自分の眼と足で確かめた、ソウルを中心とした韓国最新情報を発信。韓国旅行する方必見!
「ソウルの達人」への道
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢江鎮(ハンガンジン)のクラッシクチキンでチメ
2016年 04月 25日 (月) 12:06 | 編集
このブログの読書ならご存知の、韓国のポートレート写真の大家の先生と、二次会は、地下鉄6号線「漢江鎮(ハンガンジン)」駅近くでチメです。

チメとは、ドラマ「星から来たあなた」で韓国はおろか、中国でも大人気となった、チキン&メクチュ(ビール)です。

お店の外観は、

160407beer (2)

梨泰院の大通りから一本入ると、閑静な住宅街。そこに一軒あります。

160407beer (3)

看板は、「味」。よほど自信があるのでしょう。

160407beer (1)

このお店、店主が70代のサッカーチームの現役選手であるそうで、大のサッカー好き。

160407beer (5)

店内に、サッカーグッズでいっぱいです。特に、パク・チソンのファンだそうです。

160407beer (4)

メニューを見ると、いろんなチキンがあるようですが、

160407beer (6)

おススメは、王道のフライドチキンだそうです。

160407beer (9)

味付けは、塩と胡椒のみ。鶏肉の旨味を引き出す味付けです。

160407beer (10)

噛むと「ジュワッ」と肉汁があふれ出てきます。皆さん、この美味しさの秘訣は、新鮮な鶏肉だとか、油がいいとか、喧々諤々。

そして、忘れてはならない生ビール。

160407beer (7)

正確に言えば、単なるビールではなく、ソメです。

160407beer (8)

ソメとは、ソジュ(焼酎)&メクチュ(ビール)のこと。

その作り方は、コチラ。



それから、特製ポンテギスープ。青唐辛子が辛い!

私は、一次会で食べ過ぎて、あまり飲むこともできませんでしたし、おまけに、急に眠くなって、撃沈です。

by aero-K

スポンサーサイト
ホ・ヨンマン画伯 青荷温泉はどんな温泉?
2016年 02月 04日 (木) 12:38 | 編集
朝になり、暗いときには見えなかったものも見えるようになりました。

フロントにはいくべぇがいました。

160131spa (5)

大広間は朝食の後片付け。

160131spa (1)

前夜は真っ暗で何も撮れなかった露天風呂。

160131spa (7)

一晩明けて、湯煙に霞む露天風呂。

160131spa (9)

泉質は無臭です。

160131spa (6)

雪の向こうに本館が。

160131spa (4)

朝食の時間帯は誰も風呂に入っていないので、自由に写真を撮ることができました。

160131spa (8)

次は、健六の湯。

160131spa (2)

健六の湯も誰も入っていません。

160131spa (11)

前の晩は、このお風呂で、弘前市から泊まりに来たという男性と約1時間にわたり温泉談義です。

160131spa (10)

洗い場がないのは、知らない人は戸惑うかもしれません。

160131spa (12)

本館側から望む露天風呂。

160131spa (3)

この日は韓国へ帰る日です。玄関前では、ご一行の写真タイムです。

160131spa (13)

そして、ホテルの送迎バスで青荷温泉を後にしました。

160131spa (14)


by aero-K


景福宮は、記念写真の絶好のポイントだった
2015年 10月 13日 (火) 12:24 | 編集
仁寺洞で昼食を食べた後は、景福宮に向かいます。

150921kei (2)

午前中の無料ガイド付きのウォーキングツアーはキャンセルしたものの、今回のソウル見学で一番の期待は景福宮だったそうなので、私のつたないガイドで案内。

お師匠さんお二方とも、韓流ドラマが大好きで、景福宮にはぜひ行きたかったのだそうです。

その点、踊り子のかわいこちゃんたちは、韓流ドラマは見ないので、いろんな場所で写真を撮りまくり。親切なんだか、危ないんだか、よくわからないおじさんも、写真撮りますと近づいていきます。

150921kei (1)

この、いかにも韓国的な赤い柱も、彼女たちにかかれば、絶好の撮影ポイント。

150921kei (7)

そして、私の場合は、景福宮で写真を撮る際は、正面からではなく、必ずこの位置。

150921kei (4)

この場所の方hが、勤政殿の曲線の美しさと、背景の山に溶け込む具合がよくわかるのです。

それから、慶会楼の前もきれいです。

150921kei (3)

そこでは、黒石市の皆さんがはいチーズ。

150921kei (6)

お師匠さん2人を中心にして、まるで、王様と王女と女官と宦官かな?


by aero-K

copyright (C) 「ソウルの達人」への道 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。