自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国土産もらっちゃいました
2012年 06月 09日 (土) 08:30 | 編集
知人からソウル旅行のお土産をもらっちゃいました。その主なものを紹介。

じゃーん、辛ラーメン。鉄板ですよね。すぐに食べました。やっぱり辛い。
IMG_4237.jpg

そして、今人気の長崎ちゃんぽん。
IMG_4238.jpg

実はまだ食べていません。長崎ちゃんぽんといえば、去年の夏、本場長崎の中華街で食べたちゃんぽん。
288_20120604205532.jpg

これとは似て非なるものなのか、こうご期待。

そして、なんと、ルイ・ヴィトンの靴下。
IMG_4243.jpg

ヴィトンの靴下なんて買えませんよ。

この、糸がほつれている様が、なんとも味わい深い。
IMG_4245.jpg

そういえば、10年くらい前にソウルに一緒に行った課長が、シャネルのサングラスを5千円で買ってたっけ。
恐るべし韓国。

By aero-K

スポンサーサイト
流行ってた!でもやっぱり辛かった! ~長崎チャンポンのインスタントラーメン~
2012年 04月 17日 (火) 08:30 | 編集
韓国の国民食であるインスタントラーメン。 そして、最近、韓国を席捲しているのは、白スープラーメンらしいです。

その二大巨頭が、以前紹介した「ココ麺」そしてこちら「ながさきちゃんぽん」 。

ロッテマートにも一番目立つところに鎮座していることからも、その人気ぶりがわかります。


ながさきは、もちろん日本の長崎のことです。 長崎チャンポン。

(私は生まれてこのかた、東京赤坂見附のリンガーハットでしか長崎チャンポンを食べたことがありません。私の中の基本軸はリンガーハット。)


IMG_2167.jpg
 

私もコンビニで買いました。一個1000ウォン。(コンビニは高いです。仁川空港3FのAKプラザでは、5個で4500ウォンでした。)

上の写真でも、パッケージの上部に、うっすらと屋台のような画があって、のれんに「ちゃんぽん」の文字が見えますね。

IMG_2169.jpg 

裏には、しっかり、日本地図、そして分かりづらいですが、長崎のところに丸が付いています。

IMG_2175.jpg 

袋をあけると、韓国ではオーソドックスな中太麺、やくみの袋、粉スープの袋です。

早速調理しました。作り方がわからないので、日本でのやり方と同じ手順で行いました。

お湯を沸かし、麺とやくみをゆで、そこにスープを入れる。

IMG_2180.jpg 

麺は中太だけに、若干煮えるのが遅いですね。

自分でこしらえる野菜炒めなどは無しで、そのまま食べてみます。

IMG_2185.jpg 

スープは、あっさりながら、本場チャンポン的な海鮮風味がします。若干ですけど。

そして小さい蛸らしき薬味が見てとれます。

特筆すべきは、辛いこと。

長崎ちゃんぽんって辛かったっけ??

ココ麺にしても、この長崎チャンポンにしても、辛いです。

白スープ&辛い、というのが今の流行なのかもしれません。 ご参考までに。


by トド松っつぁん
これぞ韓国旅行の王道?(最終話:その9)~テクノマートのロッテマートで箱買い~
2011年 12月 31日 (土) 08:30 | 編集
今日で今年も終わり。残すところあと16時間弱となりました。

思い返すと、今年もいろいろありました。

震災のとき、私は青森からソウルに向かう飛行機の中。

韓国のテレビニュースやNHKの衛星放送は、日本の被災状況を刻々と伝え、ヘリからの津波の映像、火災の様子が映し出される。

そして翌日、職場からの指示を受け、当初の計画通り、私はソウル市内の録音スタジオで仕事をしていたのですが、日本の様子がとても心配でした・・・。

震災については、韓国からも善意をたくさんいただいています。

来年も、復興が少しでも前に進めるよう、皆でがんばりましょう。



さて、ソウル旅行記も最終話。

翌日の帰国を前に、夕食会場から宿泊している「東ソウルホテル」の近くの「テクノマート」に向かいます。

テクノマートの地下2階には、安くて便利なロッテマートがあります。

コネストのテクノマートの記事へ


車窓から流れる、明洞のネオン。

さようなら、明洞。

IMG_1259.jpg 


さあ、テクノマートにつきました。さっそく地下2階のロッテマートに向かいます。

IMG_1270.jpg 

お目当ては、忘年会用の韓国焼酎と袋ラーメン、そしてホテルで食べる韓国のリンゴ。

韓国焼酎は、一本360mlで80円程度です。日本の韓国料理店で頼むと1200円ぐらいしますよね。
6本入りを1コ買いました。(日本への持ち込みは、760ml換算で3本まで免税なので、クリア)


それから、袋ラーメン。

今回買ったのは、「ココ麺」。以前、雑誌で見て気になっていました。

今年は白いスープが大流行し、その火付け役がこのココ麺らしい。

このココ麺は、韓国の人気お笑い芸人「イ キョンギュ」がテレビ番組で作ったものがベースとなっているらしいです。

コチラは西日本新聞のココ麺についてのニュース

IMG_1327.jpg

人気だけに、ロッテマートでも、ラーメン売り場では、王者「辛ラーメン」よりも目の付けやすいところに置いてありました。

IMG_1328.jpgIMG_1338.jpg

左:裏面には、確かにイ キョンギュらしい人が載っています。この人、韓国のテレビで見たことがあります。

右:中は麺とスープ、薬味。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<ただいま実食中!>

IMG_1344.jpg


確かに白いスープです。

お味は、辛い塩ラーメンといったところ。

辛いです、とっても。薬味には、輪切りされた青トウガラシが入っています。

ためしに、スープの粉末だけなめてみたのですが、粉末自体、ちょっと辛いです。

この上で、薬味の青トウガラシが辛さを増幅させるのだと思います。

しかし、日本人的には、ちょっとスープが薄い気がしてなりません。コクというより辛さ先行型。

この味なら、まるちゃんの塩ラーメンの方がいいです。まるちゃんの塩ラーメンを辛くすればもっとおいしいラーメンができるかもしれません。

(まるちゃんの塩パッケージ、哀愁ただよう幌馬車、時計台、ポプラ並木と、一瞬にして北海道へといざなうデザインが大好きです。ごめんなさい、どうでもいいですね。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、
そういったお土産を、会計後、カウンターにて自分で空き箱に詰め込み、持ち帰ります。
機内預け荷物とします。
(韓国リンゴは日本に持って帰られないので、ホテルで食べるため、手持ちです)


テクノマートからホテルまでは、徒歩数分のようですが、真逆の方面に行ってしまい迷ってしまったので、最後はタクシーで帰りました。(皆さん、調べて行きましょう)
 


IMG_1273.jpg  

ちなみに、この段ボール箱、青森空港の税関で、カッターでテープを解かれ、チェックを受けました。もちろん問題なしです。
(再梱包もしてくれます)

※こういったチェックは仕方ないですが、青森空港で、手荷物受取りのターンテーブルから、このような段ボール箱をさっと拾い上げ持ち歩くと、なんか韓国通っぽくて気持ちいいですよ。(これも、どうでもいいですね)



そして韓国りんごは、5コで8000ウォン(一個あたり1600ウォン=120円程度)のものを買い、ホテルで皆で分けました。

お味はというと、さくっと歯触りはいいものの、あっさりしていて甘みが薄く、もう一歩です。
青森リンゴの方が、明らかにおいしいです。


例によって、これで一日が終わるわけもなく、ホテルに荷物を置いたあと、ホテル近くをさまよい歩き、チキン店に行きました。
 
ホテルの入口をでて、右に150メートルぐらいのところです。こないだ紹介した焼き肉やよりもうチョット先です。道路に置いてあるでっかいビールジョッキの案内が目印。

IMG_1302.jpg


日本語が通じませんでしたが、写真付きメニューを指さし、チキンと生ビールを注文。

IMG_1275.jpg 
IMG_1286.jpg 

鶏はパリパリの薄衣がイイネ!。マスタードソースをつけて食べます。


IMG_1300.jpgIMG_1288.jpg   

左:韓国の清酒もありました。日本酒より甘めです。  日本に対する懐かしさなのか、ついつい何本も飲んでしまいます。

右:旅を名残惜しむひととき。

しめて、一人800円。これまた安い!(この店もいいよ~)
   


翌日は、朝6時40分にバスが迎えに来ます。短いようで長い2泊3日でした。


誰かが言っていました、

「韓国は後引くところ。気がつくと無性にまた行きたくなる」

まさにそんなところでしたね。
ブログを書きながら早速そう思っています。あのタコもう一度食べたいな。


それでは皆さんさようなら、そして良いお年を・・・


by トド松っつぁん 
  
 

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。