自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスの中で転んだ
2014年 02月 21日 (金) 09:00 | 編集
なんという結末でしょう。金メダルは、浅田選手でも、キム・ヨナでも、リプニツカヤでもなかった。

今日の浅田選手はまるで別人ですね。一晩で何が変わったのか、昨日はどれほどの重圧だったのか、それは本人にしかわかりません。

昨日は、神様なのか、仏様なのか、一体どれだけの試練を彼女に与えるのかと思いました。今日の浅田選手の演技を見て、月並みですが、頑張った人は報われる。オリンピックの最後の舞台、しかもこれほどにまで追い込まれた状況で、自己ベストを出せるなんて。

演技直後の浅田選手の涙、それから、このオリンピックで初めてだと思われる笑顔を見て、私は思わずもらい泣きしました。

また、キム・ヨナ選手にしても、最終滑走のあの重圧の中で、ほぼノーミスで演技できるのだから、さすがですね。キム・ヨナ選手は、浅田選手がいたから、ここまでの選手に成長できたに違いないと思います。

浅田選手には、ありがとうと言いたい。異国の地に暮らす者にとって、日本人であることを意識するのは、オリンピックのような国際大会で、日本代表として戦う選手の姿を見るからなのです。

確かにスポーツは勝ってなんぼ。税金も使われている。でも選手だって万能ではない。選手を含めたチーム全体で勝ちに行っているのだから、メダルを取れなくて選手が責められるのだったら、監督、コーチ、スタッフ、日本選手団、各競技連盟の責任はどうなるんだと言いたい。

韓国は日本よりももっとシビアです。フィギュアのキム・ヨナ選手とスピードスケート女子500mのイ・サンファ選手は、金メダルを取るのは当然のこととされ、常にマスコミの注目の的。プレッシャーは相当あったと思います。不調のショートトラックにあっては、韓国代表になれなくて、ロシア国籍を取った選手が金メダルを取ったもんだから、なんでこんな事態になったのか、政府に指示で調査が行われるそうです。

ともかく、選手の皆さん、お疲れさまでした。


さて、私はというと、昨日バスの中で転びました。

ソウル市内のバスは、急発進、急停車がしょっちゅう。

昨日は、降りるバス停が近づいてきたので、席を立ち、出口付近へ移動。胸ポケットからスマホを取り出し、Tマネーカードの読み取り機に「ピッ」。

スマホを胸ポケットに入れようとした瞬間、「ドン」。

気が付いたら、体が左方向に投げ出され、カバン、その他を持った左手は荷物を持ったまま床に。右手は胸ポケット。右足がどこかにぶつかったようだ。座席に座っている人からは「お~」。

瞬間的に、バスのつり革、手すりをつかんでいなかったので、急発進か急停車で体が横に飛ばされたんですね。

とりあえず、スマホは胸ポケットの中に収まっていて無事だったのでよかった。だけど、右のふくらはぎがなぜか痛い。

韓国でバスに乗るときは、しっかりつり革か、手すりをつかんでいなければなりません。


by aero-K



スポンサーサイト
ソウルからバスに乗って田舎へ行く
2014年 02月 06日 (木) 09:00 | 編集
2月1日、土曜日、朝7時に起き、8時前に家を出て、地下鉄を乗り継いで、2号線の江辺駅で降り、東ソウル総合バスターミナルへ向かう。

140201yoju.jpg

ターミナルの前には、屋台が並んでおり、朝からお客さんが入っている。

140201yoju (2)

ここのバスターミナルに来るのは初めてだ。

140201yoju (3)

地方に行く人たちが多いのか、窓口は混んでいる。

140201yoju (4)

あらかじめ、インターネットのサイトで予約をしていた私は、こちらの機械に向かう。

140201yoju (5)

というか、なにも分からずに、この自動販売機の前に来た。

140201yoju (6)

そう言えば、インターネットで予約したときに、カードの番号を入力した。そのカードを読み取り機でピッと読ませてみた。

そしたら、乗車券が出てきた。その間、わずかに2秒。このシステムは、優れものだ。少なくとも、青森には、こんなシステムはない、と思う。

IMG_3851.jpg

出発時間まで20分くらい時間があったので、車内で食べるパンを買う。

140201yoju (7)

2階は高速バスの乗車券売り場となっている。

140201yoju (13)

江原道の町へ向かうバスのようだ。そもそも、2階の高速バスと、1階のバスの違いは何なのか?今回は、乗り比べることができない。どっちも高速道路を走行することは間違いないはず。次回、江原道に行って、試してみよう。

さて、1階のバス乗り場は、方面により、乗り場が分かれている。

140201yoju (8)

乗車券には28番乗り場と書かれてある。

140201yoju (9)

驪州(ヨジュ)と言えば、プレミアムアウトレットがある町だが、今回行くのはそこではない。

バス乗り場にはバスがあるが、驪州(ヨジュ)行きなのかどうかがわからない。おばさんもさっきから何度も聞いている。

140201yoju (10)

それもそのはず、目的地に「利川」と紙が貼ってある。

出発直前に、運転手がその紙をはがすと、驪州(ヨジュ)行きとなった。

140201yoju (11)

ソウルからは、およそ1時間の距離。終点ではなく、そのひとつ前の停留所で降りる予定。

バスに乗って、ふと気が付いた。「ピンポーン」のブザーがない。どうやって降りるのだろうか?

一抹の心配と眠気が戦っているが、眠気の方が優勢なのか、時折ウトウトする。

辺りを見回すと、田んぼが多い。確かに、利川は米の産地である。

田舎道を走っていると、何も言わずにバスが停まった。窓の外を見ると、そこには、降りる予定の停留所の名前。

慌てて、席を立ち、バスを降りた。

のどかな田舎の風景。ソウルから1時間しか離れていないのに。

140201yoju (12)

さぁ、これからどうするんだ?


by aero-K



バスに乗って明洞へ
2013年 04月 28日 (日) 09:00 | 編集
先週、先々週と仕事だったので、今週は久しぶりの休みです。今日(4/27)は天気が良かったので、午前中は選択した後、バスに乗って明洞に出かけました。(何も毎日通っている明洞に行かなくても良いのだけれど。)

いつも乗る麻浦駅前のバス停から一つ向こうの孔徳市場(コンドックシジャン)前のバス停まで歩きます。孔徳の交差点にはロッテシティホテルがあります。この地下にはロッテスーパーがあります。
001_20130428004742.jpg

バスが向かう方へ歩いていきます。
002_20130428004327.jpg

今は、ウリの季節。トラックで売りに来ています。
003_20130428004331.jpg

バス停に着きました。このバス停には4系統のバスが停まります。
012_20130428004458.jpg

私が乗るのは261番バスです。バスの路線図が書いてあります。
007_20130428004334.jpg

拡大すると、赤い丸がここのバス停「コンドックシジャン」、このバスは、ソウル駅、崇礼門(南大門)、南大門市場と回り、赤枠で囲んだロッテヤングプラザで降ります。
008_20130428004337.jpg

これが今乗る261番バスです。
009_20130428004451.jpg

263番バスは、地下鉄4号線の明洞駅前に停まります。
010_20130428004454.jpg

土曜日の昼下がり、バスの車内は、
015_20130428004501.jpg
前のカップル(この言い方は古いか)はべったりくっついています。だいたいにして、韓国のカップルはよくくっついています。高齢の方でも手をつないで歩いていますし。地下鉄のエスカレーターでも前後でくっついて、よくチュッチュしています。韓国人はキムチやニンニクをよく食べるので、息がくさくないのかと心配してしまいます。(食べた後は歯を磨くか。)

車窓から再建中の南大門が見えます。ほぼ完成しています。
018_20130428004503.jpg

降りるときはブザーを押して、これは「ピンポーン」ではなく、「ブーッ」と鳴ります。
023_20130428004628.jpg

そして、交通カードを「ピッ」。
022_20130428004625.jpg

韓国人は気が早いので、バス停に着いてから席を立つようなことはしません。次のバス停に着くまでに、交通カードを「ピッ」とし、ドアのところまで進み、降りる準備をします。

ロッテヤングプラザ前のバス亭はバスが渋滞しています。
027_20130428004635.jpg

そして、バス停の正面に、私の勤務する事務所が入っている韓進海運ビルがあります。
アパートのほぼ正面にバス停があり、勤務先の正面にバス停がある。バスはとても便利です。

帰りはバス路線に沿って歩いてみました。先ほどの南大門が見えます。門の中から見えるのはソウル駅方面でしょうか。
035_20130428004638.jpg

ソウル駅が見えてきました。カレールーを欲しかったんだと思いだし、そのままソウル駅方面に歩いていきます。
040_20130428004707.jpg

ソウル駅に着いたら、手前の階段を上って、ロッテマートへ。
041_20130428004712.jpg

ここのロッテマートにはよく来るので、ポイントカードを作って、さっそく買い物です。
買い物の後は、ソウル駅から空港鉄道に乗って孔徳駅で下車、地下鉄5号線に乗り換えて、次の麻浦駅で降り、アパート到着です。

バスは結構便利です。しかも、あまり混んでいないので座れるのがいい。バス路線をマスターすると、行動範囲が広がるので、まず乗ってみようと思います。

By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。