自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京の路地裏にも名店があり
2016年 06月 26日 (日) 16:43 | 編集
なかなか韓国へ行く機会がないので、新しいネタができません。

先週は北京へ。北京は今回で三回目でしたが、とにかく広いというイメージで、どこに何があるのかもよくわかりません。

また、今回、カメラを持参しましたが、ところ構わずバシャバシャ撮っていると、人民軍の兵士に連れて行かれそうで、カメラは持ち歩きませんでした。

さて、どこに行くときでも、食事場所は大事なもので、今回も、食事場所ありきでホテルを決めた様子。その食事場所は、現在改装工事中ということで行けませんでしたが、なんと、お目当ての食堂のおばちゃんが、工事を見守っていたのか、店の前にいて、そのおばちゃんに連れて行ってもらったのがここ。

160624beijin (2)

メニューは全部写真つきなので、中国語がわからなくても、写真を見れば、雰囲気でなんとなくわかります。メニューに写真を入れることの大事さを実感しました。

適当に注文して、まずは、しょうゆチャーハン。米がパラパラしていて、チャーハンに合います。

160624beijin (3)

次は木須肉(ムースーロー)。

160624beijin (4)

紹興酒は近くのお店まで買いに行って来ました。

160624beijin (5)

にんにくの芽の炒め物。

160624beijin (10)

豆苗の炒め物。

160624beijin (13)

川魚の煮物だと思いますが、スープではなく、油に浸かっています。ですので、冷めません。

160624beijin (12)

エビ料理。殻ごとバリバリ食べました。

160624beijin (11)

そして、隣に北京ダックの名店があるそうで、

160624beijin (7)

北京ダックの出前です。

160624beijin (14)

あまり見たことがない、タッパに入った北京ダック。

160624beijin (9)

確かに美味しい。

160624beijin (8)

そして、北京ダックといえば、このダックのスープ。

160624beijin (6)

めちゃくちゃ美味しい。

隣のテーブルを見ると、工事現場の作業員が食事をしているので、安くて、美味しいと評判の食堂なのでしょう。

外に出ると、まだまだ宵の口。

160624beijin (1)

二次会は、近くのケリーホテルの1階のバーへ。

160624bar (2)

こちらは、さっきと雰囲気ががらりと変わって、ここは本当に北京なの?

160624bar (1)

ワンショットで数回分の食事代と思いきや、おかわりは無料だそうです。北京のイメージを覆す空間、勉強になりました。

by aero-K

スポンサーサイト
9月1日 今日は仙台に出張
2015年 09月 01日 (火) 20:20 | 編集
今日から9月。今月は一応ソウル出張の予定があるので、仕事の合間にブロガーになろうと思います。といっても、自由時間は夜しかないので、行動範囲が限られちゃうんですよね。

今日は、東北に外国人観光客を呼ぼうという会議が仙台であり出張です。夜の新幹線の車内は、疲れたビジネスパーソンで静かかと思いきや、前方の座席のOLさん、しゃべる、しゃべる。出張なんでしょうか、同僚か、上司と一緒なのか、ずっとしゃべりっぱなし。課長論なんかぶったりして、耳に障るキンキン声なので、まぁ、うるさいこと。このまま青森まで行くのだろうか?

さて、私にとって、仙台といえば、牛タンというよりも、回転寿司のイメージが強い。かつて、幼少のみぎり、2度ほど仙台に住んだことのある私が、初めて行ったのが、仙台駅前にあった元禄寿司。当時、仙台駅前には、エンドーチェーンがあり、もう一つ、丸光デパートだったかな。その丸光デパートと名掛丁のアーケード街の間にあったのが元禄寿司。

今では、名前こそ変わったものの、同じ場所にまだあります。

150901sushi (2)

今日のおススメです。

150901sushi (3)

昼に入ったら、満員でした。

小さい頃は、エビと穴子が好きだったのですが、大人になってからは、もっぱら光物です。

最初に、鰯。

150901sushi (4)

次はしめ鯖。

150901sushi (5)

烏賊で小休止。

150901sushi (6)

続いて、秋刀魚。

150901sushi (8)

それから、鯵。

150901sushi (7)

その次は、はまち。

150901sushi (9)

そして、真打ちの金華鯖の登場。

150901sushi (11)

最後に鮪。

150901sushi (10)

〆は鉄火巻です。

150901sushi (1)

子どもの頃から食いっぷりはよかったみたいで、たまに、元禄寿司に連れて行ってもらっては、お店の人に、でかい握りをサービスしてもらった記憶があります。昔は回転寿司といっても職人肌で、メニューにはないサービスをしてくれたんですね。

そんなことで、最近、仙台出張の際には、ノスタルジーに浸って、名掛丁の回転寿司にきています。

それにしても、電波を拾えないところをみると、新幹線の中はWi-Fiはダメなのかな。東北に外国人観光客を呼ぼうと言っている時に。

by aero-K

これぞ屋台料理だ!蚵仔煎
2015年 08月 08日 (土) 12:33 | 編集
これぞ屋台だ!という写真がまだありません。

屋台といえば、「煎」。この看板でしょう。

150722egg (2)

店先にはその食材が並んでいます。

150722egg (3)

なんだかわからない食材もあります。

150722egg (1)

ここは定番のカキでしょう。蚵仔煎60元。

まず、鉄板にカキを投入。

150722egg (4)

炒めます。

150722egg (5)

恐らく小麦粉を水で溶いたものも一緒に入れましたので、固まってきます。

150722egg (6)

そこに、卵を割って入れます。

150722egg (7)

そして、黄身をつぶします。

150722egg (8)

焦げないように注意を払い、

150722egg (9)

形を整え、

150722egg (10)

ソースを塗ったらできあがり。

150722egg (11)

カキのオムレツです。

150722egg (12)

小ぶりのカキがプリップリッしています。火が通り過ぎてはいません。絶妙の半煮えです。

150722egg (13)

いいねぇ屋台文化。

まだまだ気になる屋台がありましたが、

150722egg.jpg

今回はこれでおしまい。ホテルへ戻って、帰国の準備をしたのでした。

by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。