自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここはソウル市内なの?新村にあるチムジルバン
2013年 12月 23日 (月) 09:00 | 編集
延世語学堂に通うバスの中で看板を見て、気になっていたんですよね。新村からずっと歩いていきました。看板のところを山手に、坂道を上っていきます。住宅があって、その奥にありました。

131214sauna (2)

ここはソウル市内なのかと思うくらいの山あい。そして、セマウル運動の石碑。

131214sauna (3)

バスが、通っていたんです。このバスは、新村駅に行きます。

131214sauna (4)

入口で1万ウォンを払い、チムジル服を受け取り、下駄箱へ。男湯は3階で、チムジルバンは1階。

131214sauna (1)

日本語の表記があるので、日本人でもわかります。

131214sauna (6)

まずは、お風呂で汗を流します。

131214sauna (5)

そして、チムジル服を着て、チムジルバンへ。

131214sauna (7)

写真はここまで。この先もスマホで取ればいいのでしょうけど、持ち歩きたくないので。

ここのチムジルバン(炭釜)は屋外にあります。土で作った釜に薪がくべられています。

温度は、高温と中温。中は4畳半くらいのスペースに、びっしり、20人くらいいます。誰かが出てくれないと入れません。中温は、本当に熱くない。20分くらい入って、じわじわと汗を出します。

もう一つ、すんごく熱い釜があります。靴下をはいて、汗蒸幕用毛布で体をクルミ、熱気に触れないようにしないと、大変です。たぶん、全身やけどになってしまいます。熱いを通り越して痛いので、汗が出ません。これは危険な釜です。

週末の夕方に行ったので、人、人。風呂場も人、チムジルバンの中も人、マットを敷いて横になるスペースもない。今度は、平日に代休を取って、1日中過ごしたいと思います。ご飯も食べて、垢すりもして。

今まで入ったチムジルバンの中では、最も伝統的なチムジルバンです。ビルの中にあるチムジルバンと違って、本格的に薪を燃やしているのがポイントです。

2013122303.jpg
2013122302.jpg


by aero-K

スポンサーサイト
麻浦のチムジルバンで汗を流す
2013年 06月 16日 (日) 09:00 | 編集
麻浦のアパートの近くにチムジルバンを見つけました。
sauna (9)

ホームプラスの地下にあります。
sauna (7)

中で食事もできるようです。
sauna (12)

そんなに大きくはなさそうです。
sauna (1)

料金は、昼は6,000ウォン+チムジル服1,000ウォンです。
sauna (13)

入口には薪が積まれています。
sauna (15)

早速入りました、が、写真はここまで。

まずは、大浴場で体を洗い、それから、チムジル服を着て、チムジルバンへ。

釜は一つです。薪を燃やして、その熱を釜に循環させるシステム。アイス室もあります。

釜の中には、元気なアジュンマがいっぱい。おしゃべりが、うるさいこと、うるさいこと。

釜の外では、アジュンマがたくさん寝転がっていて、横になるスペースがない。

床屋があったので、髪をカットしてもらいました。アジョシが耳元で話しかけてきますが、何を言われているのかわからない。お任せです。料金は、10,000ウォン。

汗を流し、髪を切り、さっぱりしました。

このチムジルバン、アパートから歩いて10分くらい。こりゃいいや。


By aero-K


チムジルバンに行ってきました (まさかのおっさん二人旅 その3)
2011年 01月 12日 (水) 08:30 | 編集

ホテルに着いたのが21:00頃、最寄りの駅は地下鉄5号線、ということで、「長漢坪」駅から、市内方向3つ目「往十里」駅から徒歩5分のマンションの地下にある、行きつけのチムジルバンに行きました。

map.jpg
signboard.jpg
entrance_20110111152041.jpg 

 以前、この近くにあった田豊ホテル(今は閉店しました)に泊まったときに、フロントで教えられて行きました。

 受付でまごまごしていたら、この近くでボクシングジムを経営する金さんが、全部段取りを付けて、利用方法を教えてくれました。

リーズナブルな料金設定と、あずましさに、病みつきになってしまい、ソウルに来たときは、だいたい行っています。

sauna1.jpg 

 24時間営業、料金体系は、5:00~9:00が早朝割引で3,000ウォン、9:00~21:00が5,000ウォン、21:00~5:00が夜間料金で7,000ウォン。それに、サウナ服(ジャージ)を借りると1,000ウォン。

 大浴場と西洋式サウナを利用する場合、サウナ服は不要ですが、チムジルバンの場合はサウナ服が必要。

 ここから先は、写真で紹介できないことが残念です。
 1.受付で料金8,000ウォンを払います。
 2.ここから先は、男女別の入口。
  靴を脱いで、靴箱へ入れ鍵を閉めます。

iriguchi.jpg
 
3.番台のアジョシに、料金を払ったときのレシートと靴箱の鍵を渡します。そして、着替えのロッカーの鍵とサウナ服を受け取ります。

4.早速服を脱いで、まずは、大浴場へ、汗を流します。大浴場には、西洋式サウナや、ジェットバスなどもあります。また、垢すりをすることもできます。垢すりは、マッサージを加えるといろんなメニューがありますが、基本料金は15,000ウォンです。パンツ一丁のアジョシが、ゴシゴシとこすってくれます。垢すりの料金は、帰るときに番台のアジョシに支払います。

5.体が温まったら、大浴場を出て、サウナ服を着ます。そして、チムジルバンエリアへ。チムジルバンエリアは男女一緒です。温度が違うチムジルバンがたくさんあります。汗を流して、大広間にうたた寝し、また、汗を流してを、好きなだけ繰り返します。この日は、22:00頃について、日付をまたぎ1:00までいました。

6.最後は、もう一度大浴場で、軽く汗を流して帰ります。

sauna2.jpg
 (ここは大浴場エリア)
 ※ 上の写真、なんか本当に微妙な雰囲気ですが、そっちのけはさらさらないです、一応。


 チムジルバンのよいところは、西洋式サウナと違って苦しくなく、比較的温度が低いので、じわじわと汗が出るところです。

 午前0時近くでも子どもが走り回っていたり、仮眠室ではカップルが寄り添っていたり、韓国人の生活を垣間見ることができます。

 スポーツマッサージのコーナーや、マッサージ器、PC部屋、喫茶コーナー、食堂もあり、1日中楽しめます。体を冷やすためのアイスサウナもあります。

 以前、ドラゴンヒルズスパにも行ったことがありますが、あちらはちょっとおしゃれなチムジルバン。こちらは、生活臭が漂うチムジルバンということで、往十里のチムジルバンは、私のお気に入りです。

 ホテルへの帰りは、金曜の夜でもあり、なかなかタクシーがつかまりませんでしたが、約7,000ウォンでした。
 体をリフレッシュして、明日からの食い倒れの旅です。

By aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。