自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月、ソウルは雪も降り,寒くなりました
2014年 12月 03日 (水) 23:27 | 編集
今日の昼食は、プルコギでした。

IMG_9570.jpg

気が付いたら、もう12月。しかも、3日も過ぎました。ここ数日、更新をしていなかったのは、病気で伏せていたわけでもなく、日本に帰っていたわけでもなく、旅行に出かけていたわけでもありません。

先週の木曜日、昨日、一昨日と、延世大学韓国語学堂の試験があり、試験勉強に追われていたため、ブログまで更新する余裕がなかっただけです。その間、ソウルでも雪が降り、だいぶ寒くなりました。去年、暖房費が高かった反省から、今年はどこまでオンドルを点けないでいけるか、くだらない耐久レースを行っています。まぁ、今週いっぱいでしょうね。

さて、12月に入ったこということは、私の韓国生活も残り4か月を切りました。これから、仕事の面でも、プライベートの面でも徐々に帰国の準備を進めていかなければなりません。

なんでも、韓国駐在員は3度泣くんだそうです。最初は、韓国への赴任が決まった時、韓国へ行きたくないと泣き、次は赴任期間中に日本に早く帰りたいと泣き、最後は日本へ帰任する時に帰りたくないと泣く。今の私は、この最後の局面ですね。頼むから、時間よもっとゆっくり過ぎてほしい。全然急がなくてよいから。もっと時間が欲しい。

韓国からだと安く海外旅行に行けるので、どこかに行きましたか、とよく聞かれます。確かに、日本にいるときよよりは、まして青森よりは海外旅行に行きやすいでしょうが、私と言えば、その時間的余裕も、経済的余裕もなく、海外は日本に帰っただけ。

韓国国内ですら、北漢山をはじめ、雪岳山、安東、群山、浦項、晋州、慶州、等々、まだ行っていないところ、もう一度行きたいところが山ほどあります。2年間の期間内で、思ったほど行けていないですね。

今月も、済州、全羅北道、順天と出張がありますが、その合間を縫って、一つでもつぶしていかないとダメですね。

途中で、力尽きるかもしれませんが、今からラストスパートです。


by aero-K


スポンサーサイト
人気店のプルコギは美味しいね
2014年 02月 15日 (土) 05:20 | 編集
NHKのアナウンサーが、「歴史的な夜になりました。あなたも、私も歴史の目撃者です」とコメントしました。

正直言って、テレビの前で寝ていましたので、3位になったカザフスタンの選手の演技も、町田選手の演技も見ていませんでしたが、羽生選手、ショートプログラム1位からの逃げ切り、よかったですね。

多分、「転んでも金メダルを取れたことをどう思うか?」という意地悪な質問が各国メディアからあっての、NHKのインタビュー冒頭での羽生選手の「悔しい」というコメントだったのでしょう。

それにしても、羽生選手の金メダル決定後は、確か、リンクのドアを開け閉めをしていた運営要員が羽生選手と2ショットの写真を撮っているし、自由な雰囲気だ。

今から寝ると、起きるのは昼近くになってしまいますし、微妙な時間帯です。

ということで、ちょっとだけ、ブログの記事の整理をしています。


さて、何年か前、鐘路に韓一館という韓国料理の有名なレストランがありました。

それが再開発により、建物がなくなり、狎鴎亭に移転し、景福宮の前、日本大使館の近くのビルの地下に景福宮店ができたんだそうです。

お昼時は、順番待ちの行列ができる人気店です。

このたび日本に帰国する駐在員のお別れ昼食会があり、参加しました。個室があるので、小さい集まりには使いやすそうです。

盛付方がとっても、上品です。

140211kogi (2)

取り箸があるのが、韓国式ではないみたいです。

140211kogi (3)

熱々のプルコギです。一口食べて、甘い!肉の甘味と、砂糖の甘味もあるのでしょう。プルコギは、辛いものが苦手な方でも大丈夫ですので、万人向きの料理ですね。

IMG_3957.jpg

プルコギを食べ終わると、店員さんが、「食事はどうしますか?」。出た、肉を食べた後の食事。そう言えば、プルコギにはご飯が付いてきませんでした。プルコギの汁をご飯にかけて食べればちょうどよいのですけど。

食事は、マンドゥタン、ユッケジャン、ウゴジタンの汁物3品か、ネンミョンの中から選べるそうです。プルコギにマンドゥは食べすぎだと思いましたので、私は、ユッケジャンを注文。

その前に野菜サラダを食べます。

140211kogi (5)

そして、ユッケジャン。器は、普通の1人用の器よりは小さいと思いますが、それでも、結構なボリューム。見た目ほどは辛くなく、ねぎ、玉ねぎ、えのきだけの野菜類や牛肉の薄切りが入っています。美味しいですねぇ。

140211kogi.jpg

お上品な料理を美味しくいただきました。

お店の日本語のHPもあるので、便利です。

韓一館HPはコチラから

そういえば、2月14日(金)の北海道新聞でこのブログが紹介されました。もちろん新聞ですので、実名入りの記事になっているんですが。このブログをご覧いただいている北海道在住の方がいらっしゃいましたら、新聞もどうぞチェックしてみてください。


by aero-K


新村のプルコギ、韓牛で300グラム15,000ウォン!
2013年 08月 09日 (金) 09:00 | 編集
ワールドカップ競技場を後にして、地下鉄6号線で広興倉駅下車、徒歩5分で、K氏があらかじめ調べたプルコギ屋さんに。午後9時半過ぎ、店頭には、椅子に座って待っている?人が多数。このお店は、いろんなブログにも出ている有名店「イェンマッ ソウルプルコギ」。髭のおやじの有名店です。

お店に入って、レジに行って、3人だと言うと、なんだか言い返してくる。こっちは3人韓国語がわからないもんだから、レジに立っていると、厨房から髭のおやじが出てきて「フィニッシュ」。なんだ、そういうことか。

地理感覚がなかったので、タクシーで新村の現代デパート前に向かいます。基本料金で到着。運ちゃんには悪いことしたな。

「もう、頭がプルコギになっているよね。」と、プルコギ屋を探します。

「これは、鶏だしな~。」私が先頭となり、新村の路地を探検。そこは、鼻の効く私。なんか見つけました。
20130803bulkogi (16)

「プルコギ、プルコギ」
20130803bulkogi (11)

「韓牛で、300グラム、15,000ウォンですよ。」「さっきのところと同じじゃない、入ろう、入ろう。」
20130803IMG_0537.jpg

早速お店に入りました。名前は、「イェンマッ ソウルプルコギ 新村店」とあります。さっきのお店の支店なんでしょうか。
20130803bulkogi (13)

入り口にも韓牛の表示が。和牛は黒毛ですが、韓牛は赤牛なんですね。
20130803bulkogi (14)

メニューを見て、「プルコギ3人分!」
20130803bulkogi (7)

ほどなく、炭火と鍋が運ばれてきます。
20130803bulkogi (8)

そして、プルコギ3人分。
20130803bulkogi (2)

まず、キノコと野菜を鍋の周りに置きます。
20130803bulkogi (3)

そして、真中に肉を置きます。肉の上にネギを載せます。
20130803IMG_0529.jpg

出来上がりです。
20130803bulkogi (10)

美味しいです。脂身の少ない韓牛ですから、いくらでも食べられます。プルコギは、甘い味付けが多いですが、ここは、甘さも控えめ。ちょうど良いです。ご飯を一緒に食べたくなる美味しさです。

最初に行った繁盛店、繁盛店かもしれませんが、店員の対応はイマイチでした。こっちは、超満員ではないにしろ、そこそこお客さんが入っています。

この味で韓牛が300グラム、15,000ウォン、ホームランです。

肉を食べ終わった後には麺というか、太い春雨のようなものを入れます。
20130803bulkogi.jpg

これが、肉のうまみを吸って、美味しくなります。

みんな大満足でした。


お店の位置、口では説明しにくいので、ここです。ちなみに、日本語のメニューはないようです。
20130803bulkogi (15)


by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。