自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狎鴎亭のお洒落なカフェで二次会
2015年 03月 07日 (土) 17:22 | 編集
この間の中国料理での飲み会、二次会は狎鴎亭のとあるカフェ。

150305cafe (2)

店頭には高級車が並んでいます。そういう我々も、BMWに乗ってきました。

お洒落なカフェです。

150305cafe (3)

きれいなお嬢さんがたくさんいます。

こういうところにはあまり来ないので、落ち着きません。

150305cafe (4)

ビタミンティーがいいというのです。

150305cafe (6)

ビタミンティーの中身は、オレンジ、レモン、ハーブなど。

一緒に食べたワッフルもおいしかったです。

150305cafe (5)

そして、お店からのサービスのアイスクリーム。

150305cafe (1)

焼きたてのパンの上に乗っかった、アイスがトローリととろけます。連れてきてくれた社長さんが常連だからのサービスです。なんたって、狎鴎亭に豪邸を構えているそうなので。話を聞いても、けた違いでした。

by aero-K

スポンサーサイト
ソウルで飲むスコッチウィスキー
2015年 01月 31日 (土) 12:51 | 編集
日本では、朝ドラの影響で、ウィスキーの消費が伸びているとか。

ここは、漢江の南、アックジョン。

150106wis (1)

今月あった飲み会で行ったところ。この辺り、飲み会でなければ、来る機会がほとんどありません。

150106wis (2)

オーナーさん、カジュアルレストランだと言っていましたが、とてもそんな風には見えません。

カウンターバーでもあり、

150106wis (3)

DJブースのあるクラブでもあり、

150106wis (4)

娘さんが社長であり、友達の芸能人も来るそうで、アックジョンの人は、どこかが違う。

また、オーナーさんが太っ腹な方で、好きな酒を何でも飲めと。

最初は、ビールを1本飲んで、次からはウイスキー。グラスを二つ用意して。

150106wis (6)

まずは、マッカラン。

150106wis (7)

久しぶりに飲むシングルモルトウィスキーは美味しい。そしたら、オーナーさん、マッカランでラブショットをし始めました。ラブショット、二人で腕を組んでの一気飲みです。こんなに美味しいお酒を一気飲みしなくても。ちなみに、オーナーさんは女性。こんな飲み方だから、ボトル一本、あっという間に空きます。

次のお酒はグレンフィディック。

150106wis (8)

これも美味しいですね。ロックで飲むのがいいのでしょう。

料理はいろいろありましたが、印象に残ったのは、ムール貝のトマトソース煮込み。

150106wis (9)

ムール貝を食べるのは、屋台の飲み屋と変わりません。味は全く違いますけど。

ウィスキー2本空いたところで、私は、これ以上は飲めない感じ。

しかし、これだけですむはずはなく、二次会へ。

150106wis (10)

しかも、これか食べるの?て感じのスンデクッ(スンデ鍋)。

150106wis (11)

これに焼酎ですから。意外とスンデは食べやすく、お腹の中に入っていきましたが、焼酎は少し口を付けただけでアウト。お腹の中では、ウィスキーと焼酎がグルグル回り、酔いも回ってきます。水を飲みたい、水を。

二次会が終わった時、すぐにタクシーに乗ることはできず、しばらく歩き、酔いを醒ましてから帰りました。

それにしても、ソウルで飲むシングルモルトウィスキー、美味しかったですね。

투쉐
http://touche.co.kr/

지도 크게 보기
2015.1.31 | 지도 크게 보기 ©  NAVER Corp.



by aero-K


クリスマスを探して イテウォン&アックジョン
2013年 12月 26日 (木) 14:00 | 編集
クリスマスの夜、クリスマスっぽさを探してさまよいました。クリスマスの夜にカメラ片手でぶらつく中年、やばいっすね。

まずは、梨泰院(イテウォン)。外国人が多いから、雰囲気が違うかなと行ってみました。

ハミルトンホテルの前に、少しはイルミネーションがあったけど、大したことはない。

131225christmas (3)

それにしても、コチラの人は、イルミネーションが大好きらしく、みんな写真を撮っている。青森も、電球何個使えばよいかわからないけど、世界一のイルミネーションと打ち出せば、絶対韓国人がきますよ。

131225christmas (4)

路地を入ったケーキ屋さんのディスプレイは、かわいいクリスマス仕様でした。

131225christmas (2)

梨泰院から、地下鉄6号線、3号線と乗り継ぎ、向かった先は狎鴎亭(アックジョン)。アックジョン、その呼び方も頭に残らないし、この漢字で「アックジョン」。難しい街だ。

131225christmas (5)

狎鴎亭(アックジョン)から、清潭洞(チョンダムドン)へのブランド通りを歩いていきます。まず目についたのが、ギャラリア百貨店。建物自体の色が、次から次へと変わっていくので、見ていて面白い。

131225christmas (6)
131225christmas (7)
131225christmas (8)
131225christmas (9)

向かいのギャラリア百貨店は、ゴージャスそのものです。

131225christmas (10)

ここから清潭洞(チョンダムドン)のほうへ歩いて行くと、ブランドショップが次々とあります。


カルティエはクリスマス仕様になっています。

131225christmas (11)

その隣のフェラガモには、クリスマスリースがありました。

131225christmas (14)

プラダは普通。

131225christmas (12)

グッチはゴージャス。

131225christmas (13)

ヴィトンは普通。

131225christmas (15)

ロールスロイスの高級車が置かれています。どれもこれも、私からは縁遠い存在です。

131225christmas.jpg

それにしても、夜とはいえ、まだ早い時間なのに静か。閉まっているところもある。寂しい。通りを歩く人がほとんどいない。クリスマスには、こっち方面には来ないのか?

交差点のコーヒーショップが、一番きらびやかでした。

131225christmas (16)

ちなみに、この辺りのブランドショップは、デパートやショッピングセンター内のお店と違い、「セール」の文字はありませんでした。だから、みんな来ないのかな?


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。