、ドラマ衣装を着るだけのコースから、メイクと写真撮影がセットになったコース
まで、いろいろあるようです。それから宮中衣装はちょっとお値段が高いみたい。詳しくは、
HPで確認してください。

そして、もちろんCAFEですから、ドリンク類のメニューもあります。男性もただ待っていなくて
よい。奥様が見る見る美しくなっていく様に感動?

press-fam-tour 418
ドラマのセットが店内にあるのです。

press-fam-tour 417
青森からの参加者もさっそく「宮~Love in Palace」のユン・ウネに変身。
訳あって顔見せはNGですが、本当にきれいでしたよ。

韓流ドラマを見るだけでなく、自らドラマのヒロインになりきることができる
のも、ソウルならではの楽しみ方です。

いつになるのかわかりませんが、イ・ソジンさんが青森に来る前に、
「カフェ ドラマ」に行って、「チェオクの剣」か「イサン」の衣装を着て
写真を撮って、来県したイ・ソジンさんにその写真を渡したりしたら、
イ・ソジンさんも、たいそう喜ぶでしょうね。

By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。