自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二日酔いの朝には(まさかのおっさん二人旅 その4)
2011年 01月 13日 (木) 08:30 | 編集
韓国人は、二日酔いの朝には「ヘジャンクッ(解腸スープ)」を食べるそうです。ということで、やって来ました、ヘジャンクッの元祖「清進屋(チョンジンオク)」。
 
001_20110111154624.jpg

創業1937年、なんと、73年間当地で営業しています。

この辺りは、「ピマッコル」と呼ばれ、いわゆる路地裏に飲食店が密集していたそうですが、再開発の波に飲まれて、清進屋も今はビルの1階にあります。

地下鉄5号線「光化門」駅4番出口を出て、鐘路の方面へ歩き、最初の交差点のビルに、「ピマッコル」という看板があり、歴史を説明しています。

002_20110111154624.jpg
003_20110111154624.jpg


ビルの中には、往事の清進屋を忍ばせる、パネルが展示されています。

004_20110111154623.jpg
005_20110111154623.jpg
006_20110111154622.jpg 

また、超有名店らしく、入口には、これまで取材された番組の様子もパネルになっています。
見たことがあると思ったら、リュ・シュウォンの料理番組ですね。

007_20110111154711.jpg 008_20110111154711.jpg
009_20110111154711.jpg 

席に着くと、アジュンマがキムチとカクテキを持ってきて、ヘジャンクッを二つ注文。

すぐ出てきました。これがヘジャンクッ。

010_20110111154710.jpg 

かなりグロい。こんなグロいものを二日酔いの朝に食べるの?と思いながら、一口、二口と食を進めます。

味付けは塩味かな?そんなに生臭さは感じません。テーブルの上のコチュジャンを入れて、辛くして食べました。

011_20110111154709.jpg 

中には、このような「ソンジ」がたっぷりと入っています。レバーのように見えますが、新鮮な牛の血に塩と水を混ぜ合わせ、味噌を加えて臭味を取るとか。

この「ソンジ」の作り方が、ヘジャンクッの味のポイントだそうです。

012.jpg 

そして牛モツもたっぷり。そういえば、どことなくモツ煮込みに似た味が。そして、写真ではわかりづらいのですが、豆もやしもたっぷり入っていて、豆もやしには消化酵素が含まれており、胃腸の働きを助けるのだそうです。

こんなに体に優しいヘジャンクッにご飯が付いて7,000ウォン。

今の時間は、土曜日の朝9時。店は満員で、ヘジャンクッを食べている。ということは、この人たちみんな二日酔い?私は、二日酔いの朝には、こんなヘビーなものでなく、軽くカルグクスあたりを食べたいな。恐るべし韓国!!

By aero-K
スポンサーサイト
copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。