自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョン・オッパの江南スタイル(その1)~タッカンマリで腹ごしらえ~
2013年 02月 22日 (金) 08:30 | 編集
久しぶりにソウルに行って参りました。
おかげさまで、大韓航空の搭乗マイルが3万マイルを超え、搭乗回数が40回となりました。(ほんとはもうちょっと乗ってるけど)
遂に私も、諸々の優先サービス等がある、大韓航空の「モーニングカム」メンバーなのでしょうか!

さて、
昨年、韓国アーティストである、PSYの「江南スタイル」という曲が、流行ったようです。
ユーチューブでも何億回?の再生回数があったそうなので、耳にした方も多いのではないでしょうか。

江南と書いて「カンナム」と読むのですが、簡単に説明すると、ソウルのど真ん中を「漢江」(ハンガン)という大きな川が流れており、その川より北の地区を「江北」(カンプク)、南を「江南」と呼びます。

江北は、ソウル市役所や歴史的建造物などが建ち並び、ミョンドンなど、ちょっとした都会的な人気スポットはありますが、ザックリ言うと、古風な感じです。古くからある企業の本部などもこちらです。

それに比べ、江南は、芸能事務所、テレビ局、高級百貨店、美容整形病院など、最先端なおしゃれ金持ちゾーン、といった具合です。例えば、仕事でそっち系の方と打ち合わせする時は、まず間違いなく江南です。

先ほどの、「江南スタイル」とは、江南にいる、とある男のなんかしらのスタイルなんだと思います。



さて、前書きが長くなりましたが、お仕事で知り合った、チョン氏(仮名)とお会いしました。
チョン氏は、年齢50手前で、TV番組制作、PR関係の仕事もこなす敏腕トッププロデューサーです。
間違いなく「江南」の人間です。

ちょうど、3.11の時ですが、ソウルで、日本の様子を横目で気にしながらも、真剣に仕事をして以来、下っ端サラリーマンの私ですが、仕事抜きで親しくしてもらっています。日本語も堪能です。


恐縮ながら、私が宿泊しているホテルにわざわざ来ていただいて、食事に行くことになりました。今回のホテルは、江北の古めのホテルです。江南スタイルじゃないです。


んで、何を食べたいか聞かれたので、「鶏、鶏が喰いたい!」と即伝えました。

「鶏か。肉ならいいとこわかるんだけどー、よし、タッカンマリ行くか」、ということで、タクシーで移動しました。

そういえば、2年前も同じ問いに対して、私も同じ答え、そして、チョン氏も同じリアクションだったことを思い出しました。


「そうそう、トド松っつぁん、ラインやってないの?あれ、韓国のネイバー(ポータルサイトの会社)が創ったんだけど、言語ちがっても自動で相手に翻訳してくれるので便利だよ、タダだし。」

ごめんなさい。私スマホでなく、ガラケーなので、やったことありません。



そうこう言いながら、つれて来られたのは、(江北にある)東大門にほど近い、タッカンマリ通りの名店「陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ」 。

・・・のはずが、幾重にもなった行列!

いったいどのぐらい待てばよいのかわからないぐらいでしたので、チョン氏は、すぐに方針転換。

近くのこちらの店に向かいました。
同じ、タッカンマリ通りにある「陳元祖補身(チンウォンジョポシン)タッカンマリ」 です。



DVC00676.jpg
 

それでも、店の外まで並んでいました。

ここは、チョン氏がこの店を紹介したことがあるそうで、その番組で紹介されたような張り紙が貼ってありました。
超人気グルメ番組だったそうで、放送されると間違いなく、当日から行列ができるそうです。TVパワーはどこもすごいですね。

チョン氏、レジのおかみさんになにやら話しかけて、チャチャいれています。でも笑いがおこっているので、大丈夫そうです。
そういえば、以前も、店員さんに話しかけたりしているのを思い出すと、つまりこれは、チョン氏のスタイルのようです。
・・・仲良くなって、なんか優遇してもらう?いやいやそんな打算ではないでしょう。社交的なのはTVマン特有の江南スタイルなのか!(江南ポイント1点目いただきます)


さて、
並び飽きていると、前の人が日本人女性2人ということに気づきました。

そして、店員さんに、その女性たちが席に呼ばれると、すかさず、チョン氏が店員さんに韓国語で「我々一緒です!」と言った風に見えました。いや、間違いなく言ったと思います。なんつーことするんだ!

結局、我々も一緒に通されて、席が隣になりました。

わかりにくいのですが、大きなテーブルを二つの鍋で食べることになりました。

「あのね。もし2人だったら、あそこのおじさんの隣で小さくなって食べなきゃいけなかったんだよ。4人だということで、広いテーブルに通されたんだよ」

そのようです。女性と仲良くなるチャンスがあり、さらに広い席で食べることができました。(江南ポイント2点目)




タッカンマリは、「鶏一羽」と書くとおり、要は鶏なべ、水炊きです。辛くありません。

早速金たらいのような鍋に鶏が入ってきました。

DVC00672_20130221125952.jpg 
(写真は鶏をはさみで切ったあとです)

鶏のほか、ジャガイモ、ネギ、ショウガ等がごろごろ入っています。

DVC00673.jpgDVC00674_20130221130008.jpg 

ぐつぐつ煮込まれた鶏を、辛さ押さえた唐辛子、酢、マスタードを自分で和え(餃子食べる時のように)、そのタレをつけていただきます。

うー、寒い冬には、染みます。サイコ-です!(タッカンマリポイント1点だなこりゃ)


DVC00675.jpg 
締めは、麺です。日本のラーメンと違って、うどん的な生麺と乾麺の間のような感じです。それスープに投入し、茹でてていただきます。


そうそう、日本人女性ですが、隣に座って置きながら全く話しないのは逆に気まずいので、私から話しかけました。いつもはそんなことするような人間でないのにー。
これは、もしかしてチョン氏がそういったシチュエーションに私を追い込んだからなのではないか。自分の手は汚さずに。
くー。(江南ポイント3点目)


とかなんとか言っちゃって、「どこから来たのか」、「青森って寒そうだね」的な話で、日本人どおしということで結構盛り上がりました。

女性たちは、1泊2日で東京から来たようで、女性専用チムジルバン(サウナ)に宿泊しながら、高級エステに来たようです。
韓国の美容事情の話や韓国ドラマの話をしました。

・・・気がつくと女性たちの会話の先は、完全にチョン氏に向かっていて、私はほとんど相手にされないようになりました。
美容、化粧品の最新流行事情はあたりまえ、韓国ドラマは、完全にチョン氏の十八番なのです。

そのうち、女性たち、チョン氏のことを「オッパ」と呼び始めました。
(韓国ドラマでよく耳にしますが、韓国女性が年上の男性に対する親しげな呼び方です。「~せんぱい」的)

ったく、チョン氏、国境を越えた人たらしですね、困った人だ。(江南ポイント4点目)



そうしていると、閉店時間となったので、次行くことになりました。



もちろん、、、先ほどの女性たちも一緒です。(江南ポイント5点目)

DVC00677.jpg 

・・・続く

by トド松っつぁん

スポンサーサイト
タッカンマリを食べるとテンションがあがる私
2011年 05月 18日 (水) 13:00 | 編集
はい、またタッカンマリです。

東大門近くで、食事をしようと、サムギョプサル(豚肉の三枚肉の焼き肉)の店に入ろうとしたら、
韓国人の友人に、「待て待て、あっちに行こう」と引っ張られました。

引っ張られた先は、タッカンマリのお店でした。
タッカンマリはそのまま訳すと「鶏一羽」。
鶏を豪快にぐつぐつ煮出して食べる鍋です。 あっさり系鍋の代名詞ですね。

注文するとド~ンとでてき巨大な鍋、というか「金だらい」!

「金だらい」に入っている一羽丸々の鶏肉を「裁縫ばさみ」でがんがん切ります。

DVC00004.jpg
 

切って、

DVC00006.jpg 

切って、

DVC00014_20110518125428.jpg

切りまくります。

日本的な繊細さはありませんが、豪快で韓国的です。


さて、その鶏肉を何で食べるかというと、

お手製のコチュジャンと醤油をあえたもので食べます。

日本人なのでこのようにお上品に食べます。

前回タッカンマリを食べたときも、こんな感じで。
 
DVC00008.jpg 

ったら、

「そんなのだめ、なにやってんの?、混ぜなきゃ、こうやって!」

と韓国人の友人。

あ~あ。
美しくない状態になってしまって、私、顔が引きつってしまいましたが、食べてみます。

DVC00009.jpg
DVC00012_20110518125411.jpg 

激カラ??いや、そうでもありません。ほんのり辛い醤油味なところです。

この味は日本ではちょっと無いかも知れません。

焼酎も回り、一羽おかわり。


締めは、ラーメンです。

残ったスープに生ラーメンを入れてゆであげます。
 
DVC00016_20110518125427.jpg 

もうもうと上がった湯気、テンション相当あがります。

っんまい!

アジュマおかわりジュセヨ!



おなかいっぱいになりましたが、上がりっぱなしのテンションが下がりません。

しゃあない。次行くか!

腹を抱えて、次なる酒場へ向かうのであった・・・。


ほんと、タッカンマリを食べると毎回テンションが上がるのはなぜ??


by トド松っつぁん

タッカンマリ通りのタッカンマリ
2010年 02月 22日 (月) 15:22 | 編集
最近ソウルで、もはや定宿となった「東横イン東大門」から歩いて行ける場所を探しています。

ひとつ見つけたのは、タッカンマリ通り。ホテルから歩いて10分程度、清渓川(チョンゲチョン)を渡って近くのところにあります。
DVC00075.jpg

「焼き魚通り」なる、いい塩梅に焼き魚の香りをまき散らす通りを抜けて、「タッカンマリ通り」に到着です。
狭い路地を挟んでタッカンマリのお店がひしめいています。

さて、全然調べて行かなかったので、どこに入ろうか迷ったものの、どこも混み混み。
タッカンマリの元祖の店らしきところも、恐ろしく混んでいました。

寒い夜だったので、考えることは日本人も韓国人も同じということでしょうか。

メインの通りから小道にきゅっと入ったところにある比較的すいている店に入りました。
「コソンオムナムタッハンマリ」というお店
DVC00074.jpg
DVC00073.jpg

韓国人に交じって、「2人」と手で2人である旨の意思表示をして、待つこと15分。
やっと席に着けました。
お客さんは、完全に出来上がっているオッチャンに交じって、若いグループも結構います。

「タッカンマリを1、メクチュ(ビール)を1」
と最低限の会話をして注文。

さっそく金たらいのような鍋が出てきました。これこれ、タッカンマリ!
鍋には豪快に鶏一匹が入っています。
DVC00066.jpg

ものすごい勢いの火で鍋に火をかけ、おばちゃんが大きなハサミで鶏をぶつ切りにしていきます。
併せて、トッポギ(餅)、砂肝もぶち込みます。
鍋を明けると、ふわ~~んと水蒸気があがります。
DVC00067.jpg

火力が強く、一気に出来上がりました。

さて、どうやって食べるのか?もちゃもちゃしていると、店員のおばちゃんが、
「取り皿に、この醤油と酢で味付けておくんだよ」と日本語で教えてくれました。
DVC00068.jpg
DVC00069.jpg

隣の韓国人は、さらにコチュジャンで真っ赤っ赤にしていました。
(ちょっとできないな・・・)

一口、「上手い!!」
鳥のスープ、肉に、醤油、酢が程良くマッチ!
お好みでニンニクで味付け。
ご一緒させていただいた人は、「韓国で食べた料理で5本指に入る!」と言っていました。


そして、追加で締めのラーメン投入!
ラーメンは手作りっぽさが魅力的な、太さがばらばらな生めんです。
DVC00070.jpg
投入して1分程度で出来上がり。アルデンテのうちにチュルッといただき!!
DVC00071.jpg
あ~これも本当においしかったです。

「お替り!!」
続けざまに2玉お替りしました。

本当にお腹いっぱいで満足でした。そして安い!!二重○です。

東大門地区で迷ったら、是非寄って行ってみてください。


◆コソンオムナムタッハンマリ
営業時間:9:00~24:00
タッカンマリ:1羽(16000ウォン)
※2人だと1羽で十分です。
ラーメン:別料金

ご参考:ソウルナビ

byトド松っつぁん
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。