自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷った時は、チャンポンとチャジャンミョンのハーフ&ハーフ
2015年 07月 29日 (水) 12:05 | 編集
7月20日の昼食。何を食べるか迷いました。この日の夕食は食べられないことが想定されるので、ガッツリ食べておく方がよい。しかし、韓国らしいものを食べたい。韓国らしいものといえば、チャンポンもチャジャンミョンも食べたい。いっそのこと、どちらも食べちゃおうか。

150720lunch (2)

チャンポン、チャジャンミョンといえば、香港パンジョム。ここは安いし、味も良い。

150720lunch (3)

チャンポンが4,500ウォン、チャジャンミョンが4,000ウォン。どちらも、プラス1,000ウォンで大盛りにできます。ただ、残念ながらハーフ&ハーフはありません。

こんな時は、チャンポンとチャジャンミョンをそれぞれ注文し、半分ずつシャアして食べるのが良し。

チャジャンミョンは大盛りにしました。

150720lunch (5)

チャンポンは、麺が切れていないので、小皿に取り分けるときは注意が必要。気が付くと麺を全部取ってしまったので、またやり直し。

150720lunch (4)

チャンポンの辛さと、チャジャンミョンの脂っこさが、ハーフ&ハーフでちょうどよくなります。

150720lunch (1)

両者ともメタボには絶対に悪いに決まっていますが、なんとも言えないこの誘惑に負けてしまいます。チャンポンも、チャジャンミョンも美味い。これぞ韓国、といった感じです。この後に、マンゴーパッピンスを食べに行ったんですよね。


by aero-K



スポンサーサイト
アパートの近くに、チャンポン屋ができた
2015年 02月 06日 (金) 14:19 | 編集
麻浦のアパートの近く。

IMG_1066_20150206121909548.jpg

よく行く、チャンポン屋ができていた。この店は、明洞にも、鍾路にも、江南にも、いろんなところにお店があるチェーン店なのだが、簡単に食事を済ませたいときは便利で、よく行くお店。

たくわんと生玉ねぎは食べ放題なので、血液をサラサラにするために、玉ねぎを多めに食べる。

IMG_1059_20150206121905aba.jpg

この日に食べたのはチャンポン。ちなみに、メニューの基本は、チャンポンとチャジャンミョン。

IMG_1061.jpg

チャンポンの大盛りで5,500ウォン。野菜だって、ムール貝だって、たくさん入っているが、ここのお店の具の量は、他のお店より少ない気がしたので検証してみた。

次の写真は明洞2号店。

ing1065.jpg

撮影日は、2013年4月16日なので、ソウルに来たばかりの頃に、事務所のスタッフと一緒に行ったときに撮影したもの。この時も大盛りを食べたと記憶しているが、明らかに野菜の量が違う。

次の写真は明洞店。

ing1068.jpg

撮影したのは2013年6月27日。被写体からの距離が違うから一概には言えないが、ムール貝が顔を出しているビジュアルは、野菜の量も多そうに見える。

次の写真はコエックスの近く。

ing1067.jpg

撮影したのは2014年11月13日。これも明洞店に比べれば明らかに野菜の量が少なく、どちらかと言えば、麻浦店に近い方。

こうして比べてみると、店によって、撮影した時期によって、麺の上の野菜の量が全然違うことがわかる。これが、店によって違うのか、時間の経過とともに少量化してきたのかがわからないので、厄介だ。

一つ言えるのは、明洞の2軒は、今でも野菜の量が多いのか、改めて検証してみる必要がありそうだ。

まぁ、そういうことは置いておいて、モッチモチの麺を食べて、今度はチャジャン麺を食べようと思った。

IMG_1064.jpg


by aero-K


西小門で、ほたてチャンポンを食べる
2015年 01月 29日 (木) 12:30 | 編集
ここは、西小門。地下鉄2号線の市庁駅10番出口を出て、忠正路の方面に歩いていくと、中央日報のある交差点を直進し、線路を渡り、もうちょっと行ったところにあるビルの1階。

150128hotate (1)

前に店の前を通った時、店頭でPRビデオを放送していて、そのチャンポンのビジュアルの良さに目が釘づけ。今度行こうと思ったのです。

150128hotate (2)

「出世麺」とか「チャンポン天国」とか書いています。

150128hotate (3)

ほたてチャンポンは千ウォン値上がりしています。

150128hotate (4)

出世麺は、PRビデオでは、刀で削った刀削麺のようです。

ほたてチャンポンを頼みました。

150128hotate (5)

ほたてだけでなく、トコブシも乗っています。

150128hotate (6)

ほたては3個です。

150128hotate (7)

残りはムール貝です。

150128hotate (8)

まずは、貝殻を外さないと食べられないので、貝殻を外すことに集中。

150128hotate (9)

結構時間がかかりましたが、太麺なので伸びてはいません。

150128hotate (10)

ただ、PRビデオとは違い、手打ち麺ではありませんでした。

スープは魚介の旨みが詰まっているのですが、恐らく、辛いのでしょう。汗が出てきます。にもかかわらず、スープもほぼ飲み干して完食。

出世麺を食べたので、今後の出世も間違いなし。若者たちは、チャジャン麺の大盛りを食べていて、美味しそうだったので、今度食べてみたいと思いました。

150128hotate (13)
150128hotate (12)

지도 크게 보기
2015.1.29 | 지도 크게 보기 ©  NAVER Corp.



by aero-K


copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。