自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
景福宮 ホ・ヨンマン画伯 食客の三百屋
2016年 01月 23日 (土) 12:42 | 編集
地下鉄3号線景福宮駅の4番出口を出てすぐ。

小手もお洒落なレストランができていました。

151226mise (1)

ここは以前は、庶民的な食堂で、景福宮の周辺で警備をしている若い警察官が、食事時間に大勢で食事をしている食堂でした。私も一度、ソルロンタンを食べたことがあります。それが、こんなにきれいなレストランに生まれかわっていました。

店頭には、漫画が掲示されています。

151226mise (2)

この漫画は、韓国のホ・ヨンマン画伯によるグルメ漫画「食客」です。

151226mise (4)

コンナムルクッパの名店だそうです。

151226mise (3)

大きく目立っていたメニューは、チムタックです。

151226mise (5)

まぁ、中に入って食べはしませんでしたが、食客といい、雰囲気といい、気になるレストランです。

その、食客のホ・ヨンマン画伯、来週、取材で青森へお見えになります。


by aero-K

スポンサーサイト
紅葉を見に景福宮へ
2014年 10月 26日 (日) 00:14 | 編集
紅葉を見に、夕方、景福宮に行ってきました。韓国観光公社のFBでも王宮の紅葉を紹介していましたし、何より、手っ取り早く行けますので。

まずは、以前教わった、勤政殿が最も美しく見える角度からパチリ。

141025red (1)

お約束の、韓国チックな光景もパチリ。

141025red (2)

敷地内の木々は、ところどころで、黄色くなったり、赤くなったりしています。

141025red (3)

目の覚めるような色ではありませんが。

141025red (5)

夕日が、薄暗い印象を与えていたのかもしれません。

141025red (4)

ひょっとしたら、2~3日早かったのかもしれません。

141025red (6)

141025red (8)

木々の前では、写真を撮っている人が多くいます。

141025red (7)

この木も、緑色と赤色。やっぱり、早かったのかもしれません。

141025red (9)

意外と、銀杏の木が少ないと思いました。銀杏の巨木があってもよさそうですが。

141025red (10)

赤くなる前に、葉が散っています。

141025red (11)

紅葉は、日本でもそうですが、一番いい時期にピンポイントで行くのは、とても難しいことです。次の週末は仕事のため見に行けないし、その次の週末は、徳寿宮、昌徳宮も散ってしまっているんだろうな。


さて、王宮の紅葉はとてもきれいなのですが、景福宮は人が多すぎて、心配になるというか、腹が立つことがありました。

141025red (12)

勤政殿の、この文官、武官の序列を示す石碑。

141025red (13)

結構、石が崩れて、ヤバイ状況です。

141025red (14)

なので、「座るな」と書いています。ここで注目すべきは、韓国語、英語、中国語。日本語はありません。だって、普通の日本人なら、ここに腰かけようとは思いませんよね。遺跡の一部なんですよ。

それなのに、どうでしょう、この人たちは。

141025red (15)

あんたが頭を抱えるのではなく、頭を抱えているのは、あんたがここに座っているのを見ている太祖 李成桂ではないでしょうか。

まぁ、マナーがない。

141025red (16)

「座るな」と書いているのが見えないはずがない。

141025red (17)

私は日本人ですから、別に景福宮が壊れようが、どうなろうが、知ったこっちゃありませんが、それにしても、この古きものを大事にしないという姿勢というか、歴史を尊重しないというか。なんでしょう、この人たちは。

141025red (18)

少なくとも、日本人はここには座らないと思うのです。

そして、勤政殿の欄干。当然、ここも「寄りかかるな」です。

141025red (19)

でもね、この人たちは理解していないのでしょう。

141025red (22)

この人たちは、堂々と座っていますもん。

141025red (20)

今にこの欄干も、人の重みに耐えかねて崩壊するのではないでしょうか。

141025red (21)

そして、ここには座っていいの?確かに「立入禁止」と書かれていますが、「座るな」とは書かれていません。

141025red (24)

というか、ここに座ってガイドの説明を聞いちゃダメでしょ、ということ。

141025red (23)

なんでしょう。紅葉を見に行ったのに、心は晴れず、後味の悪さが残りました。

一体、国民に対して誰がマナーを教えるのでしょうか?


by aero-K


ソルラルに王宮を歩く その2
2014年 02月 02日 (日) 09:00 | 編集
景福宮です。

140131kei (2)

景福宮もソルラルは入場無料です。

だからなのか、すごい人出です。

140131kei (3)

特に、中国人の団体客が多く見受けられます。

140131kei (4)

民俗博物館の前ではイベントを開催しています。

140131kei (5)

無料の振る舞いも行っており、シッケの振る舞いはもう終わってしまいました。

140131kei (6)

お餅もあるようです。

140131kei (7)
140131kei.jpg

貼り紙があります。

140131kei (8)

どういうことになっているかというと、

140131kei (9)

テントはずっと先。よくこんなに並ぶよな。

鷹と目が合ったというか、ピントが合った。

140131kei (10)

その他、いろんな体験コーナーがあります。

午年だけに、乗馬体験コーナー。子どもたちに人気です。

140131kei (11)

韓服を着た子どもたちが順番を待っています。

140131kei (12)

こちらは、同じ馬でも竹馬。

140131kei (13)

昔のゲームのコーナーなんかもあります。

140131kei (14)

昔のコマ回しもしています。

140131kei (15)

凧揚げをしている親子。この凧は自分たちで作ったもののようです。

140131kei (17)

博物館の中では、運勢占いです。

140131kei (16)

景福宮では、韓服姿がチラホラ見えます。

140131kei (18)

景福宮を後にします。歩道では、ホットクの屋台のほかに綿あめ。

140131kei (19)

焼き栗もありました。

140131kei (20)

仁寺洞です。閉まっている土産物屋や飲食店があります。そのためか、人通りはいつもより少ない感じです。

140131kei (21)

その中でも、このアイスクリーム屋はみんな食べていた。

140131kei (22)

昔懐かしいグレートマジンガーです。

140131kei (23)

このお店のアイスクリームは特徴的なので、知っている方も多いと思います。

鐘路の飲み屋街に来ました。昼ではあるけれども、閉まっているお店が多い。

140131kei (1)

この近所にあるココイチでカレーを食べ、しばしの休憩です。

休憩が終わったら、午後の部に突入です。


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。