自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東大邱からKTXでソウルに向かう
2012年 04月 07日 (土) 08:30 | 編集
慶尚北道の東大邱駅からKTXでソウルへ向かいます。
421.jpg

KTXでソウルまで、1時間40分程度です。ソウルを東京、釜山を大阪とすれば、東大邱はさしずめ名古屋あたりでしょうか。
422.jpg

日本の新幹線駅と違って、駅の構内に売店はあまりありません。ちょうどお昼時だったので、駅弁を買うことにしました。日本だと、新幹線の駅ごとに特色のあるご当地の駅弁が人気ですが、韓国ではそんなに多くの種類はありません。弁当の考え方が日本とは違うようです。
425_20120402231947.jpg

車両に乗り込みます。ホームとの段差がちょっとあるので、注意が必要です。
426.jpg
427_20120402231946.jpg

KTXではアテンダントが案内してくれます。
429.jpg

早速、先ほど買った弁当を食べます。同行者が買ったのはのり巻き弁当です。おいなりさんもあります。
430.jpg

私のは、いわゆる幕の内弁当。大きめのご飯に、もやしのスープもついて、鶏のから揚げ、煮つけた牛肉、卵焼き、お新香、もちろんキムチと、具だくさん。十分なボリュームで、お腹が膨れました。
433.jpg
434.jpg

KTXでは、瞬間的に時速300キロを超えます。モニターに時速が表示されます。新幹線より早いことを自慢したいのでしょう。
435.jpg

食後、ウトウトしていると、あっという間にソウル到着です。
436.jpg

この写真の一番手前の後姿の男性が私、いや、ちょっと待てよ、私はそのまた後ろでデジカメを構えているはずだから...じゃあ、誰だ?一瞬自分と見間違うほど、後姿が似ている男性、韓国に兄弟でもいたのかな?

By aero-K


スポンサーサイト
わかりやすく言うと、韓国版新幹線(その2) ~KTX~
2009年 09月 13日 (日) 08:30 | 編集
業務を終えて釜山(プサン)からソウルへKTXでトンボ返り。

夜の釜山駅
DSC_1269_convert_20090911172856.jpg
あっここにも東横インが!
どうも釜山に2店舗、ソウルに1店舗あるようです。

帰りは、自動券売機でチケットを購入(66600ウォン)。
DSC_1265_convert_20090911173104.jpg

DSC_1256_convert_20090911173235.jpg

韓国語と英語が選べるので、英語を選択。表示される英語はそんなに難しくないので大体わかりました。
DSC_1264_convert_20090911191230.jpg

出発は20時40分
DSC_1272_convert_20090911173431.jpg

ホームでお菓子を購入(2000ウォン)
DSC_1273_convert_20090911173930.jpg

DSC_1281_convert_20090911174008.jpg
クリーム入りの小さいおやきみたいなものです。

今度はグリーン車に相当する特室に乗車。
2×1の3列です。日本の「はやて」は2×2の4列ですので、やはり狭いのだと思います。
DSC_1297_convert_20090911174530.jpg

DSC_1288_convert_20090911174904.jpg

サービスのミネラルウォーター、新聞などはデッキに置いてありますので、セルフで持ってきます。
DSC_1275_convert_20090911174411.jpg
こんなイヤホン、アイマスクなんかも。
DSC_1279_convert_20090911174446.jpg

イヤホンですが、内容は、モニター画面対応、Kポップ、・・・etc 3,4局選択できます。
DSC_1294_convert_20090911174740.jpg

アイマスクが、なんかオークリーのゴーグルみたいだったので、思わず着けてみました・・・。
DSC_1295_convert_20090911174814.jpg
でもこんなにガッチリとアイマスクやっている人は正直いませんでしたネ。

帰りも2時間50分。ソウルに着いたのは23時30分過ぎです。
DSC_1302_convert_20090911185432.jpg
そして、やっぱりチケットのチェックは最後までありませんでした。


どうですか、KTX。一駅だけでも乗ってみたらいかがですか?

by トド松っつぁん
わかりやすく言うと、韓国版新幹線(その1) ~KTX~
2009年 09月 12日 (土) 08:30 | 編集
ソウルから釜山(プサン)へ日帰り出張することになり、KTXに初めて乗りました。

KTXとは、Koria Train eXpress のことで、新幹線のような高速鉄道です。
フランスのTGVの技術が導入されているようです。

始発駅のソウル駅。
DSC_1181_convert_20090911171608.jpg

韓国のスタッフにインターネットで購入(46900ウォン)してもらったので、チケットはもっていました(プリントアウトしただけですが)が、これをなにかの正本のチケット等に引き換えることもなく直で改札へ
DSC_1183_convert_20090911171723.jpg

・・・あれれ改札がない!何のゲートもチェックなく車両まで到着。
DSC_1188_convert_20090911172144.jpg

DSC_1189_convert_20090911172242.jpg

DSC_1194_convert_20090911172445.jpg
一般客車は、横2×2の4列シート。日本の「はやて」は2×3なので、狭いですね。

そして、席は向きを回せず、ちょうど中央で向かい合わせになるよう配列されています。
ちょっと厳しいかも。

座席には冊子(KRTマガジン)が配置されています。
日本の冊子より厚く内容も充実しており、航空機の冊子的です。
DSC_1205_convert_20090911172700.jpg

DSC_1298_convert_20090911172746.jpg

そして、9時ちょうど出発!

出発して1時間ぐらいで、出ました。300キロオーバー!
室内のモニターの左上に速度が映し出されます。(301km/h)
DSC_1199_convert_20090911172553.jpg
※最高速度がでる区間だけ速度が表示されて、それ以外は出ません。アピールしたいんでしょうかね。

日本の「はやて」がだいたい270キロですので、それより速いですよね。乗り心地も悪くないです。
(なお、2010年の新型「はやて」は320キロオーバーで突っ走ります)

でも、最高速区間はわずかで、他は日本でいう特急レベルのスピードな気がします・・・。

11時50分釜山駅に到着。距離約400キロを2時間50分で走りました。
(青森駅から仙台駅まで距離約380キロで、特急+新幹線で2時間30分ぐらい)
DSC_1210_convert_20090911173337.jpg

結局、チケットの改札について、女性車掌さんが手持ちの端末と空き状況を比べる程度で、個別のチケットの確認は行われませんでした。(「はやて」もチェックはしませんが、ゲートがありますからね。)
釜山駅でのチェックもありません。不思議です。性善説でしょうか。

追加で動画をアップしました!


(つづく)

by トド松っつぁん
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。