自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この絵はマジックか?ペインターズを鑑賞
2014年 12月 05日 (金) 13:08 | 編集
先日、韓国観光公社在韓日本人ネットワークのご招待で、ペインターズを鑑賞してきました。

劇場は、鍾路3街駅14番出口を出てすぐのところにある、ソウル劇場です。

141122painters (1)

ソウル劇場は映画館なんですね。

141122painters (2)

ペインターズのチケットボックスもありますが、そこでは名前を告げるだけ。

141122painters (3)

劇場内には、中国からの団体のお客さんでいっぱいです。

141122painters (4)

ペインターズは、2010年のオープニング公演で、まだ、名称も「ドローイングショー」でしたが、大学路の劇場で見たことが一度あります。それから、どのような変化を遂げたのでしょうか。

141122painters (5)

いくつかの公演チームがあり、この日はスーパーマンチームでした。

141122painters (6)

ステージ上には既に大きなカンバスが用意されています。

141122painters (7)

写真撮影はここまで。当然公演中の写真撮影。ビデオ撮影は禁止です。ショーは、踊りあり、会場のお客さんのいじりあり、絵がありという、濃い内容。

ベートーベンの肖像画から始まり、マイケル・ジャクソンと手を使って素早く書き上げる絵。ルービックキューブを並べてスーパーマンの胸のマークを作り、その反対側はクラーク・ケントの顔になっている!水に油絵の具を浮かべて、海の中の絵を描いたと思ったら、その水面に紙を乗せて、紙を持ち上げるとあら不思議、人魚の絵が!

一体、どうすればこんな絵が描けるのか?

コミカルな動きもあり、前の席に座っている、中国人の子どもが大うけ。最初っから、最後まで、笑いっぱなし。呼吸困難になるのではと心配になるくらい。その笑い声を聞いて、大人も笑い出す。

最後の演目は、大勢の中国人観光客に気を遣ってなのか、三国志の劉備、関羽、張飛のそろい踏みです。

以前見た時と比べて、ほとんど内容が変わっています。

公演終了後は写真タイムです。

141122painters (8)

それぞれ、自分が描いた絵の横でポーズ。

141122painters (10)

これが劉備でしょう。

141122painters (11)

この人魚の絵も、こんなにちょうどよく水の上から紙に色が写るのも不思議です。

141122painters (12)

こちらは、マイケル。みんなで適当に色を塗っていって、向きを変えたら、マイケルになっていたんですよね。

141122painters (13)

このトラは、書き上げた時には、後ろから色が走ってきて、最後にはカラーになっていました。不思議ですね。

141122painters (14)

これは、スーパーマンのクラーク・ケントの顔。ルービックキューブを並べて作っています。

141122painters (15)

公演が終了すると、ホールでサイン会です。

141122painters (16)

サインをしてもらうためには、記念グッズを買わないと。

141122painters (18)

結構手持無沙汰にしていました。

141122painters (17)

おかげさまで、とても楽しく鑑賞できました。多分、公演チームによって、公演内容が微妙に変わるのでしょう。

さて、会場を後にしたら、劇場の周りには屋台がたくさん出ていました。

141122painters (19)

いきなりポジャンマチャで食べるのはハードルが高いので、こちらの屋台へ。

141122painters (20)

鶏の唐揚げです。

141122painters (21)

一度揚げたお肉を、再度油で揚げています。

141122painters (22)

揚がった鶏肉を辛みソースに絡めれば出来上がりです。

141122painters (23)

ピリッと辛みが効いて、ハイ出来上がり。

141122painters.jpg

おやつにはちょうど良い大きさでした。


by aero-K


スポンサーサイト
イ・ソジンさんの新ドラマ「本当に良い時代」好調です!
2014年 02月 28日 (金) 09:00 | 編集
熱心なファンの方は、既にチェックされていると思いますが、イ・ソジンさん新しいドラマが、先週から土・日のKBS2で放送開始となり、2回目で視聴率は30%を超え、好調のようです。

中央日報へのリンク

kstyleへのリンク

ちょうどオリンピック期間中だったため、2回とも見逃しました。

私は、このドラマ、勝手に青森関連ドラマだと思っています。

まずは、言わずと知れたイ・ソジンさん。ここのところはご無沙汰ですが、かれこれ何度青森へいらしたでしょうか。

それから、このドラマの脚本家のイ・ギョンヒさん。青森でロケをしたドラマ「チャカンナムジャ」の脚本も書かれています。さらには、監督さんも「チャカンナムジャ」の監督さんだそうです。

監督、脚本家、主演男優と、青森大好きなんですから、なにかの拍子で、「ドラマの打ち上げは奥入瀬渓流ホテルに行くか」とか、「この際だから、青森でロケしちゃうか」とか、「チョ・セヒョン先生も呼んじゃおうか」とか、撮影中に盛り上がらないかなと、勝手に妄想しています。

このドラマ、女優さんもきれいですから、イ・ソジンさんと二人で、新緑の奥入瀬渓流を歩くシーンなんて、すごく絵になると思いますね。

イ・ソジンさんは、テレビCMで露出を増やし、満を持しての週末ホームドラマ出演。なんたって、このドラマ枠は前クールが視聴率50%近くですので、当たって当然の時間帯ですよ。

今週末から見ようと思います。


by aero-K


昨日の夜はMBC演技大賞をずっと見ていた
2013年 12月 31日 (火) 15:52 | 編集
このところ、テレビ各局では、演技大賞、演芸大賞といった、賞取りがよく入っています。昨日の夜は、MBCでは演技大賞。こちらはドラマ部門の賞です。そして、SBSは演芸大賞。こちらはバラエティ部門の賞です。ちなみに、おとといはMBCが演芸大賞でした。出ている芸能人は同じなので、今日は、こっちの局、明日はあっちの局です。

で、昨日はどっちを見たのかというと、MBC。

まず、人気賞の発表ということで、こちらの二人です。

「九家の書」のイ・スンギ。
mbc1.jpg

「奇皇后」のハ・ジウォン。
mbc2.jpg

MBCのスタジオには、日本からのファンもいっぱい。
mbc3.jpg

ちなみに、テレビの映像をキャプチャーするなんて技術はなく、ひたすら、スマホで写真を撮るという、前近代的な作業です。

俳優がプレゼンテーターになり、賞を発表しあう。
mbc4.jpg

次は、ベストカップル賞。
mbc5.jpg

8組のカップルから選ばれたのは、「九家の書」、ペ・スジとイ・スンギ。Miss Aのスジですね。
mbc6.jpg
mbc7.jpg

ちなみに、イ・スンギは今日のMCで、司会に、受賞に大忙し。
mbc8.jpg

次は黄金演技賞の発表。大物俳優が出てきました。

mbc9.jpg

6人の中から、受賞したのは、
mbc10.jpg

「黄金の虹」のキム・サンジュン。
mbc11.jpg

「百年の遺産」のチョン・ボソク。
mbc12.jpg

「スキャンダル」のチョ・ジェヒョン。
mbc13.jpg


同じく女優。こちらも6人の中から受賞したのは、
mbc14.jpg

「愛するのは自分のため」のチャ・ファヨン。
mbc15.jpg

「金よ出てこい、さっさと!」のイ・ヘスク。
mbc16.jpg

「オーロラ姫」のキム・ボヨン。
mbc17.jpg

ここまでは、ベテラン俳優さんが多い賞ですね。

次に、優秀演技賞。ここからは、ドラマの部門ごとに男女と、とても受賞者が多くなります。

まず、ミニシリーズ部門。3人の中から選ばれたのは、
mbc18.jpg

「7級公務員」のチュウォン。
mbc19.jpg

女優は4人の中から選ばれたのは、
mbc20.jpg

「男が愛する時」のシン・セギョン。
mbc21.jpg

次は優秀演技賞の特別企画部門。

4人の中から選ばれたのは、
mbc22.jpg

「奇皇后」のチ・チャンウク。
mbc23.jpg

同じく、女優は3人の中から選ばれたのは、
mbc24.jpg

「黄金の虹」のユリ。
mbc25.jpg

優秀演技賞の連続ドラマ部門、4人の中から選ばれたのは、
mbc26.jpg

「金よ出てこい、さっさと!」のヨン・ジョンフン。
mbc27.jpg

同じく、女優は、4人の中から選ばれたのは、
mbc28.jpg

「愛するのは自分のため」のホン・スヒョン。
mbc29.jpg

いや、なかなか大変だ。授賞式は、まだまだ続きます。ちなみに、SBSでは、KARAのスンヨンがプレゼンテーターをやっている。

sbs1_20131231150553943.jpg

次は最優秀演技賞のミニドラマ部門。ノミネートは、「メディカルトップチーム」のクォン・サンウ、男が女を愛する時」のソン・スンホン、「九家の家」のイ・スンギ。もう決まっています、だって、他の2人はここにいないから。

mbc30.jpg

受賞は、イ・スンギ。
mbc31.jpg

同じく、女優は4人の中から選ばれたのは、
mbc32.jpg

「九家の書」のペ・スジ。
mbc33.jpg

次は、最優秀演技賞の特別企画部門。3人の中から選ばれたのは、
mbc34.jpg

なんと二人。「奇皇后」のチュ・ジンモ。
mbc35.jpg

そして、「スキャンダル」のキム・ジェウォン。なんと、最優秀なのに2人。
mbc36.jpg

同じく女優は、3人の中から選ばれたのは、
mbc37.jpg

なんと、ハ・ジウォンではなく、「スキャンダル」のシン・ウンギョン。
mbc38.jpg

「スキャンダル」のこの女優さんの演技はよかったですね。子どもを誘拐される母親役なんですが、20数年たってその子どもと再会するわけですが、お母さんの方は、全然老けていないというか、ますますきれいになっている。

そして、シン・ウンギョンは、「ジウォン、ミアネ(ジウォン ごめん)」と声をかけて、受賞される。それを笑顔で見るハ・ジウォン、素敵だ。MBCは、視聴率ではなく、演技の内容で判断するんだ。

mbc39.jpg

そして、最終週演技賞の連続ドラマ部門。

3人の中から受賞したのは、
mbc40.jpg

「百年の遺産」のイ・ジョンジン。
mbc41.jpg

同じく女優は、4人の中から選ばれたのは、
mbc42.jpg

今日のMCを務めています、「金よ出てこい、さっさと!」のハン・ジヘ。ドラマの中では、目のメイクが印象的でした。
mbc43.jpg

これで、最優秀演技賞が終わり、今年のドラマの発表です。6本の中華から選ばれた、今年のドラマは、
mbc44.jpg

「百年の遺産」でした。
mbc45.jpg

9時頃開始の授賞式。もう12時半を越えています。なんでこんなに時間がかかるのか。それは、受賞者のスピーチが長いから。お世話になった方の名前を全部呼びます。ドラマの監督、先輩俳優、メイク、スタイリスト、所属事務所、家族。終わりそうになると、思い出したかのようにまた名前を続ける。きっと、この韓国社会では、万が一名前が呼ばれないことがあれば、メンツを潰されたと大変なことになるのでしょう。だから、スピーチが長い。特に、若手俳優はものすごく長い。

さて、授賞式も大詰め。大賞の発表です。これまでに受賞していないのは、あの人しかいない!

プレゼンテーターは、MBCの社長です。
mbc46.jpg

そして、栄えある大賞は、もちろん、
mbc47.jpg

この冬、絶好調の月火ドラマ「奇皇后」のハ・ジウォンでした。これには、日本から来ているファンも大喜び。こういう落ちだったのですね。

これらの中で見たのは、週末ドラマの「スキャンダル」くらいでしたね。

ちなみに、今晩はSBSの演技大賞だそうです。今年は、SBSドラマの人気が高かったようなので、こちらの方も楽しみですが、もう同じことはできないですね。

それより、来年は、是非スタジオに見に行こう。


みなさん、今年1年お付き合いいただき、ありがとうございました。韓国生活が始まるという、私にとっては激動の2013年もあと残り8時間くらいです。来年は、どんな1年になるのか、みなさん、どうぞよいお年を!


by aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。