自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コチュからのぞくこの顔は??
2014年 08月 12日 (火) 12:47 | 編集
ソウル駅の隣の某大型マートで買ったコチュ。

それを洗おうと思ったら、あれ、何かいる。

140810musi (2)

割ってみました。

140810musi (3)

青虫だ!

140810musi (4)
140810musi (5)

連続して見ると、生きているのがわかるでしょ。

コチュの中は食い散らかされて、ウンチがいっぱいです。

140810musi (1)

普通、こういう事例は、店に文句を言って、代わりのものをもらうのだろうか?

でも、私は、ここまで生きてきた青虫に感動するのです。でも、ここから先は生ゴミと一緒にポイでしたが...

まず、コチュには農薬を使っていないのか?

出荷時は、目視によりチェックしていないのか?

もっとも、蝶はコチュの中に卵を産み付けるのでしょうか?そうであれば、取り除くことはできません。

意外と無農薬で安全な野菜を作っているのかもな、と思いました。


by aero-K


スポンサーサイト
ロッテマートからクーポンが送られてきました
2013年 08月 03日 (土) 15:00 | 編集
昨日、ソウルホットセールをレポートしたら、ちょうどロッテマートからクーポン券が送られてきました。
coupon (4)

中に入っていたのは、
coupon (5)
6万ウォン以上お買い上げの場合は、3,000ポイント付与。

ロッテワールドの優待券
coupon (2)
大人本人40%、50%、同伴者は3人まで30%の割引。でもねー、ロッテワールドは行かないな。

そしてクーポンブック。
coupon (3)

こういう、洗剤系は、日本に比べて結構高いし、とっておいても悪くなるものではないので、使えそうです。
coupon (1)

調味料系も、安いときに買い置きしておくのがいいですね。
coupon (6)
俳優のコ・スが宣伝している、トマトソース。トマトソースはあると便利ですね。そういえば、さっき、コ・ス主演の月火ドラマ「黄金の帝国」の再放送がSBSでやっていました。

ということで、8月のソウルは全体がセールスです。

ロッテマートもそうですが、隣のロッテアウトレットに行って、トレッキング用品でも買ってこようかな。


by aero-K


韓国の1+1商法
2012年 02月 16日 (木) 08:30 | 編集
お土産を買う時間があるときは、やっぱりロッテマートによく行きます。
IMG_0105.jpg

日本からの観光客にも定番で、皆さんよくまとめ買いをしています。

スーパーでよく見かけるのは、1個の値段で2個買えちゃうお得なまとめ買い。
おまけが付いてくるというか、悪くいえば抱き合わせというか。

私がよく買うのが海苔。普通は6パックですが、4パック増量して10パックで値段は変わらずというようなやつ。海苔だと軽いし、多くてもすぐに食べてしまうので、重宝します。

ソウルに2~3日滞在するときは牛乳を欲しくなります。1㍑を1本買いたいのですが、おまけが付いてきます。
IMG_0106.jpg

このヨーグルトなんか、1㍑1本に小さいのが2本も付いています。これじゃ飲みきれませんよ。
IMG_0107.jpg

考え方として2つあると思います。

1.定価のままでおまけを付けて割安感を出す。
2.単体で割引する。

日本のスーパーでは、あまりおまけは見かけませんよね。韓国では、おまけが普通です。
たぶん、この方が、消費も生産も拡大し、経済が回るのでしょう。

ところで、ロッテマートではレジで支払いの時に、いつもドキドキします。
IMG_0108.jpg

なぜかというと、
IMG_0109.jpg
1.お客さんは、商品を買い物かごから出してレジに置く。
2.店員さんは、チェッカーでチェックを終わった商品をレジの前方に流す。
3.お客さんは、レジの前で待ち構えており、商品を素早く袋に入れる。
4.支払いはカードが多い。

これが絶妙のタイミングで、韓国人はスムーズに行きます。

日本だと、レジでまた買い物かごに入れて、それを別のテーブルに運び、そこで袋詰めするのが普通。

しかし、韓国方式に慣れない日本人は、

1.買い物袋を持参していないので、紙袋を買う必要があるが、「袋ください」と韓国語で言えない。
  (たいがい店員さんが袋を持っていないことを察して、渡してくれます。)
2.たくさん買っているので袋詰めが追い付かず、商品が次々とたまってしまう。
3.会計がいくらと言われているのかわからないので、レジの画面を見て金額を確認する時間が必要。
4.現金払いが多く、しかも、ウォン単位できっちり支払う。

ということで、どうしてもレジの流れを止めてしまう。韓国人は待つことが大嫌い。
私は、レジの流れを止めて、いつ韓国人に怒鳴られるのかと、いつもびくびくしています。
(こんなことを気にするのは、私だけでしょうか?)

さて、今日は、「青と陶」のオープニングセレモニー。私は行けないけれど、現場はすごいことになるんだろうな。寒い中せっかく遠方より多数お集まりいただくのですから、何かおまけがあればよいのにな。

By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。