自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七戸町散策の前に、手打ちそばで腹ごしらえ
2016年 03月 28日 (月) 12:51 | 編集
農産物直売所を出て、七戸町に向かう、その前に、ちょっと早い腹ごしらえです。

140326soba (1)

これを見て足が止まりました。

140326soba (3)

おばちゃんがそばを打っています。

140326soba (4)

これは食べてみないと。これまた名産のながいもと合わせた、とろろそばにしました。

140326soba (5)

田舎風の食べ応えのあるそばです。

140326soba (6)

そばだけではちょっと物足りないので、先ほど気になったこれ。商品名は「赤飯」になっています。

140326soba (7)

ビニールを取ってみると、どうみてもゴマせんべいです。

140326soba (8)

せんべいとせんべいの間に、赤飯が入っています。

140326soba (9)

この赤飯、予想と違って、甘くない。せんべいは、しんなりとしています。

140326soba (10)

なんで、このようにして食べるのか、よくわかりません。

さて、観光案内所で聞いたら、ここから街中まで徒歩30分とのこと。30分程度はなんてことないので、さぁ歩きましょう。特売所をでてすぐ、馬のモニュメントの前で写真を撮る2人、微笑ましい。

140326soba (11)

国道を歩いて、街中へ。

140326soba (12)

しかし、なんで、七戸町なのに、七戸市街というんだ?

途中にある、昔、ボーリング場だった建物。

140326soba (13)

つぶれたパチンコ屋。

140326soba (14)

困ったのは、標識のわかりにくさ。

140326soba (15)

この標識は、役場に行くには右に行くのか?それとも、この三か所に行くのか?

結局、まっすぐ行って、道を失いました。くそーっ!


by aero-K

スポンサーサイト
七戸十和田駅前 野菜直売所
2016年 03月 27日 (日) 12:52 | 編集
さて、七戸十和田駅でのお出迎え隊、早めに終了したので、せっかくですから、七戸町を歩いてみることにしました。駅に併設されている交流センターには、豪華なひな人形が飾られていました。

160326yasai (1)

そして、七戸町は絵馬の町なんだそうです。

160326yasai (2)

七戸十和田駅の外観、近代的な建物です。

160326yasai (3)

遠くには、八甲田の山々が見えます。

160326yasai (4)

そして、駅前の農産物庁売所。ちょっと、待てよ~。あれはクマモンか?

160326yasai (5)

恐るべしクマモン、こんなところにまで。

160326yasai (6)

玄関には、結構気になる貼り紙があります。

160326yasai (7)

地元で人気の鶏の唐揚げだそうです。食べたいところを、グッと我慢。

160326yasai (8)

私は、ここの直売所が好きですが、休日はいつも混んでいます。

160326yasai (9)

七戸町のある、青森県の上北地方は、昔から稲作よりも野菜生産や雑穀生産が盛んです。収穫量が多いのは、ごぼう、にんにく、ながいも、そば、など。ですから、直売所では季節を問わず、新鮮な野菜が多いのです。

160326yasai (12)

ハウス栽培だと思いますが、北国では、今の季節に新鮮な葉物は貴重です。

160326yasai (10)

野菜を買って帰ろうと思いましたが、家に電話をしたら、要らないと言われ...

160326yasai (11)

それから、なんといってもながいも。

160326yasai (13)

加工品も多くあります。

160326yasai (16)

私の好きな豆しとぎも。

160326yasai (14)

この辺りは、そばの栽培も多いのです。

160326yasai (15)

甘いものも売っています。

160326yasai (19)

あんこの好きな私は、グラッときました。

160326yasai (20)

こちらのよもぎもちとか。

160326yasai (18)

赤飯も魅力的。

160326yasai (17)

そんな私が最も気になったのは、これ。

160326yasai (21)

ゴマせんべいなんですが、赤飯と書いていました。なんだこれ?


by aero-K

祝 北海道新幹線開業!
2016年 03月 26日 (土) 18:56 | 編集
2016年3月26日、今日は、青森県と北海道の皆さんには輝かしい1日となりました。関係者の皆さま、これまでの労苦が報われ、おめでとうございます。今日は、フェイスブックデも、北海道新幹線ネタが多く投稿されています。

私は、フェイスブックだけでは物足りず、久しぶりにブログの更新です。

今日は、奥津軽いまべつ駅、新青森駅、七戸十和田駅、八戸駅、県内四つの新幹線駅で様々な行事があります。一応、自分も観光関係者の端くれなので、七戸十和田駅でお出迎え隊に参加です。

7時半に七戸十和田駅集合。その時間帯に七戸十和田駅に行くには車で行くしかありません。しかし、我が家は土日は子どもたちの部活の送り迎え優先で、私は車を使えません。

そこで、無理をお願いして、新幹線に乗って七戸十和田駅に向かうことにしました。

5時半に起きて、6時16分のバスに乗って、青森駅へ。東京では桜が見ごろでしょうが、今朝の青森は、うっすらと雪が積もっていました。

160326towada (1)

切符を購入して、いざ新青森駅へ。

160326towada (2)

新幹線で一駅、14分で、1,700円。やっぱり、日本の交通費は高いと思いますね。1,700円あれば、韓国では、サムギョプサルと焼酎はいけますね。

160326towada (3)

電光掲示板の「新函館北斗」と「北海道新幹線」の表示。

160326towada (4)

新青森駅では、多数の有志による、歓迎のお出迎え。

160326towada (5)

手作り感満載の横断幕。

160326towada (6)

そして、県内のゆるキャラも集結。あれっ、いくべぇは?

160326towada (7)

新幹線到着を今か今かと待つ人々。

160326towada (8)

そして、やってきました。新函館北斗駅発の上りの一番列車です。

160326towada (9)

北海道新幹線は東北新幹線と顔は同じ。

160326towada (10)

ホームにいる人々も、乗客なのか、写真を撮りに来ているのか、お出迎えに来ているのか、もはやわからない状況。

160326towada (11)

私は、この新幹線に乗らないと。そうそう、北海道新幹線の印は、このロゴマークと、車体のラインの色が紫色であることです。

160326towada (12)

みんな、この北海道のロゴマークの写真を撮るために群がっています。

160326towada (13)

このはやぶさ10号は、函館発の一番列車なので、VIPのお歴々が多数乗っていて、新青森でごそっと降りました。ですから、新青森からは空席もありました。

160326towada (16)

北海道新幹線の優れているところはこれ。

160326towada (15)

全席にコンセントがあります。

160326towada (14)

これは便利です。スマホの充電もできるし、出張時にはパソコンの充電もできる。東京~新函館北斗館は4時間。その間の過ごし方も、電源があれば、かなりいろいろと楽しめますね。

さて、10分ちょっとで七戸十和田駅に到着。

160326towada (17)

新幹線は東京に向かって走っていきました。

160326towada (18)

お出迎え隊に合流しないと。

160326towada.jpg

七戸十和田駅では、ホームで手を振ることと、記念品の贈呈を行いました。

160326towada (19)

駅もお祝いムードです。

160326towada (20)

七戸十和田駅で降りるお客さんはそんなにいませんでしたが、さすがに、春は旅たちの時。スーツケースを引っ張って移動している方が多くいました。

160326towada (21)

県、町、宿泊施設の有志がホームで一列に並び、新幹線に向かって手を振ります。駅のホームとはいえ、外気を遮りませんので、冷えること、冷えること。

方向感覚がおかしくなり、新青森発なのか、東京発なのか、わからなくなりました。新幹線が到着する直前まで、私、反対の方角をずっと見ていました。



横断幕は、高く掲げないと、車内から見えません。

160326towada (22)

窓の向こうでも、こちらに気付いたお客さんが手を振っています。

160326towada (23)

そしてやって来たのは、東京発の下りの一番列車、はやぶさ1号です。

160326towada (24)

こちらの車体は、東北新幹線です。車体のラインの色がピンクです。



こちらも、窓の向こうから手を振っています。

160326towada (25)

こんな感じで、新幹線に向かって手を振り、10時になるところで、次の新幹線との時間の感覚が開くので、いったん解散となりました。

160326towada (26)

さて、帰りはどうするか?ここから、新幹線で青森に戻ったのでは面白くありません。しかも、カメラを持ってきているし...

aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。